運がよければ入店できる? とっておきの隠れ家ワインバー【京都の秘密のスポット】

隠れ家店ダイニングや知る人ぞ知る新店など、本当は誰にも教えたくない京都のとっておきのスポットをこっそり紹介。


珠玉のフランス産ワインを提供

隠れ家店の多い祇園に、ワイン通のみが知る、レアなワインバーが登場した。

店主は京都とフランスを行き来する実業家で、年のうち京都にいる数ヵ月だけこの店を営業する。例えば3月〜4月末は開いていても、5月〜6月の2ヵ月は閉まっていることもある。

99%は仏産ワイン。著名な造り手のブルゴーニュをはじめ、5大シャトーや希少なワインも揃う。

そんな不定期な営業にも関わらず、ワインラバーがこの店に通うのは、希少で上質なワインが揃うから。フランスでの評判や流行もふまえ、今一番飲み頃のワインを、店主自らが仕入れ、空輸するのだ。

「タイミングが合えば、日本では見かけないチーズや生ハムなどもお出しします。ワインも、年代や銘柄を指定いただければ、可能な限りご用意します」と店主。好みのワインを、芳醇なチーズやパンと楽しむ至極の時を過ごしたい。


Substance
住所:京都市東山区新門前通花見小路東入ル
TEL:非公開 
営業時間:20:00~
休み:不定休 
※完全予約制 
http://www.substance-kyoto.jp

Text=中井シノブ Photograph=伊藤 真