【特集サイバーエージェントまとめ】キーパーソンが語る会社も自身も成長する理由

藤田 晋率いるサイバーエージェントは今年で創業20年。いまや社員数4500人以上、IT業界のリーディング企業だ。サイバーエージェントとはどんな会社か――という問いに対し、多くの人が「人材」の会社だと答える。そこでサイバーエージェントで活躍するキーパーソン8人にインタビュー。人事担当取締役、最年少執行役員、新卒社長、初の女性執行役員、グローバル部門のトップ、クリエイティブ統括、そして藤田社長に聞く「サイバーエージェントの強さとはいったい何なのか?」


取締役 人事管轄 曽山哲人

「私たちは採用方針をひとつの言葉に集約させています。それが『素直でいいヤツ』。これは『一緒に働きたいか人かどうか?』という問いを、言い換えたものなんですけどね。採用面接を担当する社員にも、迷ったら一緒に働きたいかどうかで判断してほしいと伝えています」


AbemaTV プロデューサー 横山祐果

「わからないまま進めて後で周囲に迷惑をかけてしむくらいなら、『わからないので、教えてください』と素直にお願いをします。不必要なプライドよりも、みなさんの力に頼りながらいいものをつくる、それが私にできる唯一のやり方なんです」


AbemaTV 広告本部 本部長 山田 陸

「藤田は『役職が人を育てる』と言います。たしかにその通り。私自身もただの元気だけはある新卒社員でしたが、マネジャーや役員という役職をもらうと、それに見合った人間にならねばと真剣に考えましたから。役職によって育ててもらったことを実感します」


執行役員 マッチングエージェント代表取締役社長 合田武広

「サービスがよくて伸びが見込めさえすれば、資金調達はできるだろうと踏んでいたのですが、甘かった。会社を継続するには運転資金が必要で、そのための手立てをきちんとしなければいけないという事実を、強烈に学びました。会社を閉じるときは、人生が終わったような顔をしていたみたいですね」


執行役員 シロク代表取締役社長 飯塚勇太

「会社というものを眺めてみて感じ取れたのは、ビジョンの大切さ。どんな高さのどういう山にどれくらいの時間をかけてどう登るのか。それらをビジョンによってきちんと指し示すか否かで、社員のモチベーションや活性化具合はまったく変わってくるものだと思います」


執行役員 グローバルビジネス本部 統括 岡田寿代

「これをやりたい! と手を挙げれば、チャンスをもらえる可能性が高いのがサイバーエージェント。私はこれまでそうやって挑戦したいことをやらせてもらってきました。その結果、つらかったり追い込まれることだってありますが、その先には自分の成長という見返りがあるから、ポジティブでいられるんです」


執行役員 クリエイティブ統括室 室長 佐藤洋介

「マネジメントにクリエイティブの理解を深めてもらう働きかけは常にしていますし、逆にクリエイターの側も、マネジメントを理解していなければならない。サイバーエージェントのクリエイティブに統一感があるとしたら、マネジメントのマインドがどんなアウトプットにも浸透しているところに、その要因があるんじゃないでしょうか」


代表取締役社長 藤田 晋

「よく『会社人間』というのはバカにされがちですが、その見方は間違っています。少なくともサイバーエージェントでは『会社人間』的な人こそ伸びていく。そういう意味でもこの会社は、若くて新しいことをやっている会社である一方で、じつは日本の風土に合わせた企業経営をしています」