世界最古のワインは? ロスチャイルドの執念のワインとは? WINE HISTORIA

ワインを飲んで、ただ酔うだけじゃつまらない。その先に薫り立つ豊饒(ほうじょう)な物語にこそ目を向け、愉しむべきなのだ。知ってさらに美味しくなる、ワインにまつわる歴史秘話をご賞味あれ。

WINE HISTORIA 1
今なお愛され続ける世界最古のワイン

クヴェヴリのサイズはさまざまで、大きいものでは重さ数トンにも及ぶ。また、その製作には職人の高度な技術が必要とされる。

2017年11月、ジョージアで発掘された紀元前6000年ごろの遺跡にワイン醸造の痕跡があることがわかった。つまり、人類は8000年という長きにわたってワインを造り、楽しんでいるということになる。そのジョージアでは今でも古くからのワイン造りが継承されている。それはクヴェヴリと呼ばれる粘土製の巨大な壺を地中に埋めこみ、そこに潰したブドウを満たしておくという方法だ。ひんやりとした大地の中でブドウのもろみがゆっくりと発酵していくため、色や渋みがしっかりとにじみでた味わいのワインとなる。この伝統的なワイン造りの手法は、’13年にユネスコの無形文化遺産にも登録された。ジョージアの人々は、卵形をしたクヴェヴリを女性の子宮に例える。母の胎内で命が育つように、ワインは母なる大地から生まれるというのだ。グラスを傾けながら、ワインという液体の神秘に想いを馳せてみたい。

WINE HISTORIA 2
時を超えて蘇る、シャンパーニュとイギリスをつないだ貴人

フランスからの亡命貴族であるエヴルモン。その自由思想家的な鋭い言論は、18世紀の哲学者たちの先駆をなした。

最初にシャンパーニュが流行したのはフランスではなく、17世紀末のイギリスだったといわれる。その土台を作った人物がフランス人貴族、エヴルモンだ。辛辣な風刺家だった彼は3度目のバスティーユ投獄の直前にイギリスへ亡命、時の国王チャールズ2世の側近となり、年金までもらって暮らしたというツワモノ。美食の国フランスでグルメとして名高かったエヴルモンはイギリス上流階級の食卓にも大きな影響力を持つようになり、彼が愛したシャンパーニュは亡命から5年も経たないうちに貴族たちの間で大流行する。2015年にフランスの大手シャンパーニュメゾン、テタンジェ社が購入したイギリスのブドウ畑は、彼にちなんで「ドメーヌ・エヴルモン」と名づけられた。初代シャンパーニュのアンバサダーは300年以上の時を超え、フランスとイギリスを結ぶ架け橋として歴史に再び名を刻んだのである。

WINE HISTORIA 3
100年越しにかなった悲願!誇り高きロスチャイルドの執念

シャトー経営に並々ならぬ情熱を注いだナサニエル。ロスチャイルド家は現在、ボルドー5大シャトーのうち2つを所有している。

世界有数の財閥であるロスチャイルド家。その一大金融帝国としての繁栄は、ユダヤのゲットーから身を起こしたマイアー・アムシェルと、欧州各地で事業を拡大した5人の息子たちによって築き上げられた。ロスチャイルド家のなかでワインビジネスに大きな可能性を感じ、真っ先にシャトー経営に乗りだしたのはロンドン分家のナサニエル。彼は当時まだ評価が不安定だったシャトー・ムートンを購入し経営に没頭するのだが、1855年のボルドーワイン格付けでムートンは二級に甘んじる。さらにその直後、叔父でありパリ分家のジェームズが一級のシャトー・ラフィットを購入したことでナサニエルの闘志は激しく燃え上がった。ムートンを一級へ、という強い思いはそのまま曽孫のフィリップへと受け継がれ、当時のラフィットとの激しいライバル争いをも制し、1973年、ムートンを格付け昇格へと導いたのであった。

WINE HISTORIA 4
フランスの魂を渡すな! ナチスからワインを守った英雄たち

ナチスドイツに降伏したフランスでは各地で将校によるワインの接収が行われたが、密かにそれに抵抗した人々も存在した。

第二次世界大戦中、ヒトラーがフランスから略奪した重要な品のひとつがワインだった。なぜならば単に金銭的な価値があるだけでなく、ワインがフランス人にとって威信と権力の象徴であり、魂そのものであったからだ。生産者たちはワインを壁に埋めこんだり、事前に名義を変えたりすることで必死に抵抗したが、ヒトラーは高級ワインを大量に買い取るため各地にワインの専門家を送りこむ。後に「ワイン総統」と呼ばれる人々だ。しかし、彼らのなかにもフランスワインの未来を案じ、それを守った者たちもいた。ボルドー担当だったハイツ・ベーマースもそのなかのひとり。彼は時に陰ながらナチスの命令に背き、ゲーリング元帥がムートンを送れと命令してきた際には並のワインにムートンのラベルを貼って送らせたという。フランス人の魂は、こうした人々の健気な努力によって守り抜かれたのである。

GOETHEツイッターをフォローする
GOETHEfacebookをフォロー

Text=蜂須賀紀子 Illustration=松原健治