編集長、オーデマ ピゲの工房に潜入! AUDEMARS PIGUET とアートを巡る旅3


編集長ニホンヤナギの熱狂探訪(3)
?仕事が楽しければ、人生も愉しい!?

アートバーゼルを鑑賞後、今度は、オーデマ ピゲの本社や工房がある、ル・ブラッシェへ車で移動!スイスとフランスの国境地帯に位置する町だ。

途中、山あいにあるスイス料理のレストランで夕食(クロック・ムッシュに似たスイス料理クルート!)をいただき、この日の宿「 Hotel des Horlogers 」(時計師ホテル)へチェックイン。

オーデマ ピゲが運営しているホテルなのだが、ジュウ渓谷周辺の会社にもオープンになっており、世界各国から集まる、我々のようなメディアやオーデマ ピゲのビジネスパートナーが数多く宿泊している。(私は三度目の宿泊!)

なんと、オーデマ ピゲの本社まで歩いて1分!という立地。今夏から改装するそうで、どんな風に仕上がるのか楽しみです。

翌朝は、オーデマ ピゲ・ミュージアム(※一般には非公開)から取材スタート。名品「ロイヤルオーク」の初期設計図、顧客台帳、などを見せていただく。

ここの三階には、2人の修復職人が働いており、世界各国からあらゆる年代の修理依頼品が届くという。金庫に保存してあるパーツの数に、圧倒されます。


二本柳陵介
二本柳陵介
雑誌「ゲーテ」、ゴルフ雑誌「GREEN GORA」、会員誌「ACCORDIA」編集長。長谷部誠「心を整える。」(累計150万部)、桑田真澄「心の野球」など、書籍も担当。ツイッターとインスタグラムはyanaginihon。ゴルフに悪戦苦闘中。
気になる方はこちらをチェック