日本屈指! 800種類が揃う泡盛専門バー店主の泡盛愛とは?【お酒コレクション】

「生涯の友」「人生を豊かにしてくれる宝」……。酒を表現する言葉は数あれど、共通する思いは「酒のない人生などありえない」だろう。酒をこよなく愛する男たちの熱狂と、自身の秘蔵酒を披露する。


泡盛倉庫 店主 比嘉康二

沖縄本島から離島まで、あらゆる泡盛が並ぶ、泡盛マニアが足繁く通う店「泡盛倉庫」。その店主が比嘉康二氏だ。

「20歳の頃に泡盛専門の酒販店に勤めたのがきっかけで、泡盛の世界を知りました。それから蔵元に通ったり、歴史を調べたりして、どんどん泡盛の世界にのめりこんでいったんです」 

南国沖縄の酒、泡盛は米を原料とした蒸留酒。黒麹菌を使い、単式蒸留で原料由来の旨味や香りをしっかり味わえるのが特徴だ。その香りと味わいは年月を経ることで熟成し、10年以上熟成した古酒からは、まるでバニラやメープルシロップのような香りまで立ち上がってくる。

「泡盛には琉球王朝時代より600年もの歴史があります。国賓をもてなす酒で、戦前には200年以上貯蔵されたものもあった。ワインやウイスキーに負けない歴史的な背景と文化、ポテンシャルがあるお酒なんです」

その奥深い魅力を伝えるために、比嘉氏は泡盛用の酒器を常に持ち歩いているという。親指大の小さな盃にカラカラという酒器を高く掲げ、香りが立つように丁寧に古酒を注ぐ。求道者のように背筋が伸びたその姿からは、沖縄伝統の泡盛への愛とリスペクトが溢れていた。

泡盛倉庫
住所:沖縄県那覇市久米2-8-14 久米八番館ビル4F
TEL:098-869-0808
営業時間:18:00~L.O.23:00
休業日:日曜
会員登録料¥20,000(永久会員登録) ※初回来店の際は要予約


比嘉康二が選ぶ究極の泡盛

31/32 Chiyoizumi distillery 1948-2018-No.31 ¥12,000(500ml)
「2018年に廃業した宮古島千代泉酒造所の蔵に残った、幻の泡盛を限定復活させた1 本です」

Koji Higa
1985年生まれ。2009年、日本唯一の泡盛専門会員制BAR「泡盛倉庫」の店主に就任。日本各地やアジアでも講演や出張泡盛BARを展開するなど、泡盛文化を伝える活動を精力的に行っている。


Text=長嶺陽子 Photograph=井田佳明