亡くなった藤川社長の夢を継ぐ。GM就任はゼロからのスタートだった【GM城彰二物語②】

信頼する先輩であり、前任者でもあった藤川孝幸の死をきっかけに、2019年、城彰二は、突然北海道十勝スカイアースの統括ゼネラル・マネージャーに就任した。所属はまだ、社会人リーグ。スタジアムはもちろん、決まった練習場さえもない。スポンサーヘの営業、自治体との連係、クラブ運営など、すべてを行わなければいけない。北海道室蘭市で生まれ、中学1年まで過ごした城の目標。それは、北海道にJリーグクラブを作ること。連載【GM城彰二物語】、第2回。

連載【GM城彰二物語】1回目の記事はこちら

「すべてをいったん表に出そう。書類はすべてこの箱に入れて、あとから整理するしかないね」

北海道十勝スカイアースの統括ゼネラル・マネージャ―(以下統括GM)としての初仕事は、事務所の大掃除だった。

十勝スカイアースの「Jリーグ加盟」を目標に掲げて、走り続けていた前社長の藤川孝幸さん(元川崎ヴェルディGK)が他界されたあとも、藤川さんの夢は途切れることはなかった。運営主体のリーフラスとも話し合い、クラブの社長は地元の人間に任せ、僕は統括ゼネラル・マネージャ―として、チーム運営だけでなく、クラブ運営にも関わることになった。

僕の統括GM就任発表は2019年3月だが、その仕事は2018年末から始まった。

全権委任していた藤川さんが突然病に倒れたこともあり、引き継ぎも十分とは言えない状況で、ある意味ではゼロ、もしくはマイナスからのスタートだった。事務所内の設備も不十分で、散らかった部屋を片付け、整理した書類を管理する棚も購入した。

そして、スポンサー企業への挨拶まわりだ。幸い現在の十勝地域では、農畜産業が栄え、インバウンド効果もあり、地元経済は好況の様相を示している。規模が大きくはなくとも、良品を生産することで、全国的に高い評価を得ている会社が少なくない。その利益を地域に還元するうえで、十勝スカイアースの存在が有益だと期待を寄せてくれる。それは藤川さんの功績であり、彼亡きあとも継続した支援を約束してくれた。

その結果、社会人リーグとしては過不足ない予算を確保することができている。しかし、Jリーグ加盟を実現化させるには、十分とは言えないのも事実だ。J3の下のカテゴリーであるJFLに昇格した場合、今の倍以上の予算が必要になるのだから、基盤を固めつつ、新たな試みも模索しなければならない。

社会人リーグの試合は観戦無料。チケット収入がないため、スポンサー料がないと動けない。まずは、いくら必要なのかを算出した。練習場の賃料、ユニフォームなどの備品代、ホーム試合開催時の運営費、アウェイ戦の移動費、広告費、事務所や常駐スタッフの給料などの固定費……など、支出は多岐に渡る。

このときに考えたのは選手ファーストという考え方だった。

昨季までアウェイ戦へは、選手たちが相乗りして、自家用車を運転し試合会場へ移動していた。社会人リーグでは午前10時キックオフという試合も多い。一番遠い札幌へは来るまで2時間半ほどかかる。夜明けに出発し、運転し、試合に挑むには、負担は大きいし、試合後に運転して帰宅するのは、危険もある。このときクラブは高速代くらいしか保証していなかった。もちろん保険も選手個々人のものだ。

怪我をしても選手たち自身が治療費を支払い、リハビリも選手任せだった。

社会人リーグ、アマチュアチームならば、当然なのかもしれないが、十勝スカイアースはJリーグ入りを目指している。ならば、できる限り、プロに近い環境を整えて、選手たちがサッカーに集中できるようにしなければならない。

クラブとしての保険の見直しをし、アウェイへの移動も十勝バスにお願いし、安価でバスを出してもらえるようにした。

そして、勝利給も設定。選手の多くはアマチュア選手で、クラブから給料は支払われていない。けれど、勝利に力を尽くしてくれた選手に報いるため、ボーナスを用意することは、その金額にかかわらず大切だと思ったからだ。

結局、ピッチで戦うのは選手自身だ。彼らが力を発揮できる環境を整え、モチベーションを高める仕組みを作ることが、僕ら裏方の人間に課せられた責務だと考えている。

「いくら僕らが支えようとしても、君たち選手がやってくれないと結果は生まれない。そのための選手ファーストだし、選手が一番なんだ」

シーズン最初のミーティングで僕は選手たちにそう話した。

選手ファーストだからこそ、印刷物を作るのにも予算が足りないという現実もあるが、そこは僕ら裏方の創意工夫や汗をかくことで、解決すればいい。

続く

Shoji Jo
1975年北海道室蘭市生まれ。元サッカー日本代表。‘98年フランスW杯メンバー。2006年、現役引退。’17年、現・北海道十勝スカイアースのスーパーバイザー、’19年、北海道十勝スカイアースの統括ゼネラル・マネージャーに就任。


Text=寺野典子 Photograph=杉田裕一