ハワイ好きなら必ず目指す! ダウンタウンの名レストラン5選

「ここはロコの縄張り。入りこむには情報収集とリスペクトが欠かせません」。そう語るのは、数々のハワイ・ガイドブックを手がけてきた伊澤慶一氏。いまハワイで一番アツいといわれるエリア、ダウンタウン。その奥深さと、面白さを知り尽くす伊澤氏が最注目スポットを教えてくれた。


ルースズ・クリス・ステーキハウス ホノルル店

「ルースズ・クリス・ステーキハウス ホノルル店」は、今年で30周年を迎える老舗中の老舗だ。

「メニューや値段はワイキキ店と同様ですが、"古きよきステーキハウス"を感じるこの雰囲気が好きでわざわざ足を運びます」

趣のある店内は、家族や恋人とお祝いの席を楽しむ幸せそうなロコで連日賑わいを見せる。お目当てはウェットエイジングにより、旨みを凝縮したステーキ。肉汁が閉じこめられ、独自の風味が引き立つ肉は絶品だ。

「カップルならグリーンに囲まれたラナイ席、3人以上ならソファ席の予約がお薦め」

ルースズ・クリス・ステーキハウス ホノルル店
住所:500 Ala Moana Blvd. 
TEL:808-599-3860 
営業時間:17:00~22:00(祝日は変更になる可能性あり) 
休み:無休


ラングーン・バーミーズ・キッチン

キングストリートにあるミャンマー料理の人気店「ダゴン」。その2号店として満を持してオープンしたのが「ラングーン・バーミーズ・キッチン」だ。

「ミャンマー料理はハーブが効いた優しい味で、実は日本人の舌にもよく合います。ヘルシーなメニューが多いので、女性にも喜ばれるはず」

2号店では、新メニューが数多く追加されているが、1号店でも大人気の発酵させた茶葉を使用した「ティーリーフサラダ」ははずせない。

「座席数も増えたものの、リーズナブルで繊細な料理は変わらない。リピート確定です」

ラングーン・バーミーズ・キッチン
住所:1131 Nuuanu Ave. 
TEL:808-367-0645 
営業時間:11:00~14:00、17:00~22:00 
休み:日曜


フェット

NYの星つきレストランで経験を積んだロビン氏がシェフを務める「フェット(フランス語で"祭り”の意)」。

広告関係の仕事をしていた夫のチャド氏とハワイに移住後、夫婦で念願だったレストランをオープンした。

「内装がお洒落で、料理のレベルが高いのにリーズナブル。店名のとおり、仲間とワイワイ過ごす時にこそ重宝します」

カウアイ島産グラスフェッドビーフやノースショア育ちのチキンを用いるなど地産地消へのこだわりが強い。NY仕込みの腕前とハワイの豊かな食材のコラボを舌の上で楽しみたい。

フェット
住所:2 North Hotel St. 
TEL:808-369-1390 
営業時間:11:00~22:00(金曜・土曜~23:00) 
休み:日曜


ダックス・ビストロ

シアトルで8年間フレンチ店を経営したのち、気候に惹かれてハワイへ移住したオーナーが、1992年にオープンした「ダックス・ビストロ」。

「雰囲気はパリの小洒落たビストロ。オーナーのダックさんがベトナム出身で、アジアのテイストとフレンチをかけ合わせたフレンチ・ベトナミーズは、日本人にも懐かしく感じられます」

アメリカ、フランス、イタリア、NZなど、世界中から集めたワインリストはダウンタウンでも屈指。ハワイアンミュージックやジャズの生演奏が入る木曜、土曜の夜に出かけるのがこの店の粋な使い方だ。

ダックス・ビストロ
住所:1188 Maunakea St. 
TEL:808-531-6325 
営業時間:月曜~金曜11:00~14:00/17:00~21:00
     土曜・日曜17:00~21:00 
休み:無休


セニア

芸術作品のようなプレゼンテーションで、ハワイの料理界に衝撃を与えたセニア。

「開店から2年以上経った今でも予約が取りづらくて……。航空券とホテルを予約したら、次はセニアを押さえろ、とお伝えしたいですね(笑)」と熱弁するほどの人気ぶりだ。

シェフのクリス氏は、料理のインスピレーションを得るため、年に数回は日本へ行くそう。

「"日本庭園"を連想させるキャベツの『チャード・キャベジ』はマストオーダー。開店当初から不変のメニュー、牛肉の『ローステッド・ボーン・マロー』も欠かせません」

セニア
住所:75 N. King St.
TEL:808-200-5412 
営業時間:火曜~金曜11:00~14:00
     月曜~土曜17:30~21:30 
休み:日曜


Keiichi Izawa
『地球の歩き方』ガイドブック編集部で、数々のハワイ・ガイドブックを手がける。現在はフリーランスとして雑誌・書籍の編集、動画ディレクション、ハワイアプリ「hulali」などで、幅広くハワイの魅力を発信中。Instagram:@izawakeiichi


Direction=伊澤慶一 Text=椎名絵里子 Photograph=坂上えつろー