【UUUM鎌田社長×城彰二】 会議室でも会食でもない、ラウンドだから話せた成功哲学とは?

いまや、子どもたちの将来の夢ランキングで必ず上位に入るのが、ユーチューバー。数年前までなら、「何それ?」と言われたものだが、もうすっかり職業名として市民権を得ている。2013年、動画クリエイターをマネジメントする会社、UUUM(ウーム)を立ち上げ、現在、時価総額900億円を超える企業へと成長させたのが、社長の鎌田和樹氏だ。じつは鎌田氏、ゴルフが大好きで、UUUM GOLFというYouTubeチャンネルを立ち上げているほど。何より「ゴルフはわずか5時間ほどで、相手の人となりがわかるところが素晴らしい」という。そこで今回、「ゲーテWEB」がオファーしたのが、実際にラウンドしながらの対談連載。記念すべき1人目のゲストとして、日本代表のエースストライカーとして大活躍した、元サッカー選手の城彰二氏をお招きした。【UUUM社長・鎌田和樹×城彰二のゴルフスペシャル対談①】


「10回の会食よりも、1回のゴルフが仕事を円滑にする!」(鎌田)

ーーお二人は今回が初体面で、さらに取材スタッフも見守っていることから、やや緊張した空気のなかでのティーオフとなったが、やはり、その雰囲気を和ませてくれたのは、ゴルフの話題。自然と、プレーを始めたころの話から、対談はスタートしていった。

鎌田和樹氏(以下、鎌田):城さんは、いつごろからゴルフを始められたんですか。

城彰二氏(以下、城):最初にやったのは、ずいぶん前なんですが、3~4年くらい前から、月に3~4ラウンドするようになって、どっぷりとハマっていきましたね。

鎌田:僕もちょうど3年前ですね。あるコンペに呼ばれまして、大丈夫かなと思っていたんですが、案の定、120ぐらい叩いてしまって。情けないなあというところから、ゴルフをちゃんとやろうということで、けっこう真剣に始めました。仕事の面で言えば、やっぱり人間関係をつくるうえで、ゴルフは最高ですね。

城:人が見えますよね、ゴルフって。

鎌田:出ますね。ああ、この人はこういう癖があるんだな、とか。

城:絶対、出ます。おもしろいですよね。飲みに行くよりも、おもしろい。

鎌田:僕も、よく言うんです。「10回の打ち合わせよりも、1回の会食。10回の会食よりも、1回のゴルフ」と。ゴルフをして、その後、打ち合わせとかすると、「あのときのドライバー、飛んでましたね!」とか、そういう話になるじゃないですか。めちゃくちゃ仕事がしやすいんです。「はじめまして」って、ご飯を食べにいっても、なかなか盛り上がらない。

城:話の切り口として、ゴルフから始められますからね。僕も基本的に、食事会が好きじゃないんですよ。お互いに気を遣いますからね。気を遣われるのも嫌だし、自分も気を遣うのが嫌なので。地方に行っても、よく誘われるんですけど、極力、行かないようにしています。でも、なぜだかゴルフだと、すぐ行くんですよね。「行きましょうか!」って。ゴルフなら、そういう壁がなくなっちゃうんです。

鎌田:まったく一緒です。

城:プレーは気を遣わなくていいし、いろんな方と話せるのも、おもしろいですね。食事会になると、よくしゃべるのは隣の人くらいになってしまいますから。しかも、ゴルフはすべて、自分のせいじゃないですか。人のせいにできないから。サッカーは人のせいにできたりするんです(笑)。ボールがちょっとずれた、とか。実際は自分がコントロールミスをしたとしても、ちょっと逃げ道があったりする。だから、サッカー選手もみんな、ゴルフをやったほうがいいと思うんです。もっと違う働きができるんじゃないかな、と。

鎌田:選手同士のコミュニケーション能力もつきそうですよね。城さんは、もう引退されてどれくらいになられますか。

城:31歳のときなので、13年ですね。もう充分やったという感じでした。それに、同じサイクルで生活しているのが、つらく感じてもいたんです。サッカーはずっと周期が同じで、1~2月に合宿をして、そこからシーズンが始まり、試合をこなしてと、同じことの繰り返しです。やっぱり人間って、ずっと同じサイクルで何年もやっていると、新しいものを求めたくなりますよね。だったら、サッカー選手はもういいんじゃないかな、と。

鎌田:僕も、以前は会社に勤めていたわけですが、30歳手前で人生を考えたときに、一生サラリーマンなのもどうか、と思ってしまったんです。そんなときにちょうど、HIKAKINに出会いました。彼からユーチューブのことを聞いて、なんだか面白そうだね、サポートするよ、となって。それで最初は、彼個人の会社のサポートをしていたわけですが、彼のような人間が世の中いっぱいいるということに気づいて、じゃあアーティストのマネジメント会社みたいなものをつくろうかということになって、いまの会社をつくったんです。でももちろん、うまくいくなんて誰も思ってなかったですし、いまのような、「子どもが憧れる職業、ユーチューバー」といったことも、まったく思い描いてはいませんでした。当然それは世の中もそうで、すごく暑い日にいろいろなクライアントさんのところにスーツで行っても、「なんでWEB動画に金を払うんだよ」とか、ボロクソに言われてましたね。

城:そんな時期があったんですか。

鎌田:なかなか理解してもらえないので、ユーチューバーには僕がお金を払って、クライアントさんには、「成功したら次、お願いしますね」と名前だけ使わせてもらったりしていました。そうしていたら、たまたまうまくいったという感じです。最初に会社をつくったときは、15万円の家賃の事務所を借りるだけでも死にそうになっていましたから。チャレンジですね。本当に一歩間違ったら、倒産じゃないですけど、キャッシュが足りなくなったとかいったことは、いっぱいありました。やっと最近になって、ゴルフのユーチューブチャンネル、UUUM GOLFをやったり、ゴルフが好きだって言っていたら、いろんなお誘いをいただけるようになりましたけど。ゴルフが、いろんな人と繋いでくれている感じですね。

城:そう考えるとゴルフってすごいですね。本当に、いろんなものを引き寄せますね。

「現役時代は大きな博打を毎回しているという感じでした」(城氏)

――ホールを重ねるごとに打ち解けて、どんどん進んでいく、お二人の話。そんななかで鎌田氏がすぐに感じ取っていたのが、城氏の人当たりの良さだった。取材スタッフも、“イメージ”とのギャップを思っていたのか、鎌田氏が城氏に投げかける言葉に、みな頷いていた。

鎌田:でも、城さんも大変だったでしょう? たとえば、プロ野球だったら年間130試合くらいありますが、Jリーグは数十試合。しかも、そのなかでフォワードは、少ないチャンスのなかで成果を求められるわけじゃないですか。

城:たぶん、性格に合っていたんでしょうね。外せば叩かれますし、どん底まで落とされます。でも、点を決めたら頂点を取れますし、そういった部分が、僕のなかでとても面白かったといいますか。自分を崖っぷちに追い込み、ギリギリのところまでいって、それで活躍すればすごいなと思っていたんですね。

鎌田:会社の経営も似ているかもしれません。成功した人たちを分析した、『ビジョナリーカンパニー』という有名な本があるんですけれど、それによると、成功した会社は、絶対的に会社が傾きそうなくらいの勝負をしているんだそうです。安定を求めていないんですね。そういう会社は、ものすごい勝負をして勝ち残ったから、いまがあると。安定を求めて、ちょっとずつ上がればいいというのは、そんなにうまくいかなくて、成功する人はみんな、自ずと勝負をしているんだそうです。

城:そういうことがあるんですね。安定を求めるというよりも、現役時代は大きな博打を毎回しているという感じでした。それが、面白かったんです。でも、考えてみれば、そこに懸けられる人たちが、プロのなかでもトップに行けるということなのかもしれないですね。みんな、安定を求めますから。プロにはなるけれど、変なことも言わないですし、コツコツと、これぐらいでいいと。ただ、そういう人は、上には飛び抜けないんでしょうね。

鎌田:でも、今日お会いしたら、年下の僕が言うのもなんですが、年を重ねたというか、大人になられたという感じがします。僕たちはやっぱり、テレビで見ていた若いころの城彰二という人を知っていますから。

城:やんちゃなイメージが強いですからね。実際、現役の頃は、全部のものが自分の手に入ると思っていましたし、自分のやることがすべてまかり通ると思っていました。それくらい、すごくつんけんしていましたし、自分というものを持ちすぎていました。でも、現役を降りた時点で、サッカー選手時代の考えを引きずるというのは、僕のなかではまったくありませんでした。昔の栄光を引きずるのは、逆に恥ずかしいと。それで、社会人1年生として、まず何をやらなければいけないかなと思ったときに出てきたのが、挨拶です。いろいろな人を見ていると、社会人はやっぱり、ちゃんと頭を下げて、「おはようございます」とか、「よろしくお願いします」と言っているなと。そこからでしたね、スタートは。たまたまテレビ局からオファーをいただいて、解説という仕事をすることになりましたが、やっぱり自分は話すことに関しては素人ですから、このままではまずいということで、アナウンス学校に通ったりもしました。でも、現役時代はやんちゃでしたね、本当に。

鎌田:勉強家ですね。

城:いや、知らないことを知りたいだけですよ。サッカーだけの人間になりたくないというか。昔からそうなんですが、サッカーはやるけれど、ほかのいろんなことも知りたいなという好奇心があって。なんだか、現役を退いて、やっと社会人になれたという感じです。

鎌田:それは、テレビの向こう側にはなかなか伝わらない部分ですね。

②に続く

Shoji Jo
1975年北海道生まれ。元サッカー日本代表。‘98年フランスW杯メンバー。2006年、現役引退。’17年、現・北海道十勝スカイアースのスーパーバイザーに就任。’19年、北海道十勝スカイアースの統括ゼネラル・マネージャーに就任。
Kazuki Kamada
1983年東京都生まれ。19歳で大手通信会社入社。多岐にわたる分野で実績をあげ、2011年よりイー・モバイル一次代理店の責任者を務める。その後、HIKAKINとの出会いを経て、2013年、UUUMを立ち上げる。


Text=柴トシユキ Photograph=鈴木規仁