【シリーズ女性起業家】Create My Life わたしたちが起業を選んだ理由 vol.2

PRの力で5年間で年商を120倍に推移させ、入手まで12カ月待ちの人気商品を育てた実績にとどまらず、PR塾を開講し、自身が養ったPRのノウハウを多くの塾生へレクチャー。そんなIkunoPRのプロデューサー 笹木郁乃さんをナビゲーターに迎えての「シリーズ女性起業家 Create My Life」。今回は、英語コーチや行政PRを手掛ける星名亜紀さんと対談。地方在住&シングルマザーのハンデを乗り越え、孤軍奮闘する星名さんの「今後発信していきたいこと」について語ってもらった。

ハンデを乗り越え、劇的変化を遂げた彼女が見据える未来とは

笹木郁乃さん(以下、笹木) 連載第二回目の今回は、英語コーチ、そしてPR分野でも活躍されている星名亜紀さんをお招きしました。

星名亜紀さん(以下、星名) どうぞよろしくお願いいたします。笹木さん主催のPR塾に参加したのが2017年の9月だから、まだまだPRとしてのキャリアは浅いのですが。本日はどうぞよろしくお願いいたします。

笹木 いえいえ! よく考えてみたら、知り合ってから数えてもたった7ヵ月! 私の知っている塾生の中でも、劇的に進化を遂げているのが星名さんなのです。だから、今回『急成長株』としてご紹介したくて。

星名 ありがとうございます。それでは、まず自己紹介をさせてください。静岡の牧之原市出身で、偶然にも前回の鈴木実歩さんとは高校の同級生です。

笹木 え? ちょっと待って! それは知りませんでした!

星名 そうなんです。鈴木さんは、地元でも「女性起業家」として話題になっていて、私も大いに感化されました。話を戻しまして……、高校卒業後は愛知県立大学の外国語学部でフランス語を勉強しました。大学2年生を終えたタイミングで休学し、カナダへのレイク・ルイーズへ。ワーキングホリデーの後、1年間学生をしました。その頃はスターバックスでアルバイトしながら毎日スノーボードに明け暮れる日々。日本に帰国し、大学を卒業後、ANAのCAとして2年間働きますが、どうしてもニューヨークに住みたいという想いが捨てきれず、2009年に渡米。そこでは「英語を学ぶのではなく、英語で何かを学ぼう」と、ヨガのティーチャートレーニングに通いました。8ヵ月後に帰国し、外資系広告代理店の秘書に。2年後転職してプラダ・ジャパンの受付として勤務します。

笹木 そこで結婚、妊娠、出産となるのですね。

星名 そうなんです。30歳で結婚、31歳で出産したものの、33歳で離婚してしまいました。どうしても働きたい私と、専業主婦を望む夫との意見の食い違いが埋められなくて。私の祖母や母は、昔気質の良妻賢母がモットーの女性。“女性の幸せは結婚出産。少々文句があっても耐えるのが妻の役目”という考えなんです。私のために犠牲になっている母を不憫に感じてもいました。だから、子ども心に「将来はお母さん役だけではなく、自分の人生を生きたい」と漠然と考えるように……。

笹木 起業しようと考えたのはいつ頃ですか? 東京で働いている時から?

星名 離婚してからですね。いざひとりで稼いで子どもを育てなくちゃ、となったとき、どうしても自分だけで子育てすることは難しくて。静岡の実家近くに転居して、そこでBUYMA(世界中の商品を購入できるファッション通販サイト)のバイヤーをしてみるのですが、生真面目な私はついつい24時間対応してしまってどうも効率が悪い。どうしたものかと思っていた時に、1年間、近隣のとある市町村のPR業務をやらせてもらえるチャンスに恵まれました。その頃に笹木さんのyoutubeを観て、「この講座を受けて、もっとPRを勉強したい!」と、名古屋に通い始めたのが2017年9月……。というわけで、この1年間で物事が目まぐるしく動いている気がします。

笹木 最初に星名さんが来たときは、「こんな私でも大丈夫でしょうか……」と消え入るような声で話す姿を見て、正直、大丈夫かなあと思ったもの。でも、心配無用でした。実際、講座での星名さんはとても積極的で、塾生の中でも非常に目立つ存在。プレスリリースを作って、それを地元テレビ局に売り込んでいき、実際に取材してもらえることになったりと、ちゃんと成果も出している。シングルマザーで地方在住、そんなハンデを乗り越えながら、数か月で劇的な変化をみせている星名さんは大したものです。

星名 ありがとうございます。現在の活動は、地元である静岡に拠点を置き、英語コーチとして、オンライン上でマンツーマンのセッションを行うほか、20名規模のTOEIC講座の講師を務めたり、企業のPR動画や、近隣市町村のPR動画を英語で制作することも。英語学習アプリのPR代行も始めました。得意の英語を使って、日本の良さを世界に伝えていくのが今後の目標です。

笹木 星名さんは海外に暮らしていた経験を活かし、英語という強みを使ってダイナミックに活躍できる女性だと思いますよ。今後はどういう目標をもっていきたいとお考えですか?

星名 ひとつは英語コーチとして語学を教えつつも、「英語はコミュニケーションツールのひとつにすぎない。間違えても伝わればいい!」という意識改革を生徒にできたらと思います。ふたつめは女性がもっと自分らしく生き生き働く社会の実現にすこしでも貢献していきたい。自分自身、地方在住のシングルマザーでも、ここまでできたと胸を張れるくらいの成果を積んでいきたいです。最後は、英語のプロモーション動画を通して、日本の魅力を国内外に発信し、海外の方が憧れる日本の地方の魅力を伝えていく手伝いができればと思います。今後は町の魅力だけでなく、ものづくりの現場、伝統文化、着物の着付け方など、さまざまなことをローカルな場所からグローバルに発信していきたいと思っています。

Aki Hoshina
元ANA客室乗務員。その後は、外資系企業にて外国人役員付き秘書、プラダジャパン本社総合受付、自治体関連の団体にて広報担当、CA受験対策講座の企画運営などを経て、独立。現在は、TOEIC980英語コーチ/TCS認定コーチとして活躍する。

Text=三井三奈子 Photograph=大江麻貴


笹木郁乃
笹木郁乃
宮城県出身。ikunoPR代表。「エアウィーヴ」、「バーミキュラ」2社の飛躍にPRで大きく貢献した後、2016年2月に独立。2年で、約600名の経営者・起業家に対して、PRについて直接指導。 日本唯一の「PR塾」主宰。1期〜11期(定員30名)まで毎回満席・キャンセル待ちの人気に。その他、メディアとのアカデミー設立、企業や政府支援団体のPRプロデュースなどに力を入れる。
気になる方はこちらをチェック