図太く、したたかに戦え 球道 即(すなわち)仕事道 宮本慎也


図太く、したたかに戦え

3連覇を目指したWBCは残念ながら準決勝敗退で終わってしまったが、要因分析はさておき、僕はひとつだけ伝えておきたいことがある。それは、日の丸をつけて戦うことの重圧がいかに凄まじいものか、ということだ。
 僕自身、五輪でもWBCでも日本代表を経験しているし、その重圧を味わったひとりでもあるわけだが、今もよく覚えている光景がある。アテネ五輪の予選の時、あの長嶋茂雄監督が声をからしていたのだ。あれだけの人でも強烈なプレッシャーを感じてしまう。日の丸をつけるというのは、そういうことなのである。
 そして、かつてはなかった各チームの主力級によるチーム構成は、プロ野球を少し変えたかもしれない。合宿をして練習に励み、苦しい戦いを続けていると、仲間としての連帯感は出るし、個人的に仲良くなってしまったりもする。
 だが、代表を離れれば、戦わねばならない敵なのだ。もちろん、例えばピッチャーが、仲良くなったからとインコースを投げづらくなったりしては本末転倒。だが、個人的にはそういうことも十分に起こりうることだと思う。
 だから、若い選手には、他チームのピッチャーとは積極的に食事に行け、と言っている。もしかしたら、親しくなることで投げにくくなるかもしれない。プロは結果で勝負する。このくらいしたたかでなければいけないと思うのだ。

一方でピッチャーには、敵の野手とは食事に行くなと言っている。逆のことが起きるかもしれないからである。もちろんピッチャー同士で食事に行ったりするぶんには、まったく問題はない。
 その意味では、交流があろうがなかろうが、プレーにまったく影響しない選手こそプロ中のプロ、といえるだろう。かつて巨人でプレーしていた上原浩治投手(現レッドソックス)は日本代表で長く一緒に過ごした仲だったが、その点でさすがだった。
 ある時、僕はスクイズのサインにバットが出るのが少し早まってしまった。スクイズだ、と見抜いた上原は、すかさず頭のあたりに厳しいボールを投げこんできたのだ。かろうじてファウルで逃げたが、正直ハッとさせられた。
 その後、話をする機会があって、僕は冗談っぽく言った。
「万が一のことがあったら、子供の面倒を見てもらうからな」
 するとこう返ってきた。
「大丈夫ですよ、フォークやから」
 ストレートほどのスピードは出ないから大丈夫だというのである。やっぱりいいピッチャーだなぁと改めて思った。メジャーに渡ったのは、その後のことだ。
 そういえば、最近は乱闘が少なくなったといわれる。乱闘の善し悪しは別にして、一触即発も恐れない大胆なプレーこそプロ野球の真骨頂。親しくなろうがなるまいが、それは忘れてはならない。

一方でピッチャーには、敵の野手とは食事に行くなと言っている。逆のことが起きるかもしれないからである。もちろんピッチャー同士で食事に行ったりするぶんには、まったく問題はない。
 その意味では、交流があろうがなかろうが、プレーにまったく影響しない選手こそプロ中のプロ、といえるだろう。かつて巨人でプレーしていた上原浩治投手(現レッドソックス)は日本代表で長く一緒に過ごした仲だったが、その点でさすがだった。
 ある時、僕はスクイズのサインにバットが出るのが少し早まってしまった。スクイズだ、と見抜いた上原は、すかさず頭のあたりに厳しいボールを投げこんできたのだ。かろうじてファウルで逃げたが、正直ハッとさせられた。
 その後、話をする機会があって、僕は冗談っぽく言った。
「万が一のことがあったら、子供の面倒を見てもらうからな」
 するとこう返ってきた。
「大丈夫ですよ、フォークやから」
 ストレートほどのスピードは出ないから大丈夫だというのである。やっぱりいいピッチャーだなぁと改めて思った。メジャーに渡ったのは、その後のことだ。
 そういえば、最近は乱闘が少なくなったといわれる。乱闘の善し悪しは別にして、一触即発も恐れない大胆なプレーこそプロ野球の真骨頂。親しくなろうがなるまいが、それは忘れてはならない。

Composition=上阪 徹 Illustration=きたざわけんじ
*本記事の内容は13年4月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい