独占密着! 超多忙な堀江貴文はどんな24時間を過ごしているのか?【ホリエモン特集】

平等に与えられた時間のなかで、幾多のモノを世に生みだし続ける堀江さん。 編集部は、ある一日の追跡ドキュメントを敢行!その究極の時間管理術を追った。


ホリエモンのある一日を徹底追跡!

AM10:30【起床・身支度】起きて20分で出発! @都内ホテル
宿泊している都内のラグジュアリーホテルで起床。シャワー、歯磨き、着替えなどの身支度を行った後、食事も摂らないままに、起きてからわずか20分でマネージャーが待つ駐車場に出向き、クルマに乗りこんだ。服選びには悩まないが、使う香水にはこだわりがある。最近使っているのはジョー マローン ロンドンの「ピオニー& ブラッシュ スエード コロン」。また、服は常にクリーニングをホテルに頼んでいるため、洗濯もしなくていい。それも、タイムマネジメント術のひとつである。

アプリCHECK!服の選択と管理を効率化!
服は「Farfetch」「ZOZOTOWN」で購入。服の管理は「サマリーポケット」というスマホ収納サービスを利用しており、売りたくなったらボタンひとつで完了。


AM11:00【ゴルフレッスン】プロに習って効率学習! @広尾ゴルフインパクト
起床からわずか30分後に「広尾ゴルフインパクト」に到着。パーカー、スウェット、スニーカーの格好だったため、着替えをすることもなく、いきなりスイングの練習に入った。ふだんは武市悦宏プロに習っているが、この日は不在。「ゴルフは10年以上前からやってますね。世界中どこにでもゴルフ場はあるし、趣味として都合がいい。朝から身体を動かすのも気持ちがいい! 」

「広尾ゴルフインパクト」でレッスン。
アプリCHECK!報連相は空き時間にスマホで!
仕事のやり取りは主に「LINE」「Slack」。オンラインサロンの「Facebook」にもコメントをかかさず行う。流儀は早く返事をすること。仕事のボールは翌日まで持ち越さない。


PM0:15【昼食】リストのなかから即座にチョイス! @恵比寿・海南鶏飯食堂2
恵比寿のシンガポール料理店「海南鶏飯食堂2」へ。「今日は広尾・恵比寿方面に行くから、じゃあチキンライスかって感じで決めました」。キュレーターが集めた情報リストのなかから場所やシチュエーションによって〝早くて美味しい食事〞を選択する。「六本木周辺にいることが多いので、ケバブとか、ハンバーガーとか、牛丼のご飯少なめとか、かな」

恵比寿のシンガポール料理店「海南鶏飯食堂2」でランチ。

別の日には、こんな選択肢も……。
精肉卸会社直営ハンバーグ専門店として有名な「ミート矢澤」のBigハンバーグ弁当、人気ハンバーガー店「ザ・グレートバーガー」のアボカドバーガーをテイクアウト。車内で食べることも。

左:「ミート矢澤」のBigハンバーグ弁当。右:「ザ・グレートバーガー」のアボカドバーガー。
アプリCHECK!食事も、アウトプット!
運営に携わる飲食店キュレーションアプリ「TERIYAKI」は日常的に使用。自分自身もひとりのキュレーターとして投稿しているため、評判のいいお店、新しいお店の情報には常にアンテナを張っている。

PM1:00【YouTubeホリエモンチャンネル生放送&収録】リハーサルなしで、即刻スタンバイ! @元麻布・the p@rk
元麻布のシェアオフィスに到着後、間髪入れずにYouTube「ホリエモンチャンネル」収録開始。ゲストは乙武洋匡さん。「ベーシックインカムがなぜ普及しないか? 」という視聴者からの問いに「既得権が大きいからでしょ」とひと言。常に回答はシンプルだ。

「ホリエモンチャンネル」収録。ゲストの乙武洋匡さんの著書を見つめる。


PM2:30【TERIYAKI株主会議&打ち合わせ】ミーティングは必要最小限に! @元麻布・the p@rk

会議スペースに徒歩で移動して、自らが出資するグルメアプリ「TERIYAKI」の株主会議に出席。続いて、WEBエンジニアとの打ち合わせにも参加した。ビジネスのやりとりは基本的にSNSで済ませることが多いが、こうした重要な案件は対面でしっかりと行う。

WEBエンジニアとの打ち合わせでは適格なアドバイスも。


PM4:05【HIU外部向け説明会】オンラインサロンの意義を熱弁! @元麻布・the p@rk
「堀江貴文イノベーション大学校」は会員制のオンラインサロン。この日は外部向けの説明会で、堀江さん自らがサロンの趣旨を説明。「僕は、メンバーと一緒に写真をとったりはしません。ここは実践の場ですから」

オンラインサロンの外部向け説明会で熱弁をふるった。


PM4:20【HBC北海道放送新番組収録】台本なし。すべてアドリブ! @元麻布・the p@rk
HBC北海道放送で堀江貴文プロデュースの新番組『北海道独立宣言』が始まる。若手メンバー6 人で「美人ママがいるスナック」や「エンタメ空間の新しいレストラン」のオープンを目指す番組だ。この日は番組のオープニングの映像と、インタビュー収録が行われた。

新番組『北海道独立宣言』のオープニング撮影。
アプリCHECK!インプット&アウトプットもスマホで完結!
情報収集は主に「LINE NEWS」「Gunosy」「NewsPicks」「Twitter」、自身が運営に携わる「755」。同時に情報発信も行う。特にTwitterで1 回炎上させればワイドショーで取り上げられ、テレビ出演なしでも発信が可能。「"寿司屋に修業はいらない"とかくだらないことで話題になるし、それで本が1冊できたりもする」


PM5:10【GOETHEロングインタビュー】インタビュアーを鍛えるインタビュー @元麻布・ヒトメディア
雑誌の取材はほぼ受けていないが、今回は自身の特集ということで応じた。具体的で意味のある質問にしか答えず、既に語っていることや本に書いてあることには答えないのが堀江流。この日も記者が宇宙のことを聞こうとすると「それはさんざん聞かれたし本に書いたことなんで」とピシャリ。勉強不足のメディアは、泣きを見る。

ゲーテのロングインタビュー中の堀江さん。


PM7:00【HIUホリエモン万博打ち上げ】夜はとにかく楽しく過ごす @西麻布・WAGYUMAFIA THE BUTCHER’S KITCHEN
西麻布の「WAGYUMAFIA」にて夕食。この日は2月に行われたHIU主催の「ホリエモン万博2019」スタッフと打ち上げを開催した。自ら「肉磨き」の技術を披露したり、実行委員長の誕生日を祝い、サプライズのティラミスを出して泣かせるなど盛り上げた。

「ホリエモン万博2019」スタッフとの打ち上げで乾杯。


AM0:00【シーシャバー】ホリエモンの夜は長い……。 @SHISHA LOUNGE Chillrug

一日の締めは、4年前に初体験して以来頻繁に訪れている西麻布の「SHISHA LOUNGE Chillrug(シーシャラウンジ チルラグ)」で。シーシャとは、煙に乗せてフルーツやハーブなどの香りを楽しむ中東発祥の水タバコのこと。自らの家紋入りのシーシャ吸い口で嗜んでいる。3月にエストニアを訪れた際も自ら探してシーシャバーに行くほど、ハマっている。

自らの家紋入りの吸い口を持参。


別の日には、こんな夜もあったっけ……。
夜は楽しむことに専念。お気に入りはバンド演奏でカラオケができる「BAN×KARA」。1970~’80年代の歌謡曲が流れる「歌京」というバーや、渋谷のラーメン居酒屋「ももまる」もお気に入り。麻雀で夜を明かすこともしばしば。

左から、ももまる、麻雀、BAN×KARAでのひとコマ。


#ホリエモン はこちら

Text=竹村俊助(WORDS)  Photograph=吉場正和