真剣勝負が生む化学反応とキズナ【タモリ×操上和美】

撮影とは魂のぶつかり合い。操上の写真には、写真家と被写体という関係性を超えた特別な想いが写しだされている。

「チェット・ベイカーを凌ぐカッコよさ」

雑誌『SWITCH』(2015年)での表紙写真。チェット・ベイカーはアメリカのジャズミュージシャンであり、伝説的なトランペット奏者だ。「タモリさんは、自分の魅せ方を知っている人。プレゼンテーションが天才的にうまい。だからこの写真も、タモリさんに“カッコよく撮らされた”感じがします」(操上)

A message from タモリ

タモリ
1945年福岡県生まれ。’75年にデビュー後、タレント、司会者として活動。長寿レギュラー番組を複数持ち、2014年に幕を下ろした『笑っていいとも!』ではギネス記録を保持。

Photograph=操上和美