"歩くパワースポット"湘南乃風 SHOCK EYEが仕事で運を引き寄せる方法を伝授‼

「この人を待ち受けにしたら、いいことが起こった!」。数々の著名人の間でそんな噂が広まり、SNS上でも話題に。その人物とは、音楽ユニット『湘南乃風』に所属するSHOCK EYE(ショックアイ)である。人気占い師のゲッターズ飯田さんに「今まで占ってきた中で、1、2位を争う運の強さ」「歩くパワースポット」と言われ、それ以来、全国の神社巡りを開始。この度『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣』(講談社)として、4月5日に書籍が刊行されたことを記念してインタビューを行った。 

ハードル上げてもらっちゃった。どうにかして追いつかなきゃなと。

―― ゲッターズ飯田さんに「いままで占ってきた中で、1、2位を争う運の強さ」と占われた当時の心境を覚えていますか?

SHOCK EYE 「え? おれが!?」って感じでした。何かの間違いかなって思ったくらい。まだゲッターズさんも今みたいに有名になる前だったので、信じるも信じないも僕次第だったと思うんですけど、感覚的に「信じよう!」と。僕の写真を待ち受けにするといいよ、ってゲッターズさんから言われたことを友達に話したら、遊び半分に待ち受けにして。それで後日、いいことがあったってその友達から知らせが来て、「わ、本当だ!」って。当初は実感はなかったけど、いいことだから大事にしようと思ってました。困ったことがあっても、「大丈夫。俺は歩くパワースポットだから」って。最初は冗談半分、本気半分。ただ、それが少しずつ周りの報告を受けるうちに、いやこれ、すごいぞ・・・って。

――「歩くパワースポット」といわれる所以が、これまでの人生の随所にあったと思うのですが、日々の行いの中で徳を積むことで運を引き寄せられるという実感はあったのですか?

SHOCK EYE 本当は逆で、自分が運が強くなりたいというよりは、求められている期待にこたえなければという気持ちが強くて。自分を信じてくれた人をがっかりさせたくないという思いが強かったんですね。いいことがあったという報告を聞くたびに、「あ、もっとちゃんとしなくちゃ」って。そこで自分自身の役目みたいなものを感じて、へんなことで悩まなくなったし、やるべきことが明確に見えたので。逆にハードル上げてもらっちゃった。どうにかして追いつかなきゃなと。後から追いかけている感じですね。

―― 今回刊行された著書からも、とても丁寧に過ごされているなという印象を受けました。

SHOCK EYE いい加減なところはまだありますけどね(笑)。ただ、人に対しても、家族に対しても気を付けるようになりました。余白はありつつも信念をもって。そう考えると、昔からそういう性格だったなと気が付くこともありますし。「間違えてなかったんだな」と、自分自身が納得して。そこら辺の感覚は自分も気持ちいいですね。自分も救われている感じがします。

――発売前からすごく本の調子がよいと伺ってますが、縁はさらに遠くまでつながりそうな気配ですね。

SHOCK EYE 僕、『ペイ・フォワード』って映画が心に残っていて、悲しみはシェアするべきじゃないなって。喜びをシェアしたいなって。でも、方法がわからなかったけど、もちろん音楽ではやってはいたんだけど…。今回のことも結局、自分が占いでハッピーになって。で、自分を待ち受けにした人がハッピーになって。それをまた誰かにお勧めして、その人がハッピーになっていく。ハッピーが伝染してる感じがあって。「信じるか信じないかはあるけど、これ待ち受けにしてごらん!?」ってね。咳をしている人にのど飴差し上げる的な。のど飴ほどの効果もないかもしれないけど、それでもいいから幸せをシェアできている感じが『ペイ・フォワード』を体現できている感じでうれしいし、楽しいなって。

――ビジネスパーソンが仕事をする中で、運を引き寄せる習慣は何だと思いますか?

SHOCK EYE 僕もそんなに偉そうなことは言えないので、人の言葉を借りると、雀鬼の桜井章一さんが「運っていうのは小魚みたいなもの。小魚って掴みにいこうとすると絶対に捕まえられない。けど、触らせてくださいって気持ちで行くと、逆に向こうから寄ってきてくれる」と言っていました。欲をかいてはいけないということですね。神社に行っても、すべての想いがすべてのお守りについている、と考えたりしたら、それは欲張りすぎかな。僕は、毎回神社に行って毎回お願いごとする自分に嫌気がさすから、今日もお邪魔しますという感覚でお参りするようになっていった。たぶん、ビジネスをやる方も、もちろん掴みにいく姿勢も必要だけど、そこで欲をかき過ぎないほうがいい気がする。桜井さんは「物事の失敗のほとんどが、自爆、自滅だ」と言っています。実は、人にどうこうされることなんてあまりなくて、欲をかくとか、過信しすぎるとか、勝負で怯むとか、ほとんど自滅しているそうなんです。常に自分を過小評価も過大評価もしないで見つめて、心を整えておくことが大事なんでしょうね。

ライブ中の湘南乃風。右から2番目がSHOCK EYE


【SHOCK EYEがビジネスパーソンにお薦めするパワーエリア3選】

①伊勢
「名古屋方面に出張に行って時間があったら、伊勢には間違いなく寄ってほしい。外宮、内宮、猿田彦、月読宮など、とにかくお薦めの神社がいっぱいある」

伊勢神宮 Licensed by Getty Images

②宮崎
「神話の世界で宮崎は聖地。"日が向かう"と書いて、日向の国とも言うぐらいですから。宮崎神宮も、高千穂も、鵜戸神宮にもぜひ足を伸ばしてほしい」

鵜戸神宮 Licensed by Getty Images

③ハワイ
「ハワイはパワースポットなんです。日本人が、ハワイに行きたくなる衝動はそこからなんじゃないかと最近思っている」

ハワイ Licensed by Getty Images

【書籍情報】

『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣』
湘南乃風 SHOCK EYE(ショックアイ)
1,200円 
2019年4月5日発売

SHOCK EYE
1976年神奈川県生まれ。RED RICE、若旦那、HAN-KUNと共に「湘南乃風」を結成。2003年、アルバム『湘南乃風 ~Real Riders~』でデビュー、19枚のシングルと7作のアルバム、ベスト盤2タイトルをリリース。2011年にはポルノグラフィティの新藤晴一とサウンド・クリエイターの篤志とともにTHE野党を結成。また、近年は℃-uteやジャニーズWEST、YouTuberのフィッシャーズなど幅広いジャンルに楽曲提供を行う。


Text=鈴木 悟(ゲーテWEB編集部)