【特集サイバーエージェント】急成長し続ける理由は、社員がみんな「素直でいいヤツ」

藤田 晋率いるサイバーエージェントは今年で創業20年。いまや社員数4500人以上、IT業界のリーディング企業だ。サイバーエージェントとはどんな会社か――という問いに対し、多くの人が「人材」の会社だと答える。そこでサイバーエージェントで活躍するキーパーソン8人にインタビュー。第1回目は取締役で、ネット業界では人事のスペシャリストとして有名な曽山哲人さん。サイバーエージェントの強さとは何なのか――。


挑戦と安心を保証

ブログサービスやインターネット広告でその名を世に広めたかと思えば、あるときから事業の中心をスマホにシフト。ゲーム分野で数々のヒットを飛ばし、インターネットテレビにもいち早く取り組み始め……。

他を圧するスピード感で業態やサービスを変化させてきたサイバーエージェントだが、頑として変えないポイントも確固としてある。

インターネットの世界を舞台にすること。そして、人事を何より大切に考えることである。

「人事に力を入れるというのは、社長の藤田が創業以来言い続けてきたことです。人事としても採用・育成・活性化・適材適所に力を入れてますが、とりわけ採用こそ肝になる。これが会社全体の共通認識です」

人事を管轄する曽山哲人取締役がそう話す。

「気の合う人と、気持ちよく働きたい。皆、ふつうに思いますよね。そうでないと、人間関係の修復・構築に気持ちを奪われてしまいます。誰もが仕事に全力で向かえる状態であることが会社にとって何より大切なので、そのためには採用において『合う人』を全力で探さなければいけません」

なるほど、だが、それは「言うは易し」では? どうやって組織に合う人材を見つけ出し、選んでいるのか。

「私たちは採用方針をひとつの言葉に集約させています。それが『素直でいいヤツ』。これは『一緒に働きたいか人かどうか?』という問いを、言い換えたものなんですけどね。採用面接を担当する社員にも、迷ったら一緒に働きたいかどうかで判断してほしいと伝えています。

そんな大雑把な言葉だけを基準にしていいのかと思われるかもしれませんが、まったく問題ありません。シンプルな方針を貫いてきた結果、いま会社には素直でいいヤツがたくさんいて、皆が一所懸命に働いています。仕事をがんばること、仕事で夢を見ることを誰もバカにしない、そんなカルチャーができあがっているんです。組織にとって、それは何にも代え難い財産だと思っています。

もちろん仕事だけひたすらハードということじゃなくて、皆に公私ともに充実していてほしいと心から願っています。プライベートも存分に楽しんでもらって、仕事では『21世紀を代表する会社を創る』というサイバーエージェントのビジョンに共感しながら、全力で取り組んでもらえたら最高です」

自身は創業から1年経ったころに入社した。6年間営業を担当したのちに、人事の担当者となった。

「そのころ経営陣が会社の企業文化の土台となる決定をしたのです。それが『長く働く人を奨励する会社にしよう』というもので、新卒採用を強化したり、人事制度を整えたりしました。そして営業部門で育成などに携わっていたことを買われて、人事の責任者に任命されました。

もともとその分野への関心は強くありました。大学時代にラクロス部のキャプテンをしていて、チームビルディングのおもしろさを知ったんです。

責任者として、どう人事制度を設計するか。ヒアリングしてみると、『こんな仕事をしたいから挑戦させてほしい』『もっと抜擢してほしい』といった声が多く出ました。同時に、将来がはっきり見えないと困るといった不安も聞かれた。挑戦と安心はセットで考えなければいけないと気づき、これをポリシーとしました。

たしかに、挑戦はできても失敗すれば居場所がなくなったり、給料が削られたりするようでは不安でやっていられませんよね。挑戦したい人には機会を与え、抜擢もする。その結果次第で立場が危うくなるようなことはなく、チャンスは何度でも誰にでも開かれている環境をつくる。この両立を徹底させていきました」

サイバーエージェントが変化を旨とし、次々と新しいことを手がけられるのは、こうした組織設計に支えられているのだ。

「挑戦と安心をセットで保証し、やる気を引き出すことができれば、仕事の成果だって大きく変わってきます。人のやる気を失わせるのは、とても簡単なことです。やっていることを否定してしまえばいいんですから。逆もまた然り。安心して働ける環境で、前向きな感情を生み出すような仕掛けができれば、社員のパフォーマンスは100から150くらいにあっという間に上がったりするものです」

「いいヤツ」を集めて、いい空気を維持する。それで組織は健全に維持されるということか。

「基本的にはそうです。皆がやりがいをもって楽しそうに仕事していて、その部署の業績が伸びていれば、問題はありません。藤田は、ポジティブな人がマジョリティであることが大事とよく話しています。そうしておけば組織は必ずいい方向へ進むからと。ポジティブな人とは、感謝を他者にちゃんと伝えられて、他者に貢献しようという気持ちをいつも忘れない人のことです。

結局これも、『いいヤツ』と同義ということになりますね」


Tetsuhito Soyama
1974年生まれ。伊勢丹に新卒で入社し、'99年、サイバーエージェントに入社。ネット広告事業部門の営業統括を経て、2005年人事本部長に就任。 現在は取締役人事統括として、採用・育成・活性化・適材適所に取り組む。著書に『強みを活かす』『最強のNo.2』『クリエイティブ人事』など。人事担当者向けコミュニティ「HLC」を主宰。

Text=山内宏泰 Photograph=太田隆生