【ブルネロ クチネリ】イタリア・ソロメオ村からの手紙 2通目

新型コロナウイルスの感染拡大で、甚大な被害を被ったイタリア。そのイタリア中部、ウンブリア州に位置し、ブルネロ クチネリの本社があるソロメオ村から、ブルネロ・クチネリ氏が、大切な仕事仲間、そして世界中の友へ手紙を綴った。今回、その手紙を許可を得て特別に公開。そこにはコロナと戦う現在、そしてアフターコロナの未来へのヒントがある。

素晴らしいチャンス

痛ましい夜の影を後にし、ついに新しい時が湧出し始めました。 

尊敬する友人たちよ、私にはこの新しい時が、素晴らしいチャンスに満ちているように見えます。新たな清水の運び手、 アイデアの創造主のように、それを取り巻くものすべてがこれまでとは違った生きる欲望に溢れています。私はすでに経済成長が訪れることを確信しています。 熱意が私たちの心を動かすだろうということも。

何よりも、私たち自身がこれまでとは違った存在になるのです。 私たちだって、時のように、何らかの方法で新しくなります。変化を遂げた何かが、これまでとは違う美しく魅惑的な次元で、私たちに物事や人生を指し示してくれるはずです。 

昨日まで当たり前のように目にしていたパンが、新たな驚きをもたらし、さらにパンがなくて困っている人の存在にも気づくことができるでしょう。 誰もが、自分の中に今までにないもう一人の人間を発見するのです。それがまさに兄弟というものです。 

変化を遂げた何かのおかげで、私たちの目には家族がまるで社会の新芽のように映ることでしょう。 そうして、水、麦畑、果実園、それから私たちに栄養を与える動物たちもこれまでとは違った様相を見せることでしょう。 

それにより、自然、公平、調和といった言葉が新たな意味を帯び、やがて聖なるものへと変化していくのです。そうした価値は、私たち一人一人の心に脈打つ神のリズムなのです。    

親しい友人たちよ、私は確信しています。 

きっと新しい時が私たちにとって、さまざまな事柄の関係を善良な元の姿に戻すための魅力的なチャンスであるということを。人文主義と技術、精神と調和、利益と貢献といった事柄の関係性が必ず修復されるはずです。問題の背後には必ずチャンスが潜んでいることを自覚しなくてはなりません。

あの偉大なミケランジェロは「人生は芸術的な形をしており、まるで芸術のように、それを生きるためには手よりも心を必要とする」と常に言っていました。    

ですから、これは、たった一人だけでなく世界中のすべての人に関わるチャンスだと私は言いたいのです。 私たちの目や心だけでなく、存在すべてが、運命によって運ばれてきた宇宙の贈り物を受け取る準備ができていることを願っています。 

孔子の言葉の中に私を魅了した一句があります。

「遠くのことを見通せない者は、近くの不幸にさらされる」    

日食の終わりが到来し再び太陽が命を彩る時、私たちの心はきっと喜びに満ち溢れることでしょう。しかしそれは、慎重さを要する瞬間でもあります。

もし今のペースを保ち、痛々しい苦境の経験から生まれた規則を尊重し続け、神の言葉に集中したなら、 これまで通りの自然な生活に戻ることができるでしょう。そこにはきっと新たな価値も加わっているはずです。 

そしてまた「人間らしい」と呼ぶべき世界の美しい姿が私たちを魅了することでしょう。   

2020年4月6日、ソロメオ   

BRUNELLO CUCINELLI
1953年イタリア・カステルリゴーネ生まれ。’78年自身のブランドであるブルネロ クチネリを創業。関わる人々すべての尊厳を尊重する「人間主義的経営」を実践し、自社を上場企業へと成長させた。 本社、工場を置くソロメオ村にて、古城や住居の修復、職人学校の開設、公園の造園を行うなど、その活動は地方創生のロールモデルとして世界中から注目をされている。