【野性爆弾くっきー!】"唯一認める後輩"と"仕切りの天才”

"異色の芸人"としてブレイク中のくっきー!と天竺鼠 川原、“仕切りの天才”といわれる2丁拳銃 修士が新ユニット「チャンネル」を結成。「チャンネル~旗揚げ公演ネタ7本~」と題したライブを、11月26日に東京国際フォーラムホールC、12月5日に大阪・なんばグランド花月で開催する。チャンネル結成の経緯や今後の活動、将来の野望を3人が語った。 


目先のファンよりテレビ局。それってマジ?

くっきー! チャンネルの結成は、僕が「川原と一緒になんかやりたい」と思ったことがきっかけ。川原は天才なんですよ。天才的なアーティスト肌で、僕が唯一認めている後輩。でも、僕と川原じゃあ、収拾がつかなくなるのは目に見えているでしょ。それで、僕らの知り合いで、ツッコミうまい人、誰かいないかって考えていたら、修士さんしかおらへんな、と。修士さんは吉本でベスト3に入る「仕切りの天才」だから。

2丁拳銃 修士(以下、修士) ほんまかいな。

くっきー! 修士さんとは大阪時代からの付き合いで、その天才ぶりをずっと目の当たりにしてきた。

修士 そんなに言うと、逆に信憑性ないから。まあ、この3人でチャンネルを組むことになって、役割分担は自然に見えた。くっきー!がボケて、川原がボケて、僕はツッコんで回すと。

くっきー! そんな流れで1年くらい前にチャンネルができたんだけど、精力的に働かないやつの集まりなんで、いま、困っている。公演まであと2ヵ月、いまだネタは誰が作るのかっていうところで悩んでいる。

修士 おい、もうチラシでも「旗揚げ公演ネタ7本」やるって、うたっているから。川原も、何か言えよ。

天竺鼠 川原(以下、川原) 僕は公演には出ないので…。

修士 いやいや、出ますから(笑)。チャンネルのひとりだから。

(左から)くっきー!×2丁拳銃 修士×天竺鼠 川原

くっきー! ネタはこれから仕上げていくとして、コンセプトはしっかりできている。「ファンには受けなくてもいいネタをやっていこう」と。

修士 マジ? ファンを大切にしようよ(笑)。

くっきー! チャンネルのそもそものコンセプトは、「目先のファンよりも、その奥にいるテレビ局を大切にしよう」。会場にはテレビ局の関係者に来てもらって、「うちの番組でチャンネルを使ってみようか」と思わせたい。いわば、テレビ局へのプレゼンテーション。

修士 僕は来てくれたファンを喜ばせたい(笑)。

くっきー! わかってへんなあ。テレビ局にアピールすることで、さらにその先にいるファンも幸せにできるんだよ。

修士 深いなあ。でも、まどろっこしくて、わかりにくい。川原はチャンネルでどんなことをやりたいの?

川原 親も知らない一面を見せたい。

修士 まあ、いいや(笑)。でも、このチャンネルは、僕個人としてもとても楽しみ。コンビを長く続けていると、どうしても型が決まってきてしまう。一語一句、しゃべることが計算され尽くされているような。

くっきー! そう。台本通りのような感じになるんですよ。だから、チャンネルは、練習しない。毎日会って、練習なんかすると、ダメになる。

修士 いや、練習しようよ(笑)。チャンネルの旗揚げ公演、会場がでかいんだよ。

川原 どこでやるの?

修士 東京は有楽町の東京国際フォーラムホールC。大阪はなんばグランド花月。どちらも1000人以上入る。収容300人の新宿ルミネと比べると、ステージもかなり広い。

川原 オペラグラスが必要です。

修士 そこまでではないから。それと、いまの段階では言っちゃいけないんだけど、スペシャルなゲストも登場するかもしれません。

くっきー! ああ、嵐のメンバーね。

修士 出ません、出ません。来てくれたら、うれしいけどね。

川原 実は、浦和レッズのメンバーです。

修士 どう反応したらいいか、困るだろ(笑)。まあ、それもないよな。本当はアベンジャーズです。オレまで、言っちゃったよ。

くっきー! 真面目な話をすると、チャンネルは今回だけの公演で終わらせたくない。定期的に公演をやりたいし、テレビ番組ももちたい。オレはチャンネルに賭ける。もう、野性爆弾でも、ピンでも、テレビに出ない。

修士 本当に? 言ったことに責任持てよ。

くっきー! そこまで決意しているってことを、表したかっただけだよ。もっと頭使って、理解しろよ!

川原 チャンネルは、海外公演も視野に入れています。

くっきー! 海外、いいねえ。そしてチャンネルはハリウッド映画に出る。

川原 その映画はサイレント系に落ち着きます。

修士 わけわかんないけど、チャンネル結成のように新しいことをやると、若い頃の感覚が蘇るよね。いま、オレとくっきー!が40代半ば、川原が39歳。守るものができて、どうしても守りに入ってしまう。

くっきー! やりたいことをやってやろうという気持ちより、責任というものを考える。でも、チャンネルではその責任をすべて捨てる。

修士 いや、捨てきれません。オレは家族と平和に暮らしたいもの。

くっきー! 川原は守るものないから、いいよな。

川原 病気をしている猫ちゃん2匹に、やわらかいごはんを買ってあげたい。

修士 ともかく、オレは守りに入っているなと感じていたところに、くっきー!から「チャンネルをやりましょう」と誘われて、本当にうれしかった。久々に未知の世界に挑める感じ。

くっきー! 「キングオブコント」とか、コンテスト番組とは無縁のところで勝負したい、「審査には値しない」といわれるような、超越したものに挑みたい。

修士 いいねえ。

くっきー! チャンネルには運命的な出会いを感じている。川原はすごい脳みその持ち主。最初に見た時、エディ・マーフィを初めて見たとき以来の衝撃を受けた。修士さんは大阪時代からバチバチのツッコミを見て、いつかは一緒に大きな仕事をしたいと思っていた。チャンネルで公演ができるのは、僕にとって運命ですよ。

川原 チャンネルは「運命」という名前に変わりました。

修士 変わりません。チケット、絶賛発売中です!

チャンネル~旗揚げ公演ネタ7本~
出演:野性爆弾くっきー!、2丁拳銃修士、天竺鼠川原
【東京公演】
日時:2019年11月26日(火)18:00開場 19:00開演
会場:東京・東京国際フォーラム ホールC
料金:前売3500円、当日4000円
【大阪公演】
日時:2019年12月5日(木)19:10開場 19:30開演
会場:大阪・なんばグランド花月
料金:前売3500円、当日4000円

◆チケットよしもと
【Yコード:999010】 0570-550-100
24時間受付/年中無休(お問合わせは10:00〜19:00)
・オペレーター対応予約専用ダイヤル ℡ 0570-041-356(10:00~18:00)
・WEB⇒こちら


Text=川岸 徹 Photograph=鈴木規仁