中田英寿が手がける日本酒イベント開催! 参加する名店の極上メニューを全紹介!(前編)

今月20日(金)にスタートする「CRAFT SAKE WEEK」(以下、CSW)。例年よりも1日多い、11日間の開催となる今回は、全15店舗のレストランが参加する。どれも中田英寿が実際に足を運ぶ、普段は予約の取れない名店ばかりだ。ここでは、20~24日において本イベントに参加するレストランとそれぞれのメニューを紹介する。


ESqUISSE(エスキス)

リオネル・ベカ氏が織りなす、日本家庭の食材からインスピレーションを受けたフランス料理の2つ星レストラン。「日本から多くのモノをもらっているから、恩返しがしたい」と語るベカ氏が、発酵食品を活かしたオリジナルメニューで存分に楽しませてくれる。



Ristorante La Barrique Tokyo(リストランテ ラ・バリック トウキョウ)

オーナーソムリエの生家であり、築70年の和洋折衷の空間が楽しめる日本家屋で、洗練された料理を楽しめるレストラン。旬の食材に合わせて調理法を変えたテリーヌなど、日本酒に合うイタリア料理を堪能できる。

【シェフのコメント】

私たちはCSWの大ファンです。そのイベントに提供者として参加できるという事はとても嬉しいこと。当店はイタリアワインとお料理のマリアージュを楽しんでいただくことをコンセプトにしていますが、私自身も日本酒が大好きです。日本酒に合うお料理の開発は、私たちにとっても楽しいチャレンジでした。CSWのために私たちが準備したお料理を、珠玉の日本酒と一緒に是非お楽しみください。



Wakiya一笑美茶樓

普段から日本酒を好む脇屋シェフだからこその、日本酒がどんどんすすむCSWだけの特別メニュー。素朴なメニューを「Wakiya」ならではのアレンジで提供することで、日本酒のうまさが更に引き立つ。ついついお酒とお箸がすすむこと間違いなし。



麻布十番 すぎ乃

奈良に本店を構える人気おでん店の麻布十番店が、人気メニューを引っ提げてCSWへ参戦。なかでも、人気のあじ豚をつかったトンカツやチーズ入りフランクは絶品。

【シェフのコメント】
CSWでは、日本酒にあじ豚を合わせてほしいと思っています。歯ごたえある肉質と濃厚な旨味のあじ豚は、意外なことに日本酒と相性抜群。また、トリュフの香りを纏った極上のローストンカツ、特製メンチカツは新玉ねぎの旨みたっぷりのソースでお召し上がり下さい。看板メニューのおでんにも、あじ豚を使った焼売とチーズフランクを盛り込みました。この機会に、料理長お薦めの日本酒とあじ豚のマリアージュをお楽しみください。



うなぎや酒坊 画荘 越後屋

食通たちが足繁く通う所沢・小手指の「うなぎ屋 酒坊 画荘 越後屋」が出店! 和食の王道と言われる鰻料理を芸術的なセンスで提供する。


CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2018 
会場:六本木ヒルズアリーナ(東京都港区六本木6-10-1)
日時:4月20日(金)~30日(月) 各日12:00~21:00
入場料:¥3,500(酒器グラス+飲食用コイン11枚)
※2回目以降の入場料は、1回目の酒器持参で無料
問い合わせ:TEL03-5575-3950