中田英寿も「うまい!」と唸った、加賀棒ほうじ茶の美味しさの秘密とは?

石川県・金沢において昔から親しまれているお茶「加賀棒ほうじ茶」。その美味しさの決め手は「焙煎」だ。加賀の伝統技術でもあるその焙煎技術、そして美味しさついて油谷製茶の三代目・油谷祐仙さんに話を聞いた。

お客さんが「美味しい!」と言って喜ぶ顔が見たい

ほうじ茶は、煎茶や番茶などを焙(ほう)じて作られるため、その香ばしさと軽やかな飲み口が特徴としてある。そのほうじ茶の中でも金沢発祥の「加賀棒ほうじ茶」は、お茶の葉ではなく茎を用いて作られるほうじ茶だ。

「明治の頃まで茎は、お茶の製造工程では捨てられていた部分でした。それをどうにかしてお茶にできないかと生まれたのが『加賀棒ほうじ茶』。当時、高価な煎茶には手を出せない庶民の間で親しまれ、金沢では昔から飲まれてきました。

あまり知られていませんが、実は茎の方が葉より甘みが強く香りも高いんです。茶葉の旨味であるテアニンは根っこから茎を通って葉にたどりつき、そのテアニンは日光に当たると、お茶の渋みでもあるカテキンに変化します。茎は旨味成分のテアニンの通り道であると同時に陽が当たりにくい場所なので葉より旨味が強いというわけです」

そう話すのは油谷製茶の油谷祐仙さん。大正7年から茶葉の製造を行う老舗の三代目だ。

しかし茎を焙煎することはひと筋縄ではいかない。葉より焙煎が難しく高い技術が求められる。そのなかでも、油谷製茶では遠赤外線と直火のW焙煎というさらに高度な製法を用いている。その焙煎技術には、旅をしながらさまざまな日本の伝統工芸、モノづくりを学んでいる中田英寿さんも興味津々だったとか。

「今年の初め頃に、中田さんが見学にいらっしゃいました。W焙煎を行っている釜の中に頭を突っ込む勢いで見ていて、焙煎する温度や速度などについて事細かに質問されました。ひとつのことに没頭するタイプなんだなと思いましたね。そこは私も同じなので、相通じるものを感じています。

焙煎を見ていただいた後は、実際に棒ほうじ茶を試飲していただいました。中田さんはひと口飲んだ後『うまい!』と。そして『今までこんなほうじ茶を飲んだことがない。甘みと香りが違う』と言ってくださいました」

そんな中田さんも絶賛した加賀棒ほうじ茶の美味しさを手軽に味わえるのが、油谷製茶が焙煎を行った茎を使用しているポッカサッポロの「加賀棒ほうじ茶」。しかし、形になるまでは苦難の道だったという。

ポッカサッポロ 加賀棒ほうじ茶 ¥140(希望販売価格)

「最初はうまくいかなくて失敗だらけ。既存の加賀棒ほうじ茶の茶葉を使っても、ペットボトルにすると香りや甘さなどのよさが出ない。なので、一番茶を混ぜてみたり、二番茶を混ぜてみたり、先に焙煎したものを後でブレンドしてみたりと、いろいろなことを試しました。納得がいくものになかなかたどりつかず、結局完成するまで1年以上かかりましたね」

試行錯誤を重ね続けた約1年間。失敗続きでも最後までやり遂げられた理由は美味しい加賀棒ほうじ茶を多くの人に知ってもらいたいという気持ちだけだった。

「商品化の話をいただいた時に、多くの人が美味しいほうじ茶を飲んだことがないという話を聞いて、この加賀棒ほうじ茶の美味しさを届けたいと思いました。その一心ですね。お客さんが『美味しい!』と言って喜ぶ顔が見たかったんです」

そんな油谷さんの想いが詰まった加賀棒ほうじ茶は自動販売機やスーパーマーケットなどで発売中。一度味わえば、その美味しさに「うまい」と唸るはず。

また今、話題の高輪ゲートウェイ駅前特設会場にて開催中の中田英寿さんがディレクションする「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」でも、このポッカサッポロ「加賀棒ほうじ茶」を飲むことが可能だ。訪れた際は、日本酒や予約困難店のシェフによる特別メニューとともにその芳醇な味わいを体験してほしい。

J-WAVE NIHONMONO LOUNGE
開催日時/2020年7月14日(火)~9月6日(日)
開催場所/高輪ゲートウェイ駅前特設会場 Takanawa Gateway Fest ホール C
営業時間/11:00~21:00(20:30 LO)
入場方法/事前にWEBサイトから予約
https://www.j-wave.co.jp/special/tgf/nihonmonolounge/
※コロナウイルス感染症の対策として、ソーシャルディスタンスを保つため、隣の席を空け、約100席に縮小して営業

Text=ゲーテWEB編集部