大迫傑インタビュー③「すべての選択の基準は自分が光れるかどうか」

日本最速のマラソン選手、大迫傑。強くなることを、ただひたすらに求め続けた男へのインタビューから見えたのは「日本陸上界を変えたい」という開拓者の顔だった。自身の過去、現在、未来についてトップランナーが大いに語った。  

大迫傑の強さの理由

「自分のことは自分で決めなさい」

大迫傑は両親からそう言われて育ってきた。東京の町田市立金井中学校で本格的に陸上を始め、3年生の時に3000mで東京都の新記録を出している。そして、多くの高校から勧誘を受けるなか、東京ではなく、長野県の佐久長聖高校を選んだ。

「多くの高校に自分から電話をかけて、陸上部の先生と話をして情報を得て決めました。高校から大学へ進むときも同じです。自分で直接情報を得て、早稲田を選びました。どんなに優れた大学の陸上部でも、自分のカラーに合わなければ、チームと自分がビジョンを共有できなければ、成果を上げることは難しい。たとえば、トラックで頑張りたいと思っている人が、箱根駅伝で勝つだけを目標にしている陸上部に入ったら、トラックではなかなか勝てませんよね。そのチームの監督は、箱根駅伝で勝つための知識は持っていても、トラックの知識は少ないわけですから。正直なところ、大学時代はチームと僕のビジョンが100%マッチしていたわけではありません。それでも、監督はいつも僕に理解を示してくれていました。感謝しています。そういった意味で、今のコーチと僕はビジョンを共有できています。このビジョンを共有できる人と一緒にいるということは重要です。そして、コーチと僕との間に上下関係はありません。同じ方向を見ている同士が、それぞれの持つ情報を提供し合うことで成果を上げていくのです」

進路や練習法を選ぶとき、大迫は常に、誰かのためではなく、自分が主体であることを強く心がけている。

「その選択によって自分が光れるかどうか――を見極めるように僕は努めています。自分の人生の主人公は自分です。陸上競技に限らず、いろいろな人を見ていると、光っているなと感じる人と、そうは思えない人がいます。なぜ光っていないのか――。多くの場合、その人が自分主体で選択をしていないような気はしています」

自分が成果を上げ光る道を選ぶという意識はウェアやシューズを選択するときでも同じだ。

「勝つこと、自分が光ることを基準に選びます。ただし、ウェアやシューズについては、自分の感覚だけに頼らないようにはしていますね。最初に身につけたときにしっくりこなくても、つまり自分の走る感覚と多少のずれを感じても、しばらくは試します。僕はナイキを身につけていますけれど、ナイキは常に最先端の技術で新しいシューズを開発している。であれば、自分の感覚よりも、メーカーを信頼したほうがいいと思っています。僕が努力をする領域は、シューズをつくることではなく、走ること。それは常に自覚しています」

大迫は自分の努力が反映される領域で最大限努力する。一方、自分でコントロールできない領域で生じることには翻弄されない。

「オリンピックの選考会でもあった東京マラソンでは、結果的に日本記録もついてきましたけれど、僕はそれほど記録にはこだわってはいません。記録を意識して走ると、そこには風や気温やペースメーカーなど、自分ではコントロールできない要素がたくさんかかわってきます。僕はあまり沿道の応援が聞こえないタイプですが、それでも、その大会の雰囲気はあり、ランナーに影響する。でも、勝つことを主に考えれば、自分の努力がそのまま走りに反映されます。勝つために自分をコントロールすればいい。勝てなかったとしても、責任の所在は自分にあります。僕は常に勝つことだけを意識して走っていきたい」

すべてを自分で決め、圧倒的に努力し、結果の責任も全部持つ。大迫傑は、まっすぐ自分の道を走り続けるだけなのだ。

Suguru Osako
1991年東京都生まれ。佐久長聖高校、早稲田大学、日清食品グループを経て、現在はアメリカ・ポートランドを拠点に活動。マラソンのみならず、3000m、5000mの日本記録も保持する。プロランナーとしてナイキに所属。

Tex=神舘和典 Photograph=太田隆生