【ゲーテイスト2018まとめ】接待・会食にお薦め! 個室が素敵な極上レストラン12選

クライアントとの接待や会食など……ビジネスパーソンたるもの、TPOに合わせてレストランを選ぶことは必須だ。今回は、見城 徹、秋元 康、小山薫堂の3人によるゲーテのレストラン大賞「ゲーテイスト2018」に選出された至極のレストランから、個室を備えた12店を紹介!


銀座別邸

お惣菜やお弁当が有名な『柿安』の最上級店。日本の伝統美をモダンに表現した掘りごたつの和室のほか、テーブル席、鉄板焼きのカウンター個室など、シチュエーションに合わせて部屋を選ぶことができる。


厨 七代目松五郎

渋谷の喧騒を離れた新鮮エリアに位置する、カジュアルな雰囲気の店。奥にある個室は全3室。すき焼きは、あらかじめ鍋に盛り付けられて供される。洋食居酒屋のような、おつまみ的なメニューも豊富に用意する。


しゃぶしゃぶ KINTAN 代官山本店

牛タンのしゃぶしゃぶが味わえる。オープンキッチンのカウンター席のほか、テーブル席に加え、大小の個室を4室備える。秋元氏が絶賛するのはプラチナタンを食せる「神戸チャンピオン牛コース」。


茶禅華

元大使公邸だったという洋館の一軒家を改装した進化形チャイニーズ。1階は2~4席の個室、2階は3~4席、5~8席の2室があり、いずれも落ち着いたシックな空間だ。コースはおまかせで15品程度。


チャイニーズレストラン 直城

12名まで入れる個室には、ターンテーブルのある円卓が。中華ならではのワイワイ楽しむスタイルで、本場四川の中国料理を堪能できる。秋元氏のお薦めは、麻婆豆腐、水餃子、担々麺と王道のラインナップ。


USHIGORO S.

西麻布の焼肉『うしごろ』に "S" がついた、全室個室のスペシャルな焼肉店。"焼き師"が各個室につき、客の好みにあわせて焼いてくれる。室内はすべてシンプルシックなインテリアで統一され、人数は、4~12名まで対応する。


TACUBO

代官山に居を構えるイタリアン。薪の炉前のカウンターもお薦めだが、ゆっくり落ち着いて食事を楽しみたい人は個室へ。ソムリエも常駐し、イタリアだけでなくフランスのものまで、自然派ワインを用意する。


アズール エ マサ ウエキ

見城曰く「インテリアも料理もサービスも何もかも素晴らしい」という、ワイナリーの中にあるフレンチをイメージしたレストラン。個室には、ハイエンドでアーティスティックな家具が揃い、ユニークなメニューを楽しめる。


Bon.nu

1日3組限定の隠れ家的レストラン。稀少な食材を使った「シンプル+オリジナリティ」をコンセプトに、手間暇をかけた料理を味わえる。入口にアーチをつけた奥の個室は、洞窟やカーヴを思わせる秘密めいた空間。


新ばし 笹田

『京味』出身の店主がきりもりする正統派の日本料理店。出汁巻き卵や、牛の時雨煮など、家庭的な料理を楽しめる。水と米の相性まで考え抜かれ、土鍋で炊かれた白ごはんは絶品。8名までの個室を2室用意する。


いち太

南青山の日本料理店。どの料理にもひと工夫が施され、8~11品のコース(〆はこだわりの十割蕎麦)を飽きずに最後まで楽しめる。臨場感のあるカウンターとは別に、個室も2室用意。改まった会食などに最適。


比良山荘

京都からクルマで1時間ほどに位置する山荘。夏は鮎を、冬は熊鍋を食せる。7つの部屋を備え、なかでもテーブルを備えたお座敷席は、雪見障子から庭園が眺められる。山荘と称するだけに、宿泊も可能だ。