中村俊輔は何を想い、何を求めて、ボールを蹴り続けるのか?【まとめ】

数々の称号を得て、今も現役を続ける天才レフティ中村俊輔。J1に昇格した横浜FCに所属する彼に、何を想い、何を求めて、ボールを蹴り続けるのか、独占インタビューを行った。短期連載全4回をまとめて公開。  


1.カズさんに接して、自分の決断を肯定できた

Jリーグで二度のMVPを受賞した唯一の選手、それが中村俊輔だ。22歳と35歳での受賞は、当時の最年少記録と最年長記録だった。

1997年のプロデビュー直後から、天才肌のレフティとして所属する横浜F・マリノスだけでなく、日本代表でも活躍。イタリア、スコットランド、スペインと欧州でもプレーし、スコットランド・セルティック時代、欧州チャンピオンズリーグ対マンチェスター・ユナイテッド戦で決めたフリーキックからのゴールは、伝説として語り継がれ、同クラブのレジェンドのひとりとなった。

2010年横浜F・マリノスへ復帰すると、’13年にはキャプテンとして、優勝争いをするチームを牽引している。ハードで泥臭い守備も厭わないその姿からは、ベテランとしてのオーラが漂い、かつての繊細なイメージは消えていた。

そんな中村は2019年、J2の横浜FCに所属した。

クラブ運営に外資のシティグループが参入し、クラブの根幹が変わるなかで、F・マリノスを去り、’17年ジュビロ磐田へ移籍した。相次ぐ怪我と戦いながらも現役続行を決意した中村。41歳となった2019年夏、2部という初めてのカテゴリーでの挑戦を選んだ。

サッカー選手にとっての41歳は、ビジネスパーソンに置き換えれば、定年間近の年齢だろう。選手寿命が延びたと言われる昨今のJリーグでも40代で現役を続ける選手はわずか。

続きはこちら


2.現役引退報道もあったが、奇跡に賭けた!

プロサッカー選手が現役でプレーし続ける時間は、短い。

10代後半でプロデビューをしても、20年弱でそのキャリアを終える選手は少なくない。現在、35歳の長谷部誠はドイツ・フランクフルトで主力として闘っているが、欧州でも稀な事例として注目を集めるほどだ。

かつては30代になれば、引退や戦力外を余儀なくされた時代がJリーグでもあった。しかし、昨今では、遠藤保仁、曽ヶ端準、小野伸二、中村憲剛など40代に差し掛かる現役選手も多い。そんな超ベテラン選手たちを牽引しているのは、横浜FCの三浦知良52歳であることは間違いないだろう。今季開幕時、ジュビロ磐田に所属し、J1最年長選手だった中村俊輔もまた注目を集める存在だった。

しかし、昨シーズンの中村は、リーグ戦16試合にしか出場できず、初めてリーグ戦でゴールを挙げることができなかった。経年劣化が原因とも言える右足首の故障。自身の加齢と向き合う日々を送っていた。

ここ数年、中村俊輔は、右足首に痛みを抱えるようになった。長年プレーするなかで、右足首の骨の間のクッションとなる軟骨が削れ、滑膜が炎症をおこしていた。そして去年手術に踏み切っている。

続きはこちら


3.未来のビジョンは監督。「一番下のカテゴリーから仕事をしていきたい」

現役を引退したあと、指導者になりたいと考える選手は多い。自身が重ねた経験を日本サッカー界へフィードバックさせることが、恩返しになるとも考える。Jリーグ発足後30年あまりの時間が過ぎて、Jリーグを経験した監督が増えてきた。森保一現日本代表監督もそのひとりだ。

現役時代のキャリアは、監督業で活きる場面も確かに多いけれど、同じサッカーに携わる仕事でも選手と監督とでは、必要な能力、知識などが変わる。世界のサッカー界と同様に日本でも、指導者になるためには、ライセンスが必要で、引退後にはライセンス取得のための講習会などを経なければならず、引退即監督というわけにはいかない。選手の年齢に応じたさまざまなカテゴリーで経験を積みながら、監督としての学びが必要性だと中村俊輔は考えている。

もちろん、中村も自身の未来のビジョンに「監督」という仕事を掲げている。さまざまな監督のもとでプレーしながら、監督が選手にかける言葉など、その振る舞いに興味を持ち続けた。監督の手腕は、戦術眼やそれの言語化だけでなく、選手の心を動かす掌握術が重要だと考えているからだろう。そこでは現役時代のカリスマ性が活きることもあれば、現役の経験が役に立たないこともある。

「自分が監督になりたいから、その勉強のために……というわけではないけれど、純粋に監督の言動は気になる。チームメイトにかける言葉にも耳を傾けるというのは、若い頃からずっとやってきたことでもあるんだけれど」

続きはこちら


4.日本代表監督に興味はあるか?

シーズンが終盤になると、全国様々なクラブから、「現役引退」を発表する選手のニュースが聞こえてくる。「引退」を考えたことがあるのか? 今回のインタビューで、繰り返し中村に問うた。すると、「引退させたいの?」と破顔させながら答えた。中村には、「引退」という選択肢は今はまだないようだ。

「カテゴリーがJ2になった時点で、『落ちている』というふうに思う人がいても、それは間違いじゃない。僕自身でそれを実感することも確かにある。まだまだうまくなりたいし、環境が変われば、新しいものを身に着けなくちゃいけない。自分の身体も確実に変わっているからそれに応じたプレー選択も必要になってくる。そういう意味での進化を求めているし、進化しなくちゃいけないと考えている。

同時に、たとえば、若いときにできていたプレーが、今は少なくなっているとも感じる。大袈裟に聞こえるかもしれないけれど、若いころはスタスタ歩けていたのに、高齢になると同じようには歩けない、そういうことが起きている。だから、若いころの自分をおっかけているような感じもある。昔の映像を見て、自分のプレーを脳に植え付けるし。そうしないと身体は動かないから。やりたいことはたくさん増えてきているのに、できないということがあるから」

経験を積めば、選択肢や思考は増える。この場面なら、こういうプレーをすれば効果的だと思っても、身体は思うように反応しない。人間に起きる衰えは、プロアスリートでも生じる現象なのだろう。そういう自分の変化を「衰え」と思い、諦めるのもひとつの選択だ。他人が感じる以上にそれを体感しているのが、選手本人なのだから、悔しさや落胆は大きいに違いない。

「かつての自分と同じようにプレーできなくなったこと」を現役引退の理由に挙げる選手も少なくないだろう。そういう現実を「みじめ」だと思い、周囲に悟られる前に退く決断を下す選手を誰も責めはしない。

続きはこちら