人としての懐の深さ 球道 即(すなわち)仕事道 宮本慎也


人としての懐の深さ

2013年のプロ野球は、僕にとって現役最後の年となった。いいニュース、嬉しいニュースもたくさんあったけれど、残念なニュースもあった。そのひとつが、統一球問題だった。ボールが前の年と変わっていたことが、実際にプレイをする選手には知らされていなかったのである。
 球界全体が混乱するなかで、その責任者たるコミッショナーがシーズン半ばで退任。スポーツ紙にコメントを求められた僕は、まだ自分のなかでもやもやとしていたこともあって、よくわからないという締め方をしつつも、「どうして、シーズン途中のこの時期に辞めるのか」というニュアンスも加えて話した。
 ハッとさせられたのは、翌日の新聞を見た時だった。並んでコメントをしていたのが、今シーズンのセ・リーグを制した巨人の原辰徳監督。監督はこんな趣旨のことを言っていた。
「コミッショナーは個人的にも人間として大変、勉強になった人。WBCでも世界一を取るまで侍ジャパンの団長として戦い、応援してくださった。野球が世界で戦うグローバルスポーツになったうえで、統一球を取り入れたことは大きな功績であり、英断だった……」
 原監督はなんと懐が深い人なんだろう、と思った。大きな影響を受けた可能性があるのに、悪口ひとつ、言っていないのだ。コメントの真意は、こういうことなのではないかと思った。もう辞めていくんだから、お疲れさまでした、と送りだしてあげるべきじゃないか、と。

僕は大いに反省した。どうして、そういうコメントをすることができなかったのか。もう終わったことで、仕方のないことなのだ。ゴチャゴチャ言ったところで、何も始まらない。選手会が求めていた、退任が決断されたのだ。そうしたのだから、もういいじゃないか、と言えるくらいの器量を、やっぱり持たなければいけないと思った。同時に監督というのは、それくらい大きな存在でなければいけないのだ、と学んだ。
 一方、パ・リーグを制し、球団創設9年目で日本一になった楽天を率いていたのが、星野仙一監督だった。僕はオリンピックの日本代表でもご一緒させていただいている。実際にどんな監督ぶりを発揮されていたのかは、チームの中に入ってみないとわからないことだが、外から見ていてわかることもある。
 例えば、自分のチームの弱点をしっかりと把握して補強に取り組み、チームづくりをしたことだ。もちろんお金がかかることだが、お金さえあればいいわけではない。戦略的に選手が選ばれているか、が重要なのだ。4番のジョーンズは、前年の楽天に少なかったフォアボールをよく取る選手だった。課題を明確にして補強をしていたのだ。しかも、フロントと一体となって。
 将来的には監督に興味がある。引退した今は、数多くのことを吸収していきたい。

Composition=上阪 徹 Illustration=きたざわけんじ
*本記事の内容は13年12月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい