【対談】『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』原作者・宮川サトシ×監督・大森立嗣<後編>

2月22日公開の『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』は、本ウェブの連載『ジブリ童貞のジブリレビュー』の宮川サトシさんの自伝エッセイ漫画を映画化した作品。その公開を記念して、宮川さんが大森立嗣監督と対談。映画について、そしてそれぞれの母親への思いを語り合った。


近親者の「死」より、「死後どうしたらいいか」が知りたい

宮川 マンガでも何でも、死ぬまでの話はすごく多いんですが、死んだ後どうしたらいいのかがわかるものがないんですよね。だからこのマンガは、意識して死後のことを、死をどう受け入れていくのか、今思い返してどう感じるのかを描きたかったんです。映画でもそこが強い印象で残っているのが、すごくありがたくて。

大森 認めたくないところもありますけど、母親の死に際して、男っていうのはあんなもんなのかなあと思いますね。みんなそれぞれに必死だし、なんて情けないんだろうと(笑)。

宮川 映画では、父息子の3人で、ワケもわからず琵琶湖に飛び込んでいましたね。

大森 あそこらへんは、父と息子の旅なんか始まったら楽しくなっちゃって。むしろ男3人を撮る方が得意なんで。

宮川 琵琶湖に飛び込みこそしませんでしたが、映画を見て、ああこうだったな、確かに親父も兄貴もみんなバカだったと思い出しました。親父なんて飲んだくれて泣きながら、大真面目に「蕪から大きいお母さんの顔が出てきてな……」なんて語りだしたことありましたから。それを、うん、うん、って、しんみり聞いてた自分も自分だし(笑)。

大森 あの琵琶湖の場面に、死んだお母さんがある形で出てくる、あれを見た友人のプロデューサーから、「よくそこまでやるな!」って。

宮川 ちょっと、おおっ、と思いますよね(笑)

大森 自然体でやってた自分に驚いたんですが、でもあれも逆に照れなんですよね。母親への思いを描く自分を茶化したい、みたいなところもあるのかもしれない。

宮川 その照れ隠し、わかります。

大森 そういうサトシを、叱咤しながら支える奥さんの真里さん、出来過ぎだよね。実際の真里さんにもお会いしましたけど、あんな女性なかなかいないですよ。

宮川 もちろん変なところもありますが、基本的には映画のあのままで……めちゃくちゃいい女だと思います(笑)。マンガ一本でやり始めたのも、10年近くやってた塾も畳んでいい、バイトなんてやってたらあなたの才能なくなる、とことん描いて、私が働くから、と言ってくれたからで。

大森 すごいですね。それに比べて、情けない男たち(笑)。

その瞬間の生身の感情こそ、生きていることの証

大森 すべての映画って、人間が生きること死ぬこと愛することでできていると、僕は思ってるんですよ。例えばテーマとしては違っても、そういうことに関心がある映画監督とか作家とかの作品には、何の変哲もない場面にそれが出てくる。たぶん俳優さんでもそうで、そうじゃない人は色気がないような気がする。そこへの関心って、絶対に理解できないものに向き合って生きていくってことだと思うし、それは僕にとってすごく大きなことで。

宮川 人生って理解できないことの方が多いですしね。

大森 例えば、安田さんと僕って、生まれも育ちも全然違うし、根本的にはすごく種類の違う人間だと思うんです。だから同じ作品に向かうためには、分かり合えなくても向き合う、コミュニケーションを取る作業が必要で。安田さんはコメディアンの部分もすごく強くて、いわゆる俳優さんとはアプローチが違うから、クランクイン前に、そこは結構はっきりと言ったんです。そうしたら「僕と方法論は違うけど、大森さんについていきます!」って(笑)。撮影していてもわからないことはあるんですが、監督ってある部分では俳優さんを信頼してゆだねていかないといけない。そういう中で、役者さんの熱で脚本が立体的になり、その人物の奥行きまで見えてくる瞬間があるんですよね。

宮川 監督さんと安田さんの関係性が効いているんでしょうね。なんか感動します、なるほどなって。ライブ感と言うか、設計図そのままに作るわけではないんですね。

大森 設計図はあるにはあるんですが、でも俳優さんには「前のシーンがこうだから、このシーンはこうなりますよね」みたいに、頭で組み立ててほしくなくて。それは俺達スタッフがやりますから、そんなこと考えずに今感じたこと――泣きたいなら泣けばいいし、泣きたくないなら泣かなくていいっていうことを一番大事にしてくださいって、俺は言うんですよね。それが生きてることの証だし。

宮川 前シーンからこの場面を読み解く、みたいなことじゃないんですからね。

大森 そうなんですよ。

宮川 今の時代ってSNSもあるし、誰もが映画をあれこれ分析する文化があるじゃないですか。あの場面はここの前フリとか、この場面にはこういう意味があるとか、そういう風に作られる映画も嫌いじゃないんですが、それとは異なる生身の感情でこの作品ができているのかと思うと、うれしいですね。それが生きるってことだし。

大森 生身の人間が演じることで、自分が言葉にできなかった感情が生まれてくる瞬間が見たいなっていうか。それ映画の面白いところだと思うんです。


©宮川サトシ/新潮社 ©2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
心優しいがゆえに頼りないところがある息子・サトシと明るくてパワフルな母親・明子。そんな平凡でユー モラスな宮川一家の日常は、母へのガン宣告によって一変する。サトシは母のために奔走したが、非常にも母との別れが訪れた。その1年後、突然、母からプレゼントが届く。そこには母から息子への深い愛があった。
2019/日本
監督:大森立嗣
出演:安田 顕、松下奈緒、村上 淳、石橋蓮司、倍賞美津子ほか
配給:アスミック・エース
2月22日より全国順次ロードショー


『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
宮川サトシ著
新潮社 ¥1,000


Satoshi Miyagawa(左)
1978年岐阜県生まれ。漫画家。2013年『東京百鬼夜行』で漫画家デビュー。エッセイ『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』をはじめ、『情熱大陸への執拗な情熱』『そのオムツ、俺が換えます』/原作『宇宙戦艦ティラミス』『僕‼︎男塾』を執筆。本ウェブにて「ジブリ童貞のジブリレビュー」を連載中。

Tatsushi Omori
(右)
1970年東京都生まれ。映画監督。映画『ゲルマニウムの夜』で長編監督デビュー。二作目の『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』で日本映画監督協会新人賞を受賞。ほかに『まほろ駅前多田便利軒』『さよなら渓谷』『セトウツミ』『日日是好日』など数多くの話題作を手がける。


Text=渥美志保 Photograph=七咲友梨


『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』原作者・宮川サトシ×監督・大森立嗣<前編>