【サイバーエージェント流】仕事の悩み相談まとめ

1998年の創業以来、インターネットに特化した広告事業を展開し、業界最大手に成長したサイバーエージェント。現在は「AbemaTV」をはじめとするメディア事業やゲーム事業などでも、時代に合った有益なサービスを提供している。そんな成長・拡大を続ける日本のIT界を代表する元気な企業、サイバーエージェントのインターネット広告事業部門の若手営業幹部に、多くの企業、管理職が抱える悩みを相談した。  

① 年上メンバーとうまく付き合うには?

2012年にサイバーエージェントに入社し、14年10月に営業局長に。当時は、最速の局長就任でした。その1年後にはサイバーエージェント史上最年少で執行役員に就かせていただきました。入社して3年半で、まだ27歳でした。

執行役員就任には正直驚いたし、ギャップを感じました。当時の僕には、執行役員になるだけの力がないと、自分でわかっていましたから。ではなぜ執行役員に任命されたのか。サイバーエージェントには若手を積極的に抜擢していこうという文化があり、自分はその文化の一つの表れなんだと解釈。現状の力不足は仕方がない。ギャップを埋めるために、「誰よりも努力しなければならないな」と決意しました。

あえて実力に伴わない役職を与え、ギャップを埋めるための努力を引き出す。結果として、若手社員のモチベーションや質が上がり、会社全体にいい影響を与える。これがサイバーエージェントの成長の秘訣だと思います。

続きはこちら

② 周囲と馴染めない人材をどう扱うべき?

サイバーエージェントに入社したのは2001年のことで、新卒2期生でした。当時は毎週誰かが入社しては、入れ替わるように誰かがやめていく。そんなカオスのような状況(笑)。サイバーエージェントの形が固まってきたのは、入社から5~6年目くらいでしたね。

最初の配属はインターネット広告事業の営業でしたが、2012年にサイバーエージェントの全社人事本部に異動。カルチャー推進室 室長、人事システム室 室長、人材科学センター室 室長などを兼任し、子会社のCAMの取締役も。現在はインターネット広告事業本部にて人事本部長と、引き続きCAMの取締役を務めています。人事の仕事をするようになって8年目です。

どこの会社でも同じだと思いますが、人事部には悩みをもった社員からの相談がやって来ます。「やりたい仕事ができず、成果が出せない」「人間関係に悩み、部署を異動したい」「この会社は自分に合わない。辞めたい」「部署の雰囲気が良くない」など、悩みはさまざまです。

続きはこちら

③ スキルが未熟な若手とどうチームを作るのか?

2009年にサイバーエージェントに新卒入社。インターネット広告事業本部にて、人材、メディア、エンタメ、金融など大手広告主企業をアカウントプランナーとして担当。2014年に統括に就任してからは、SEM領域のコンサルタントチームを率いています。

具体的な仕事の内容は、グーグルやヤフーのプラットフォームを活用した運用型広告に関するコンサルティング業務です。運用型広告はインターネット広告市場の中でも最大規模のマーケットゆえ、必然的にクライアントからは大きな広告予算を預かり、予算と比例した大きな成果がシビアに求められます。

加えて運用型広告の特徴として、運用レバーが多岐にわたり日々の広告運用/改善を積み重ねていくことが重要です。クライアントからの期待が大きく、かつ自らのコンサルティング能力によって成果が大きく変わってくるこの領域は、プレッシャーは常にありますが「頑張った分だけ報われる」という点で非常にやりがいのある領域だと思っています。

続きはこちら

④ 部内の雰囲気が悪くてメンバーの士気が上がりません

2006年にサイバーエージェントに入社し、営業としてインターネット広告事業本部大阪支社に配属されました。2013年に西日本事業部統括 兼 大阪支社長に就任。翌年からはサイバーエージェントの執行役員に就き、西日本だけでなく東京本社も含めた広告事業の経営戦略も担当してきました。いまは東京での業務がメインで、週末に家族に会いに関西へ帰るという単身赴任の生活です。

仕事の内容は、広告事業における経営戦略の立案・実行に加え、2019年からは、企業のデジタル販促領域のマーケティング支援を行う専門組織「販促革命センター」の責任者も務めています。今後さらに伸びるデジタル販促市場において、組織としてもよりドライブさせていくためチームビルディングが欠かせません。いいチームをつくるには、何が必要でしょうか。

ラグビーワールドカップ日本代表のスローガン、「ONE TEAM」(ワンチーム)」。これは、メンバーが一致団結し、全員同じ目標に向かって1つになろうという意味です。この「ONE TEAM」の実現に向けて、何よりも大切なのは、ボード陣(経営メンバー)が結束できているかどうか。チームビルディングにおいて、これが全て、と言っても過言ではないと思っています。

続きはこちら

⑤エンジニアや外国人スタッフとの意思疎通が難しい

僕は2008年にサイバーエージェントに中途入社し、インターネット広告事業本部にて営業に従事。現在は営業部門、グローバル部門、オペレーション・テクノロジー部門の統括を務めています。チームには営業はもちろん、スタッフ職やエンジニアもいる。グローバル部門も担当していますので、国籍もさまざま。中国、韓国、台湾、インド、アメリカ……。職種も、人種・国籍も多様なんです。

「エンジニアなどの職人気質の人や外国人とコミュニケーションを取るのはたいへんでしょう」と言われることもあります。でも、困難に感じたことはありません。エンジニアも外国人も同じ人間。人としては、何も変わらないと感じています。

エンジニア職にいえることは、当然ながら営業と彼らとは合理が異なるということ。営業には数値で示される目標がありますから、そこに達するまでの道筋をロジカルに描きやすい。でも、エンジニアは物を生み出すのが仕事。直感的なひらめきも要求されます。

続きはこちら