【中田英寿/に・ほ・ん・も・の外伝】ふくどめ小牧場の希少豚「サドルバック」<鹿児島②>

2009年から’15年の約6年半、のべ500日以上をかけて、47都道府県、2000近くの場所を訪れた中田英寿。世界に誇る日本の伝統・文化・農業・ものづくりに触れ、さまざまなものを学んだ中田が、再び旅に出た。

良質な脂身を持つ、日本でここだけの豚

鹿児島空港から車で高速道路を走ること約1時間で大隅半島の鹿屋市に着く。そこからさらに山奥の自然豊かな場所に「ふくどめ小牧場」はある。鹿児島で豚といえば黒豚を連想する人が多いだろうが、ふくどめ小牧場で飼育されているのはサドルバックという品種。日本では唯一ここだけで飼育されている希少豚だ。

「まずは豚舎のほうを見てもらいましょうか」と案内してくれたのは福留俊明さん。家族で営むふくどめ小牧場では飼育、加工、販売、流通全てを一ヵ所で行っており、国家資格「マイスター」を取得している俊明さんの弟・洋一さんがソーセージや生ハムなどの加工を担当している。

案内された豚舎にはいわゆる養豚場の雰囲気は一切なく、サドルバックは放牧に適しているということで、広々とした土地に放たれている。生き生きとしたツートンカラーのサドルバックを見ていると愛らしくも感じる。

「サドルバックは成長が遅いのも特徴で、だからこそじっくり時間をかけて、丁寧に育てることで、より良質な脂身を持った豚に育ってくれるんです」(福留俊明さん)

実際に食べてみると、たしかに脂身が口の中で溶けるよう。

「脂の旨味はしっかり感じますが、サッと溶けてさっぱりとしていますね」(中田英寿)

牧場に併設する棟には販売スペースとカフェがあり、そのショーケースに並ぶハムやベーコンなどの加工品はどれも絶品。特にレバーパテは中田も認めるおいしさ。サドルバックの脂は旨味が強く、キレがある。  

これほど美味しい豚なのになぜ日本では飼育されないのか。手間がかかるというのも理由のひとつだろうが、脂身が少ないものが好まれたり、成長が早くて子どもをたくさん産むことが可能な品種に改良されたり、そういった時代の流れが本当に良い豚肉の形を見失わせているのかもしれない。

しかし、ふくどめ小牧場では量ではなく質の向上を目指している。ここでは、サドルバックとオリジナル品種の幸福豚を飼育しているが、いずれの飼料もオリジナルで配合している。何を与えて、どういうふうに育っているか全てを自分たちで管理しているのだ。

牧場の規模が大きくなるほど、目の届かない部分が必ず出てくる。それだけは絶対に避けたい。そんな思いが牧場名に「小」の字にこめられているのだろう。モットーは「まっすぐ、丁寧に、手間ひまをかけて」。

小さな牧場から広がる幸せの形は、これからの日本の畜産業が目指すべき一つの形が記されているように思えた。 

「に・ほ・ん・も・の」とは
中田英寿が全国を旅して出会った、日本の本物とその作り手を紹介し、多くの人に知ってもらうきっかけをつくるメディア。食・宿・伝統など日本の誇れる文化を、日本語と英語で世界中に発信している。2018年には書籍化され、この本も英語・繁体語に翻訳。さらに簡体語・タイ語版も出版される予定だ。
https://nihonmono.jp/

Composition=出島正登 Photograph=たかはしじゅんいち   

中田英寿
中田英寿
1977年生まれ。日本、ヨーロッパでサッカー選手として活躍。W杯は3大会続出場。2006年に現役引退後は、国内外の旅を続ける。2016年、日本文化のPRを手がける「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」を設立。
気になる方はこちらをチェック