編集長、晩餐会に酔いしれる KRUG SUITE by SHANGRI-LA HOTEL , TOKYO 世界のトップスイートで、新感覚のペアリングディナー Vol.29

東京駅に隣接する5つ星ホテル、シャングリ・ラ ホテル 東京に、贅を極めた1泊2日の宿泊プランが誕生したということでお披露目会に伺いました!

編集長ニホンヤナギの熱狂探訪
~仕事が楽しければ、人生も愉しい!~

シャンパーニュ・メゾン - クリュッグとの強力タッグというプランです。先日は、沖縄で「リッツ・カールトン」と「マセラティ」の宿泊プランをゲーテで取材したのですが、「ホテル」と「ブランド」のコラボレーションは、今後も注目のコンテンツになっていきますね。

ディナーを食すその場所は、まさに"晩餐会"という言葉が似合う天井高6m、269㎡の広さのシャングリ・ラ ホテル 東京が誇る、プレジデンシャルスイート。2010年に「エリート トラベラー」誌による「世界のトップ101スイート」にも選ばれただけあって、造りやインテリアなど、細部にいたるまで、素晴らしいセンスです。

しかも、今回特別にクリュッグ家のファミリーハウスにインスピレーションを得て、デコレーションが施された空間に仕立てられたんだとか。

そして、東京駅を眼下に丸の内のビル群から皇居、新宿方面までの景色を眺めることができる大きな窓から、美しい夕日を眺めながらディナーが幕を明ける。クリュッグのブランドアンバサダーが、料理に合わせて4種類のシャンパーニュを厳選したペアリングディナーに舌鼓。さらに驚きの演出が、人生初体験の「ミュージックペアリング」!クリュッグが、シャンパーニュの個性にインスパイアされた特別なプレイリストを作成。というのも、聴覚が味覚体験を大きく左右することが、オックスフォード大学クロスモーダル研究所のチャールズ・スペンスとジャニス・チン・ワンによる研究など、多くの研究で認められていることから生まれたアイデアらしい。

オリエンタルな邸宅でラグジュアリーかつ、いまだかつて体験したことのない非日常が待ち受けていました。

1泊120万円!! 美食とシャンパーニュと音楽の新感覚なコラボが、インスピレーションを研ぎ澄ましてくれることは言うまでもありません。

メニュー
□(「冷たいカリフラワーフォンダンとキャビア」「パルマハムのグリッシーニ」「和牛のお寿司 ドライ白トリュフ添え」「自家製サーモンマリネ ラズベリー」)
×クリュッグ グランド・キュヴェ
□(「バターでポーチしたタラバ蟹 胡瓜とケッパー 金柑コンポート オレガノ」)
×クリュッグ クロ・デュ・メニル 2002
□(「季節の野生茸 鱈の海藻コンフィ アーティチョークの軽いピュレガーリックチップス」)
×クリュッグ 2002
□(「ラム背肉と根野菜のロースト ファイブスパイス」)
×クリュッグ ロゼ
□(「沖縄県産パッションフルーツ 岩手ファームのフレッシュクリームアイスクリーム」「チョコレートとメレンゲのスフィア イタリア産アーモンドアイスクリーム バナナのキャラメリーゼ」)

KRUG SUITE by SHANGRI-LA HOTEL, TOKYO
期間:2017年12月29日(金)まで
料金:1,200,000円(税・サ・宿泊税別)
部屋タイプ:プレジデンシャルスイート(269㎡)
内容:1泊1室2名さま プレジデンシャルスイートでの宿泊、6名さま分のクリュッグ ペアリングディナー ※最大8名さままで60,000円(税・サ別)/人
「インルームダイニング」の朝食とクリュッグ シャンパーニュ ボトル1本、「ホライゾンクラブラウンジ」の利用、またはWi-Fiまたはブロードバンドインターネット接続(無料)、フィットネスクラブ(プール、ジムとジャグジーエリア)の利用
TEL予約先:03・6739・7878(宿泊予約直通)
reservations.slty@shangri-la.com
URLhttp://www.shangri-la.com/jp/tokyo/shangrila/offers/details/rooms-suites/krugsuite/

二本柳陵介
二本柳陵介
雑誌「ゲーテ」、ゴルフ雑誌「GREEN GORA」、会員誌「ACCORDIA」編集長。長谷部誠「心を整える。」(累計150万部)、桑田真澄「心の野球」など、書籍も担当。ツイッターとインスタグラムはyanaginihon。ゴルフに悪戦苦闘中。
気になる方はこちらをチェック