【星野 源インタビュー】愛される男の"やさしさ観"とは?

星野 源さんは、兎にも角にも多彩な男である。俳優であり、音楽家であり、文筆家。この日はモデルのように服を着こなし、しかも服が最大限に美しく見えるようポーズを考え、カメラの前に立ってくれた。  

「自分を律し、他人の気持ちを想像できることが“やさしさ”」

今回のテーマがファッションから考える“やさしさ”とは何なのか。そこでご自身のファッション観をうかがいたい、と伝えると、

「僕自身、特にファッションに強いこだわりはないんです。でも2019年前半にドームツアーがあり、衣装で着飾るのではなく、ストリート的というか、いつもの“裸一貫”な感じでやろうと考えたんです。そこをめがけて、僕自身の日常着も雑誌の取材でも、敢えてストレスがまったくかからない服を着るようにしていました。今までは日常と仕事を何かで統一することはなかったんですが、ドームに立つという目標にファッションを関連づけ、敢えて実行したという感じでしょうか」

ジャケット ¥300,000、シャツ ¥145,000、タイ ¥22,000、パンツ ¥93,000、シューズ参考商品(すべてディオール/クリスチャン ディオール TEL:0120-02-1947)

具体的にはどんな服なのか?

「ばーんとデカい、マルニのパンツとパーカーやスウェット。身体をまったく締めない服です」

それが昨年の後半から、気持ちに少しずつ変化が生まれた。

「むしろ身体のライン、特に脚のラインが出るスキニーなパンツをはくようにして、今もそれを続けています」

たしかに服は身につけた人の気持ちを変える作用を持つ。いいスーツを着れば自信が生まれ、白いシャツは清々しい気持ちをもたらす。では服でやさしい気持ちになることはあるのだろうか。そう問うと、星野さんは秘密を打ち明けるかのように笑い、「おととしぐらいから、オーソドックスないわゆるパジャマをいろいろ買っているんです。最初、無印良品でパジャマを買ったら、すごく着心地がいいんだと驚いて。いわゆる寝るためだけの服?僕はそれまではずっとジャージとTシャツで寝ていたんですが、パジャマには、心地いい肌触り、汗を吸う素材と、寝るための機能がいろいろ備わっているんです。それを実感してから、集めるのも楽しいし、着るのも楽しみになりました。柄とかデザインではなく、いろんな色を集めています。今、気に入っているのは、からし色のパジャマですね」

風呂上がりの身体をパジャマに包むと、それまで張り詰めていた緊張がふっとオフになる。自分の仕事を「全力で真剣に遊ぶこと」と言う星野さんにとって、心を解き放つやさしい服なのだろう。

2年半ぶりにタッグを組む綾野 剛さんとともに『MIU404』の撮影中。星野さんは警視庁機動捜査隊の刑事を演じている。

「今までの僕は、やさしい人、いい人、かつコミュニケーションが下手な人っていう役が多かった。でも脚本の野木亜紀子さんが『いい人じゃない、星野 源が見たい』と言ってくれて(笑)。仕事にまじめなあまり、厳しく、妙に冷たいところがある志摩一未という男は、全然やさしい人ではないですね(笑)」

そんな星野さん自身が感じる、人のやさしさとは?

「年齢を重ね、キャリアを重ねると、周りがどうしても意見を言いづらくなり、結果、裸の王様になる人もいる。そこに気づけるかどうかは、若い頃にちゃんと怒られた経験があるかどうかだと思う。僕自身を怒ってくれた人はすごく大事だし、その時には『くそー』と思った記憶がありますが、のちのちあれがなかったら、今、俺はどうなったんだろうと思うことも多くて。そういう経験があればこそ、自分を律せるし、人の気持ちが想像できるんじゃないかな。だから怒るべき時に怒ってくれた人は、振り返るとやさしい人だったんだなと思います」

そう気づけた星野 源さんこそ、やさしい人。だから、こんなにも愛される存在なのだろう。

ブルゾン ¥660,000、セーター ¥125,000、パンツ ¥93,000、シューズ ¥110,000(すべてディオール/クリスチャン ディオール TEL:0120-02-1947)

GEN HOSHINO
1981年生まれ。俳優、音楽家、文筆家など多方面で活動。2016年にリリースしたシングル「恋」は、自身も出演した『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌として社会現象とも呼べる大ヒットを記録した。俳優として、TBSドラマ『コウノドリ』、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺ばなし~』など数多くの作品に出演。綾野 剛とともに主演を務めるドラマ『MIU404』(TBS系・毎週金曜22:00~22:54)は近日スタート。

Direction=島田 明 Text=今井 恵 Photograph=岡本充男 Styling=TEPPEI〈服〉、久保コウヘイ〈プロップ〉 Hair&Make-up=竹内未夢