時代による価値観のズレ 球道 即(すなわち)仕事道 宮本慎也


時代による価値観のズレ

時代は変わってしまったんだな、と改めて思った印象的な出来事がある。選手と奥さんとの関係だ。ある時、びっくりしたのだが、あるレギュラー級の選手はシーズン中、早朝に家族のゴミを出し、子供を散歩に連れて行き、家の掃除をしてから練習に来ていた。引っ越しをした時は、業者に任せることなく、ほとんど自分で荷造りをしたのだという。耳をうたがった。
「奥さんにとっては最高のダンナやな」と僕は声をかけた。お金を持って帰ってきて、家を建ててもらって、さらに家事までやってくれる。ただ、勘違いをしてもらうわけにはいかなかった。それを聞いたのは、チームが優勝争いをしている時だった。ナイターが終わったあとだと、家に帰って寝るのは深夜になるはずだ。体調を整えるためにも、睡眠だけはしっかり取ってもらわないといけなかった。
「頼むからゴミ出しは奥さんに任せて、昼までしっかり眠ってくれ」と僕は言った。彼は、「えっ」とびっくりした顔をしていた。だが、その選手のワンプレーで勝負が決まることもあるのだ。チームメイトやファンのためにも野球だけに集中してほしかった。野球ができるのは、せいぜい40歳くらいまで。それまでは優先順位を野球第一にしてもらわないといけない。

こうも言った。
「頼むから、洗い物だけはやめてくれ。万が一、指を切ったらどうするんだ」。
 実際、台所の包丁でケガをしてキャンプに間に合わなかった若いピッチャーがいた。僕が叱ると、「今の時代の男は台所に立たないとダメなんですよ」という言葉が返ってきた。しかし、だからチームに迷惑をかけていいということにはならない。
 すべてを奥さんにやってもらえ、と言うつもりは全くなかった。上の世代の価値観を頭ごなしに押しつけても何も変わっていかない。家事を手伝いたければ、できるところで手伝えばいい。時代の変化に合わせ、必要な行動は受け入れた。
 昔の価値観で今を否定する気もない。その時代、その時代に合った、やり方があるのだということだ。今後、指導者になるにあたり、それをしっかり理解して、選手たちと向き合わなければと考えている。これからの時代に合ったベストの指導は何か。それを常に模索していきたいと思っている。

Composition=上阪 徹 Illustration=きたざわけんじ
*本記事の内容は14年2月取材のものに基づきます。価格、商品の有無などは時期により異なりますので予めご了承下さい。
14年4月以降の記事では原則、税抜き価格を掲載しています。(14年3月以前は原則、税込み価格)