【募集終了】川口の名店『樋山』熊木シェフも緊急参戦! 3人のスターシェフによる悶絶ふぐの会

CHEF-1とゲーテがコラボレーションした会員制美食サロン「CHEF-1×GOETHE 北参道倶楽部」最大の魅力は、トップシェフたちだけが持つ人脈を駆使し、普段は経験できないワンランク上の食体験をシェフたちと共有できること。1月25日(金)に開催されるのは、極上の天然とらふぐを食材に迎え『テストキッチンH』の山田シェフの1本の電話がきっかけで生まれた、トリプルコラボの美食会! 一夜限りの最高の美食体験を叶える立役者のひとり、『樋山』の熊木シェフの半端ない食材への情熱とは?


山田シェフ×山野辺シェフ×熊木シェフ

「もしもし、熊木シェフ? 山田です。突然ですが、1月25日空いてますか? この日 『CHEF-1×GOETHE北参道倶楽部』のイベントで、『やまの辺』の山野辺シェフとコラボ。 最高級の天然とらふぐを仕入れて、一夜限りのスペシャルディナー会を開催することが決まりました。つきましては熊木シェフもご一緒しませんか?」

『テストキッチンH』の山田宏巳シェフ

1月25日(金)に行われる『CHEF-1×GOETHE北参道倶楽部』のイベントの打ち合わせ中、『テストキッチンH』の山田宏巳シェフが、不意に電話を掛けた相手は、『樋山』の熊木望シェフだった。

「山田さん! 素敵なお誘いありがとうございます! ぜひ、ご一緒させてください!」

熊木シェフからふたつ返事で承諾を得て、イタリアンの鬼才、山田宏巳シェフと中華の新星、山野辺仁シェフによる企画が急遽「【樋山 vs イタリアン&中華】ふぐ食べつくし」という構図に変わった今回のイベント。イタリアンと中華のふたりのトップシェフとコラボする『樋山』の悶絶必至の美味さの理由とは?

全国から食通が通う伝説の店

『樋山』は、埼玉県川口市に店を構える割烹料理店。店までは都内から約1時間ほど掛かり、決して好立地とは言えない場所でも多くの美食家たちが足繁く通う、知る人ぞ知る名店だ。時期ごとに異なるコースを用意し、何より、そのコースに使用する食材がどれも超絶美味! 旬の食材であることはもちろん、その中からさらに、熊木シェフの審美眼に叶った最高級の食材のみが取り揃えられる。

『樋山』の代名詞は、なんといっても松茸。予約日前日の朝方に収穫された新鮮な国産松茸のみを用意し、全国から選りすぐった極上の"特丸"の松茸を思う存分楽しめる。松茸は、特丸から、上丸、小丸というように異なる呼び名を持ち、特丸は、その名の通り最高級であることを意味する。

また、特開き、開きなど、カサの開き具合を示す呼び方もあり、樋山では特開きの松茸を扱う。松茸はカサが開くほど香り高いのだが、その一方で、カサが開いてからわずか2日ほどで香りはなくなってしまうという。だからこそ、樋山では獲れたてにこだわり、もっとも松茸の芳醇な香りを感じられる頃を狙って提供してくれるのだ。

その食材に対する並々ならぬ情熱が、美味しい料理に目がない食通をも唸らせ、足を運ばせる所以だ。松茸コースの内容は、おひたし、松茸だけの茶碗蒸し、土瓶蒸し、フライ、鱧松鍋、焼き松茸、松茸ご飯の松茸あんかけと、まさに松茸尽くし(大体7~9品)。8~11月限定で、毎年この時期に、樋山で松茸のコースを食すことを心待ちにしているファンが多いという。

『樋山』の特丸松茸

その松茸に続き、美食家たちを虜にしている食材が天然の3年魚のとらふぐだ。"3年魚"とは、3年かけて育った魚を意味する。市場に出回っている一般的なふぐは2年もので、養殖されたものがほとんど。その重さは1kg未満なのに対し、3年ものの天然ふぐになると、その大きさは4kgを超えるものも。潮の流れにもまれながらのびのびと泳ぎ、自然から栄養を得て育ったふぐの身は引き締まり、口に入れると驚くほどの弾力がある。そして、噛みしめるうちに甘味が生まれ、凝縮された旨味を感じられるという。房州、秋田、西三河など、全国から極上の天然とらふぐを仕入れて調理されるコースは絶品! 内容は、煮凝り、から揚げ、薄造り、しゃぶしゃぶ付き鍋、白子焼き、白子酒、雑炊、火取り造りと、とことん極上の天然とらふぐを堪能できる内容だ。

天然とらふぐの煮凝り

『樋山』では、松茸やとらふぐのほかにも、松葉ガニや、鯛、鱧、鰻、たけのこなど、季節にあわせて旬の食材を使ったコースを用意。熊木シェフの手によって、その日もっとも食べごろの最高級の食材を至極の1皿に仕上げる。そんな熊木シェフのことを、山田シェフはどのように思っているのだろうか。

「熊木シェフは、非常に勉強熱心。特に、松茸について知らないことはもうないのではと思うほど。食材の話をしていると、その食材にまつわる小話なんかも交えて語ってくれる。そういう話を聞いていると、ただ単に仕事だからということではなくて、本当に料理を愛しているんだな、と感じるんです」

料理界の第一線で活躍し続けてきた山田シェフにそう言わしめる熊木シェフ。美食会で調理されるのは、熊木シェフおなじみのとらふぐだ。イタリアンの山田シェフ、中華の山野辺シェフとコラボレーションすることで、果たしてどのような化学反応が生まれるのか⁉ 普段は足を延ばさなければ味わうことのできない『樋山』の味を、都内で、それも最高級の天然とらふぐで体験できるまたとないチャンスでもある。気になる方は、下記よりぜひご応募を!


【イベント概要】
開催日:1月25日(金)21:50集合 22:00開宴予定
※開始10分前まで入店できません。ご注意ください。 
場所:テストキッチンH
参加費:
北参道倶楽部会員 30,000円(税込)
ビジター料金 45,000円 (税込)
※ドリンク代は別途テーブルごとの会計となります。
※1名まで同伴可
※ビジター枠での参加は1回限りとなります


【応募手順】
下記記事①よりGOETHE SALON MEMBERへご登録(無料)

下記記事②よりCHEF-1×GOETHE 北参道倶楽部会員へご登録
入会費:120,000円(税込)※支払いはカード決済のみ
第一期会員期間:2018年10月~2019年9月末
※会員ご登録の時期に関わらず、第一期会員の有効期間は会員登録時から2019年9月末迄となります。
※この時点ではまだイベントへご参加いただけません。

下記記事③よりCHEF-1×GOETHE 北参道倶楽部
第6回イベント「【樋山 vs イタリアン&中華】ふぐ食べつくし」へ申込み
参加費:30,000円(税込)
※ドリンク代は別途テーブルごとの会計となります。

プレミアムイベントへご参加


さらに今回は特別にビジター枠を限定で用意! 北参道倶楽部の会員にならなくとも、『樋山』の特別な味を体験できる絶好のチャンスだ。こちらも数に限りがあるため、ご希望の方はお早めにお申込みを!


【ビジター枠 応募手順】
※ビジター枠での参加は1回限りとなります。
下記記事①よりGOETHE SALON MEMBERへご登録(無料)

下記記事③よりCHEF-1×GOETHE 北参道倶楽部
第6回イベント「【樋山 vs イタリアン&中華】ふぐ食べつくし」へ申込み
参加費:45,000円(税込)
※ドリンク代は別途テーブルごとの会計となります。

プレミアムイベントへご参加


①「GOETHE SALON MEMBER」へのご登録がまだの方は、下記よりまずご登録を


② 「CHEF-1×GOETHE 北参道倶楽部」への入会はこちらから⇩


③ 六回目のイベント申し込みはこちらから⇩


CHEF-1×GOETHE 北参道倶楽部ラインナップ

<12月>
・30日(日)「テストキッチンH」で行うトップシェフたちによる日本一贅沢なもちつき大会

<1月>
・17日(木)日本一高いけど日本一美味い「服部中村養鼈場」のすっぽん
・25日(金)割烹 樋山 VS イタリアン&中華 ふぐ食べつくし

<2月>
・10日(日)~11日(月・祝) 長野県で鹿狩り体験
・15日(金)鹿一頭食い

<3月>
・未定 日本一予約の取れない焼肉店「クロッサムモリタ」の庭の桜でお花見

<4月>
・14日(日)料理人がこぞって通う滋賀県「徳山鮓」スペシャルコース!
etc.

※ラインナップは場合によって変更になることがあります。5月以降も決まり次第、お知らせします