【中田英寿/に・ほ・ん・も・の外伝】きれいな地下水で丁寧に育てられた"もやし"<埼玉③>

2009年から’15年の約6年半、のべ500日以上をかけて、47都道府県、2000近くの場所を訪れた中田英寿。世界に誇る日本の伝統・文化・農業・ものづくりに触れ、さまざまなものを学んだ中田が、再び旅に出た。

 前回はこちら


普通のもやしの10倍の価格

そこらのもやしとは、まるで別物だ。深谷市の「深谷のもやし屋」飯塚商店の飯塚雅俊さんが作ったもやしは、旨みがしっかりとしていて、ほんのり甘く、野菜らしい香りはあるが、独特のくさみがない。さすが都内の有名百貨店でも扱われているブランドもやし。もやしの10倍ほどの高値でも飛ぶように売れているのだという。

「どんなに物価が上がっても価格が上がらないことから、もやしは物価の優等生と呼ばれています。でもわたしから言わせれば逆。物価が上がっても価格を上げることができない劣等生なんです」

もやしといえば、節約レシピの定番食材。安くて栄養価が高いということで人気がある。現在、スーパーなどで販売されているもやしのほとんどは、コンピューター制御された工場で自動的に作られている“工業製品”だという。価格は100g15〜20円程度で、「この価格でやっていけるのは大手だけ。中小の業者はどんどん潰れている」。そんななか飯塚さんは、昔ながらの手間ひまかけたもやし作りに励み、もやし本来の味を伝え、高い付加価値を維持している。

「現在スーパーに並んでいるもやしのほとんどは中国産の緑豆を育てたもの。成長を抑えるホルモンを与えることで太く、歯ごたえのあるもやしになり、これが人気となっています。でもうちのもやしはミャンマー産の黒豆。緑豆に比べて細いですが、味はしっかりと力強い。もやしは味がないと思っている方が多いですが、実はおいしいんです。そのことを知らない人たちは、うちのもやしを食べるとびっくりするんです」

飯塚商店の“畑”は、体育館ほどの建物のなか。温度、湿度、光をこまめに管理している室内には、遮光した室内には大きな水槽のような容器が並び、そのなかでもやしたちが育てられている。まずは30〜40度ほどのお湯に豆を漬けて、そのまま6時間ほど待つ。

「豆を触ってみてください。温かいでしょ。発芽するときに熱がでるんです。豆も生き物だなと思いませんか。だから丁寧に育てれば、おいしくなってくれるんです。うちではきれいな地下水を使って、6日間かけて健康なもやしを育てています」

これまでさまざまなモノづくりの現場を見てきた中田英寿にとってももやし作りの現場は初めて。果樹や野菜なら畑を目にすることもあるが、室内で育てられるもやしの成長に立ち会うことはまずない。豆が発芽し、少しずつ育っていく姿を見るのは、中田にとっても新しい経験となった。

「もやしにこんな違いがあるなんて思っても見ませんでした。今度スーパーでみかけたら細かくチェックしてみます」

深谷の農産物といえば、深谷ねぎが有名だが、もしこの深谷のもやしを見つけたらぜひ食べてみてほしい。その味わいにきっと驚き、もやしの隠れた実力を感じることができるはずだ。

「に・ほ・ん・も・の」とは
2009年に沖縄をスタートし、2016年に北海道でゴールするまで6年半、延べ500日以上、走行距離は20万km近くに及んだ日本文化再発見プロジェクト。"にほん"の"ほんもの"を多くの人に知ってもらうきっかけをつくり、新たな価値を見出すことにより、文化の継承・発展を促すことを目的とする。中田英寿が出会った日本の文化・伝統・農業・ものづくりはウェブサイトに記録。現在は英語化され、世界にも発信されている。2018年には書籍化。この本も英語、中国語、タイ語などに翻訳される予定だ。
https://nihonmono.jp/


Composition=川上康介 Photograph=淺田 創


【中田英寿/に・ほ・ん・も・の外伝】住宅街のなかの牧場の絶品牛乳<埼玉②>

【中田英寿/に・ほ・ん・も・の外伝】『翔んで埼玉』にも登場する隠れた名所を訪ねる<埼玉①>



中田英寿
中田英寿
1977年生まれ。日本、ヨーロッパでサッカー選手として活躍。W杯は3大会続出場。2006年に現役引退後は、国内外の旅を続ける。2016年、日本文化のPRを手がける「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」を設立。
気になる方はこちらをチェック