酒を愛しすぎた男たちの超愛コレクション

「生涯の友」「人生を豊かにしてくれる宝」……。酒を表現する言葉は数あれど、共通する思いは「酒のない人生などありえない」だろう。酒をこよなく愛する男たちの熱狂と、自身の秘蔵酒を披露する。


「ルイ13世」を溺愛する弁護士の秘蔵コレクション

弁護士法人の代表を務める前岨博氏は、世界各国を旅し、その土地の酒と料理を味わうことを至上の喜びとしている。ウイスキー、ブランデー、ワイン、日本酒とあらゆる酒を嗜むが、特に好きなのがコニャックだという。

「20歳で初めて飲んだ時、刻々と変化する芳醇な香りやまろやかな味に衝撃を受けました。蒸留酒なのに醸造酒のようなニュアンスもあり、単体で十分満足できる、まさに主役的存在。そこがコニャックの他の酒にはない深みですね」

続きはこちら


150本のアブサンを所有! 理学博士がハマる薬草酒のパワー

千葉工業大学でレアアースなど、次世代の資源について日々研究する藤永公一郎氏。彼がハマッたのはアブサンという薬草酒で、ニガヨモギ、アニス、フェンネルをベースとしたリキュールだ。アルコール度数は70%前後、新緑めいた独特な香りでクセが強く、好き嫌いがはっきりと分かれる。

「最初、友人に薦められて飲んだ時はピンとこず、近所の酒屋でペルノ・リカールのものを見つけて、わりと美味しいな、と。そのあと、恵比寿のバーで『ムーラン・ヴェール』を飲んだら、どハマりしました」

続きはこちら


全国の蔵を100ヵ所巡ったが経営者がオススメする日本酒とは?

自動車部品の鋳物鋳造を主力とする山形精密鋳造代表取締役社長の木塚勝典氏は、日本酒好きが高じて全国100近くの蔵元を回ったという。

「20代の頃から出張が多く、今でも年間120泊します。国内はもちろん東南アジアやドイツなどさまざまな国へ赴き、中国は白酒、ドイツはケルシュなど地酒を飲んできましたが、やはり一番は日本酒。大吟醸から荒ばしりなど、ひとつの銘柄で幅広い味が楽しめるのがいい」

続きはこちら


日本全国100のワイナリーを巡った男が注目する美味しい日本ワインとは?

国内300ワイナリーのうち100以上を訪問。「本業の給料のほとんどが日本ワイン関連で消える」と語るのは、地元熊谷の行きつけの自然派ワインバー店主、森裕一郎氏と談笑する佐藤和昭氏(右)。日本ワインにハマッたきっかけは、約5年前に訪れた滋賀のヒトミワイナリーの醸造人・岩谷澄人氏(現イエローマジックワイナリー代表)との出逢い。

「造り手がとにかく熱い(笑)。他人に何を言われようとも自分が造りたいものを造る、その信念に心を打たれたんです。以来月2回は全国のワイナリーを巡っていますが、どのワインもまさに造り手の個性の塊。それが日本ワインの魅力です」

続きはこちら


日本屈指! 800種類が揃う泡盛専門バー店主の泡盛愛とは?

沖縄本島から離島まで、あらゆる泡盛が並ぶ、泡盛マニアが足繁く通う店「泡盛倉庫」。その店主が比嘉康二氏だ。

「20歳の頃に泡盛専門の酒販店に勤めたのがきっかけで、泡盛の世界を知りました。それから蔵元に通ったり、歴史を調べたりして、どんどん泡盛の世界にのめりこんでいったんです」 

南国沖縄の酒、泡盛は米を原料とした蒸留酒。黒麹菌を使い、単式蒸留で原料由来の旨味や香りをしっかり味わえるのが特徴だ。その香りと味わいは年月を経ることで熟成し、10年以上熟成した古酒からは、まるでバニラやメープルシロップのような香りまで立ち上がってくる。

続きはこちら


1300本収集! ウイスキー愛が爆発の医師が語るウイスキーの奥深さとは?

外科医としてハードな日々を送りつつ、プロのテイスターとして専門誌にも寄稿する松木崇氏。これまで6000を超すウイスキーを味わった。

「昔は麦をまったく感じないほどフルーティに熟成したオールドボトルを求めた時もありましたが、ここ数年は適度に麦の味や樽の香りもあって、ボディも感じられるウイスキーが好みです」

書斎は試飲室も兼ねており、すでに開栓済みのボトルが約300本。別室と貸倉庫にも大量に保管しているが、すべて「飲むため」に購入。昨今は高騰を見こんでボトルを集めるコレクターも多いが、彼らが「大切に保管してくれたお陰で私も状態のよいものが飲める」と感謝しつつ、自身はウイスキーを投機対象にしたくないと明言する。

続きはこちら