全日本スキー連盟常務理事・皆川賢太郎が語った連盟の大きな課題と現実的な夢とは?

1998年の長野から2010年のバンクーバーまで4大会連続冬季五輪出場を果たすなど、日本のアルペンスキー界を牽引してきた皆川賢太郎氏。37歳で現役を引退し、現在は全日本スキー連盟(SAJ)常務理事として、組織改革に臨んでいる。ウインタースポーツを盛り上げ、強い選手を輩出するためには何が必要か? 皆川氏が3回にわたって語った。


①世界チャンピオンでも日本では稼げない理由

元アルペンスキー日本代表の皆川賢太郎。アルペンスキーの競技生活は37歳でやめ、現在は常務理事という立場で、全日本スキー連盟(SAJ)の仕事に携わっている。連盟の運営や戦略立案、マーケティング、協賛金集めなどが主な仕事。競技本部長も兼任。第1回では、日本人のスキーヤーがたとえ世界チャンピオンになっても稼げない理由などを語った。

詳細はこちら


②インバウント客の受け入れ態勢づくりが急務な理由

20~30年の間で、数多くの海外のスキーリゾートを巡った皆川氏だが、「日本ほど雪資源に恵まれた国はありません」と言う。インバウンド客の増加は、ウインタースポーツの明るい未来といえるが、まだまだ課題は多いという。第2回は、産業としてのウインタースポーツのあり方を聞いた。

詳細はこちら


③理想は大相撲。僕がスキー界の"国技館"をつくりたい理由

皆川氏の理想とするスポーツ団体は、日本相撲協会。大相撲は1年間に6場所という限られた興行数の中できっちりと収益モデルを確立しているからだ。スキーやスノーボードなどのウインタースポーツも、雪がある限られた季節にしかできないという点で、大相撲との共通点は多いが、現状ではウインタースポーツは大相撲にまったく及んでいないという。最終回では「スノードーム」「札幌オリンピック招致」をキーワードに話を聞いた。

詳細はこちら


Kentaro Minagawa
1977年、新潟県生まれ。日本体育大学在学中の'98年にアルペンスキー日本代表として長野冬季五輪出場。2006年トリノ五輪で4位入賞。'10年のバンクーバー大会まで4大会連続で冬季五輪に出場する。'14年に現役を引退し、'15年に全日本スキー連盟の理事、'16年に常務理事に就任。