ワイン賢者①成田忠明が選ぶ!大切な人に贈りたい神ワイン4本

つくり手や産地、さらにはヴィンテージによって さまざまなストーリーを持つワインを大切な人に贈る時、 その道の賢者たちは何を基準に会心の1本を選んでいるのだろう? 奥深いワインの世界へと誘う入門編的ワインから新世界の気鋭のつくり手、 果てはツウを唸らせる名品まで。スペシャリティ・ワインショップ「ザ・ワインギャラリー」でオーナーを務める成田忠明がセレクトする、珠玉の4本をご覧あれ。


「見返りを求めず愛を込めて贈りたい」

例えば、無駄なものにいっさい触れず現実的なものにだけ接してきた人がビジネスで成功し、やっと無駄なものに触れる時間ができたとします。そんな時、ワインの世界に足を踏み入れてしまったら、その先ワインのない人生なんて考えられなくなるでしょう。

それぐらいワインとは魅力的なものですが、突き詰めると高額になってゆく。いわばワインは究極の俗物。全身全霊をかけて愛さずにはいられない……という人もいる。

ワインを贈る時は、その人がそこに価値観を置く人かそうでないかを見極め、想いを寄せる相手に見返りを求めず、愛を込めて贈りたいですね。

■ブルーノ・パイヤール ブリュット・ロゼ・ プルミエール・キュヴェ(右)
戦後設立された唯一のシャンパーニュ・メゾン。自然と人間の想像力の融合が形になったものがシャンパーニュならば、これほど素晴らしいものにはなかなかお目にかかれない。アンティークローズを思わせる感傷的な淡い色合いと透明感を持つピュアな香りと味わい。日常の延長にある特別な日に贈りたい。¥10,000

■キュヴェ・レア・ブリュット 1979 パイパー・エドシック(中央右)
伝説的なシャンパーニュ。豊かで複雑なニュアンスは歴史をボトルの中に閉じこめたかのよう。こちらのボトルは当時のオリジナル・デゴルジュマン(澱抜き)によって、瓶熟成の醍醐味があり得ないほどの高みに到達している。傍に置くだけで想像力が膨らむ 1 本は、静かに思索に耽るのが好きな人に贈りたい。¥150,000

■ヴォーヌ・ロマネ 2015 エマニュエル・ルジェ(中央左)
もはや神格化されたアンリ・ジャイエの唯一の後継者。彼が生みだすワインは年を追うごとに進化しており、近年のできばえはダイナミックでありながら究極にエレガント。偉大な畑を自身のスタイルで表現している。これから何かに立ち向かっていくぞという人に、不可能を可能にした男がつくるワインをぜひ。¥55,000

■ミュジニー・ヴィエイユ・ヴィーニュ 1964 コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ(左)
ヴォギュエ伯爵存命時代の希少なロット。「ビロードの手袋に包まれた鋼の拳」と称されるほど雄大かつ緻密な味わいは、半世紀以上の時を経て頂点に向かい、今まさに最後の一花を咲かせている。衰えを感じさせない長命な 1 本は、自身を導いてくれた人生の師ともいえる人とじっくり膝を突き合わせて飲みたい。¥650,000

※上記4本は「ザ・ワインギャラリー」での販売価格。


Tadaaki Narita
1963年神奈川県生まれ。フレンチ・レストラン勤務を経てʼ95年独立。ワインバー「エスペランス」、ブルゴーニュとシャンパーニュに特化したワインショップ「ザ・ワインギャラリー」オーナー。

ザ・ワインギャラリー
成田さんがオーナーを務める、神宮前の閑静なエリアに佇んでいる店。ブルゴーニュとシャンパーニュに絞り、厳密に温湿度管理されたセラーに納められている。住所:東京都渋谷区神宮前4-21-11 TEL:03-6447-2244


Text=山脇麻生 Photograph=鈴木泰之