故・藤川孝幸との最期の約束【GM城彰二物語①】

信頼する先輩であり、前任者でもあった藤川孝幸の死をきっかけに、2019年、城彰二は、突然北海道十勝スカイアースの統括ゼネラル・マネージャーに就任した。所属はまだ、社会人リーグ。スタジアムはもちろん、決まった練習場さえもない。スポンサーヘの営業、自治体との連係、クラブ運営など、すべてを行わなければいけない。北海道室蘭市で生まれ、中学1年まで過ごした城の目標。それは、北海道初のJリーグクラブを作ること。連載【GM城彰二物語】、スタート!


「こんにちは。本日も無事に勝利で試合を終えることができました」

週末、北海道十勝スカイアースの試合が終わると、その日のうちに、僕はスポンサーやお世話になっている人たちへメールを送る。スタジアムに足を運んでくださった方へのお礼だけでなく、試合の概要を伝えることで、チームの成長や状況を報告し、ホームの試合であれは、観客数なども伝え、日ごろの支援に感謝する。ホームゲームの前には、「是非スタジアムへ足を運んでください」と言ったお誘いのメールも欠かさず送っている。

2019年3月、僕は北海道十勝スカイアースの統括ゼネラル・マネージャーに就任した。2018年シーズンはスーパーバイザーとして関わらせていただいたが、今は統括GMとして、チームの編成や運営、選手指導といった現場だけでなく、協賛スポンサーや自治体との関係性強化や事業など、クラブの運営の仕事にも就くことになった。

十勝スカイアースは、北海道の帯広を中心とした十勝地域をホームタウンに、現在は北海道リーグで戦っている。

2018年シーズンより、リーフラス(スポーツのスクール事業などを中心にスポーツ関連ビジネスを行っている企業)が道内では歴史と実績を十勝FCの運営主体となり生まれたのが十勝スカイアースだ。

現在、九州にはJ1からJ3までに多くのクラブが参入しているが、北海道はコンサドーレ札幌だけだ。しかもそのコンサドーレも神奈川県にあった東芝サッカー部が札幌に移転して誕生したクラブだから、十勝スカイアースは純粋な北海道初のJリーグ加盟を目指そうと生まれた。

僕は鹿児島実業高校を卒業し、ジェフ市原(現ジェフ千葉)でプロデビューしたが、生まれたのは、北海道室蘭市。中学1年まで過ごした北海道への思い入れは強く、実現はしなかったけれど、北海道で現役を終えたかったという想いがあった。だから、スーパーバイザー就任の依頼を受けたときには、純粋に嬉しかったし、幸運だと感じていた。

スカイアースの社長に就任した藤川孝幸さん(1962年神奈川県生まれ。読売クラブで長くプレーしたGK。1995年にヴェルディ川崎で現役引退)には長くお世話になっていた。

「北海道にJリーグのクラブを作りたい」

藤川さんのその想いは本当に熱く、道民じゃないかと思えるほどの熱意だった。でも、正直なところ、「5年以内にJ3へ」という藤川さんのビジョンは早計だろうとも思っていた。

Jリーグ参入までの道のりは険しい。しかも、スタジアムや練習場の設備なども含めて、加盟条件のハードルも高い。決まった練習場もない現状を考えると、「5年以内なんて無理でしょう」と藤川さんへ告げることもあった。それでも「俺はやり切る」と藤川さんはいう。

その言葉通り、スポンサーをまわり、選手を勧誘するために日本全国を飛び回った。ともに時間を過ごすことも多く、北海道を愛し、帯広や十勝への愛がひしひしと伝わってくる。藤川さんの行動力や言葉は、スポンサーをはじめ多くの人々を動かした。地元企業の方に「この十勝にそういうクラブを持ってきてくれてありがとう」と言わせるほどの熱を見ていると、もしかしたら実現できるのかもしれないと思わされるようにもなっていた。

しかし、僕はスーパーバイザーであって、それほどの責任があるものではない。まだこのときは、どこかのんきなところがあったと感じる。

実は、当時すでに、藤川さんはステージ4の胃がんを患っていた。ご自身でそれを公表したのも藤川さんの覚悟の表れだと受け止めていた。でも僕には強い覚悟はなかった。もし、藤川さんが仕事を離れることになれば、僕も十勝スカイアースからは身を引くだろうと考えることもあった。Jリーグ加盟という夢を叶えるために、僕にできることが何かをわからないというのも事実だった。藤川さんのようにできるわけはないと。

2018年秋、入院した藤川さんを見舞った。病室のベッドに横たわる彼は、想像以上にやつれ、まるで別人のようだった。溌剌とした現役時代の姿も知っている僕にとって、その姿はショッキングなものだった。しかし、驚いたのはそれだけではなかった。すでに癌が12ヵ所に転移し、骨と皮だけといえるほど小さくなったその身体にまとっていたのは、十勝スカイアースのジャージだった。

「最後はこのジャージを着て逝きたいと本人が言っていたんです」というご家族の言葉どおり、藤川さんは言葉を発することもできず、ただそこに横たわっているだけだった。僕のほうに視線を動かすこともない。

「藤川さん、どうするの? 藤川さんがいなくなったら、十勝スカイアースはなくなってしまうよ。こんなところで寝ている場合じゃないでしょう!」

目の前の現実に締めつけられた胸が熱くなり、思わずそう叫んでしまった。それでも全く反応がない。そんな藤川さんを見ながら思い出すのは、彼が熱く十勝スカイアースへの夢を語っていた姿であり、そのとき発していた言葉だ。数々の言葉が脳裏をよぎり、胸を打つ。

「もしも、藤川さんがいなくなったら、俺たちでなんとかするから」

気がつくと僕はそう告げていた。その言葉が自然と出ていた。

「ウォー、ウォー」

うめき声に似た音が、病室に響く。藤川さんが発した声だった。僕の声が聞こえ、それに反応したのかどうかはわからない。でも、僕は藤川さんのその声に、覚悟を決めた。藤川さんの夢を途切れさせるわけにはいかない。

2018年11月15日、藤川さんが旅立った。享年56歳。

藤川さんから、バトンを受けた僕は走り出した。

続く

Shoji Jo
1975年北海道室蘭市生まれ。元サッカー日本代表。‘98年フランスW杯メンバー。2006年、現役引退。’17年、現・北海道十勝スカイアースのスーパーバイザーに就任。’19年、北海道十勝スカイアースの統括ゼネラル・マネージャーに就任。


Text=寺野典子 Photograph=杉田裕一