【勝負メシ!】辣腕経営者・小野寺裕司が通う極上レストラン3選+勝負のひと皿

会食とは、単に"食事を共にすること"ではない。美味な料理やきめ細やかなもてなしを前に相手は胸襟を開き、本音が引きだされ、それがビジネスの大きな成果につながっていく。だからこそ、トップリーダーは徹底的に食にこだわるのだ。ONODERA GROUP代表 小野寺裕司氏に、「ここぞ!」の時に利用するレストランと勝負のひと皿を聞いた。


極上レストラン①:瀬里奈 本店

「カニとアボカドのサラダは女性に人気です」

「特製のたれで味わう神戸牛のしゃぶしゃぶや、かにしゃぶしゃぶは贅を極めた味わい。コースの品数が多く、どれも安定した美味しさで、もてなしも行き届く」

Seryna honten
TEL:03-3402-1051
住所:東京都港区六本木 3-12-2
営業時間:平日12:00~L.O.14:30/17:00~L.O.22:30(土曜・日曜・祝日は12:00~L.O.21:30)
休み:無休


極上レストラン②:鮨 乃南

「やま幸の直営店で、マグロに自信あり。シャリとの相性も抜群」

1日1組8名限定の会員制鮨店。日本一と名高い築地のマグロ仲卸『やま幸』の直営店だけに、マグロのクオリティは最高。産地の食べ比べができます」

Sushi Nonami
電話番号・住所・営業時間・休みは非公開


極上レストラン③:魚料理 のじま

「魚店がやっている魚の美味しい店。価格も良心的」

「並木交差点のすぐ近くにある、魚料理の名店。天然ブリ、アジ、キンキなど、旬の鮮魚が味わえる。ごく稀に食べることのできる『まぐろ漬け丼』は絶品」

Sakanaryori Nojima
TEL:03-3400-6365
住所:東京都渋谷区渋谷 3-15-9 並木橋ビル1F
営業時間:平日11:00~L.O.14:00/18:00~L.O.22:00(土曜はランチのみ)
休み:日曜・祝日


勝負のひと皿:中国飯店 富麗華の「北京ダック」

「皮がパリッと香ばしく、タレの甘さも上品」と小野寺氏。¥12,000(サ別)

「本土から招聘した焼物師が常駐するとあり、北京ダックの美味しさには定評があります。また、ビジュアルインパクトも絶大なので、ここぞという会食でも場がなごんで盛り上がります」

中国飯店 富麗華
TEL:03-5561-7788
住所:東京都港区東麻布 3-7-5  
営業時間:11:30~L.O.14:00/17:30~L.O.22:00
休み:無休


HIROSHI ONODERA
1966年生まれ。さまざまな施設や企業等で食を提供するLEOCを中心に、横浜FCの運営や、外食、教育の分野など、幅広く事業を展開している。

Text=粂真美子(レストラン)、小寺慶子(勝負のひと皿) Photograph=上田佳代子