【篠原涼子】「男性には永遠のピーターパン、夢を追いかける少年でいてほしい」

愁いを帯びた刑事から熱血政治家まで巧みに演じ分ける女優・篠原涼子さん。11月16日から公開される主演映画『人魚の眠る家』で挑戦したのは〝苦悩する母〞だ。 映画を巡り、エッセイストの犬山紙子さんとの対談で見せた素顔とは――。


子供たちが、私を"強い母"に育ててくれた

犬山 『人魚の眠る家』、とても奥深い映画でした。扱っているのは、娘が意識不明になり、眠り続けるというものすごく重いテーマ。なのに見終わったら、なんだか救われた気持ちになりました。絶望のなかに希望が見えたような……。きっと、篠原さん演じる薫子に、強い女性、強い母の姿を見たからだと思います。

篠原 よかった、嬉しい! 演じている時は、薫子が自分に乗り移っているみたいな感じだったんですよ。(娘の)瑞穂が眠っている姿を見ているだけで、ぐっと来てしまったり。頭で考えて演じるのではなく動物的な直感力を大切にするというか、心や身体が感じたことをそのまま表現するようにしていました。

犬山 薫子の母としての気持ち、すごく伝わってきました。どのシーンも、「母親ならそうなるよ」って共感できたし、クライマックスも、篠原さんの演技が力強くて、涙が止まらなかった。

篠原 ほめられっぱなしでどうしよう、何もあげないけど(笑)。現場の雰囲気もよかったんですよ。周りの役者さんも素晴らしかったし、セットも細かいところにまで気を配ってつくられていたし。本当に素晴らしい作品に巡り会えたと思っています。

犬山 母から子へだけでなく、夫婦や姉妹など、さまざまな愛情も感じました。

篠原 薫子の狂気を受け止めてくれるのは、別居状態だった夫の和昌。自分の弱さや粗を出すことで、守ってくれる人が現れるということも描かれているんですよね。しかも、ミステリー的な面もあれば、社会派っぽいところもある。いろんなスパイスが詰まった贅沢な作品です。

犬山 それにしても、薫子は完璧な女性ですね。娘を介護し、家の中をきれいに保ち、誕生日には手がこんだ料理を出して。

篠原 うーん、どうでしょうね。もしかしたら、それまでの誕生日は違ったのかも。瑞穂がああなってしまい、親としてもっといろいろやってあげたいのにできない、愛情を伝え切れていないという気持ちがあるから、あそこまで頑張ったのかもしれません。瑞穂のことになると冷静ではいられなくて、周りに何か言われると、「私の何がいけないの邪魔しないで!」って。自分を心配してくれているとわかっていても、受け入れられないし、歯止めが利かない。

犬山 でも、最後には、母として強い決断をする。そんな薫子に憧れます。「自分がどんな母親でありたいか」まで、考えさせられる映画でした。篠原さんは、男の子ふたりですよね? 理想の母親像はありますか?

男性が輝いてないと、女性も素敵ではいられません

篠原 常に子供を安心させられる親でありたいですね。それと、私自身が好きなことをやり、その背中を見せることで、子供たちに、自分で選択することの大切さを伝えられればいいなと。

犬山 その言葉、気持ちが軽くなります。子供を置いて働くことに罪悪感を抱くお母さんもいますが、親が仕事や人生を楽しむ姿を見せるのは、子供にとっても、きっといいことですよね。

篠原 そう思います。私、息子たちには、自分で選び、動けるようになってほしいんです。だから、敢えてほったらかしにしているところもありますね。宿題にしても、「やりなさい」は一度しか言わない。宿題を忘れて恥をかけば、いつか自分からやるようになるだろうから。もともとガミガミ言うのは得意じゃないんですよ。兄弟ゲンカの仲裁にしても、くどくど怒るのは疲れちゃうので、敢えて笑いにもっていきます。子供をくすぐってみたりしてね。そのあとに冷静に話をすると、聞く耳を持ってくれるんですよ。

犬山 それ、いいですね。マネさせていただきます! 私はまだまだ子育てに迷いが多くて。

篠原 娘さん、何歳ですか?

犬山 1歳7ヵ月です。

篠原 私も、子供たちがそのくらいの時は、「どうしたらいいんだろう」の連続でした。でも、大丈夫。5年くらいしたら、ドーンとします(笑)。たぶん、子供が強い母にしてくれるんでしょうね。

犬山 早くドーンとしたい(笑)。ウチは、夫が家事にも育児にも積極的なので救われていますが、そうでなければ、もっと追い詰められていたかも。

篠原 子供が小さい時は本当に手がかかるから、サポートが欲しくなりますよね。でも、ないならないで、子供と自分、ふたりだけの大切な時間になる。思い出づくりのつもりで、頑張ってほしいですね。それに、子供との時間って、その時だけの期間限定。戻りたくても戻れない貴重な時間だから、おもいきり楽しんでほしいなと思います。

犬山 そう考えると、大変な時期も乗り越えられそうですね。

篠原 そもそも私、男性に家のことをやってほしいという気持ちが、あまりないんです。永遠のピーターパンというか、夢を追い続ける少年でいてほしいから。そのほうが魅力的だと思うし、男性がカッコよくないと、女性も素敵でいられないんじゃないかな。だから、お酒を飲みに行くのも全然よし!「何時まででもどうぞ〜」と、送りだすタイプですね、私は。まぁ、ウチの場合はすぐに帰ってきちゃうけど(笑)。

犬山 心が広い!

篠原 「行くな」と言うと反発するけれど、「いいよ」と言うと、そのうち早めに帰ってくるようになると思いますよ。

犬山 「宿題しなさい!」って言われるとやらないけど、言われないとやるヤツだ。

篠原 ただ、子育て同様、夫婦にも正解はないです(笑)。


Ryoko Shinohara
1973年群馬県生まれ。実力と人気を兼ね備え、2018年は『SUNNY 強い気持ち・強い愛』など3本の映画に出演し、舞台『アンナ・クリスティ』にも主演。二男の母。
Kamiko Inuyama
1981年大阪府生まれ。2011年『負け美女』でデビューし、『アドバイスかと思ったら呪いだった。』など著書多数。コメンテーターとしても活躍する。昨年女児を出産。



『人魚の眠る家』
離婚寸前の夫婦に届いた、娘の水難事故の知らせ。意識不明の娘を前に夫婦が下した決断が、家族の運命を狂わせていく。豪華キャストが贈る、心震える感動作。
監督:堤 幸彦
原作:東野圭吾
出演:篠原涼子、西島秀俊 ほか
配給:松竹
11月16日(金)より全国公開予定


Text=村上早苗 Photograph=筒井義昭 Styling=宮澤敬子(WHITNEY) Hair & Make-up=岡野瑞恵