ウブロを両腕に巻いた本田圭佑がW杯について語る「僕にしかできない仕事がある」

現在、表参道ヒルズにて開催されているのが、サッカーワールドカップのオフィシャルタイムキーパーを務める時計ブランド、ウブロの特別展「HUBLOT LOVES FOOTBALL Special Exhibition」だ。5月16日(水)に行われた開催記念イベントの第1部では、両腕にウブロを着けた本田圭佑選手が登場。MCを務めたハリー杉山氏とのトークセッションでは、メキシコ・パチューカでの成果や6月に開幕するワールドカップに向けた熱い想いなどを語った。


優勝できる可能性は決してゼロじゃない

ハリー杉山(以下、ハ):まずは、メキシコ・パチューカにて10得点7アシストという結果でシーズンを終えました。振り返ってみて、いかがでしょうか?

本田圭佑(以下、本):自分で設定していた目標には届かなかったのですが、実は2ケタ得点って、これまで海外のリーグでずっとプレーしてきて初めてなんです。なので、自分的にもなかなかうまくいったシーズンだったのではないかと思います。

ハ:ドリブルで4人をかわしてシュートを決める、といった試合もありました。

本:ああいったゴールは、以前の僕には見られなかったプレーですね。ミランでの挑戦が終わって、ちょっと吹っ切れたというか、これまでのアプローチとは少し違ったプレースタイルに取り組んでいこうと思ったんです。僕自身ドリブルはあまり得意ではないのですが、思いきってチャレンジして結果が出たシーンも多かったので、メキシコでの1年間というのは非常に収穫がありました。

ハ:今、本田選手は両腕にウブロの時計をされています。ウブロの印象を教えてください。

本:僕はウブロに対しては、すごい高級というか、敷居が高いイメージがあったんです。だから、最初にウブロが日本代表をサポートすると聞いた時には、とてもびっくりしました。

ハ:本田選手が今身につけているのは、サッカーワールドカップロシア大会の審判用スマートウォッチ「ビッグ・バン  レフェリー 2018 FIFA ワールドカップ ロシア™」です。着け心地はいかがでしょうか?

本:見た目よりも軽くて、心地いい。高級感もあって、ワールドカップにふさわしい時計だと思います。

ハ:ウブロは、"サッカーの王様"ペレともアンバサダー契約を結んでいます。本田選手はペレに憧れてサッカーを始めたと聞きました。

本:まだ物心がつき始めたくらいの時に、父親がペレのワールドカップでプレーしているビデオをレンタルしてきて、一緒に見ました。白黒の映像ですよ。それを見て子供ながらに、ペレの動きが周りの選手とまったく違うと感じました。あらゆる面でレベルが違った。今でいえば、メッシみたいな感じ。今の子供たちがメッシやクリスティアーノ・ロナウドを見て憧れるように、ペレのプレーを見たことが、自分もワールドカップを目指そうと思ったきっかけでした。

ハ:本イベント開催に際し、ウブロのSNSでは一般の方々から本田選手への質問をいただいていますので、いくつか本田選手に伺ってみたいと思います。まずは、「これまで対戦した相手で、一番すごいと思った選手は誰ですか?」という質問です。

本:たくさんいますけど、あえて一人を上げるならば、やっぱりメッシですかね。もちろん彼の技術は超一流で見習うところばかりなのですが、僕がメッシをすごいと思うのは、そのメンタル。メディアではゴールシーンばかりがフォーカスされますが、実際に試合を見ていると、意外とメッシもボールロストしている。でも、メッシはそれを一切気にせず、次の瞬間にはスーパープレーをやってのける。他にもクリスティアーノ・ロナウドや、一緒にプレーをしたことのあるカカ、バロテッリといった世界でもトップ・オブ・トップの選手たちは、ミスした後の姿勢や振る舞いが他の選手とは明らかに違う。そこは学ぶべき部分ですね。

ハ:次の質問です。「ワールドカップで日本代表は何位になると思いますか?」

本:本音を言うと、普通に考えればグループステージ敗退というところでしょう。優勝できる可能性だって1%以下かもしれない。でも、勝てる可能性はゼロじゃないんです。それがサッカー。その可能性をメンバーひとりひとりが信じて、準備して、雰囲気を作っていくというのが大切だと思います。日本人のあまりよくない性質として、相手のネームバリューに委縮してしまうところがあります。メッシやクリスティアーノ・ロナウドが相手だからって、ビビることはない。日本代表に必要なのは、余計なことは考えずに、ただ勝利に向かって準備していくことだけだと思います。

ハ:では、最後の質問です。「もし何の制約もないとしたら、どの国でプレーしたいですか?」

本:ワールドカップ後の動向ということですよね? 僕自身、それについては現時点では意思決定をしないようにしています。あ、でもひとつ言っておくと、日本はないです。日本には僕の友達がたくさんいて、彼らに日本のサッカーのことは任せているので。僕は僕にしかできない仕事があると思っているので、それを世界のどこかで実現していきたい。みなさんにも「本田らしいな」と思ってもらえるような選択をしたいと考えています。

ハ:そろそろお時間になりました。最後に、ファンの皆さまに対してひと言お願いいたします。

本:まだ最終メンバーは決まっていませんが、もちろん僕はロシアに行くつもりで、勝つつもりで準備しています。なので、日本代表を応援よろしくお願いします。


ウブロのポップアップブティックが期間限定でオープン

FIFA オフィシャルウォッチをはじめ、今春発表されたばかりの新作など豊富なラインアップを揃えたウブロのポップアップブティックが、5月27日まで表参道ヒルズにオープン。また、表参道ヒルズ内の吹抜け大階段では、ウブロとサッカー界の深い繋がりに関する特別展「HUBLOT LOVES FOOTBALL Special Exhibition」も開催中だ(5月21日まで)。ウブロのブランドアンバサダーであるペレやマラドーナ、 ウサイン・ボルト、そして名門クラブのアスリートたちの貴重なサイン入りアイテムも展示。期間中、会場にて撮影した写真を指定ハッシュタグと共に投稿した人のなかから抽選で、展示中のウブロアンバサダーのサイン入りアイテムをプレゼント!

ウブロ ポップアップブティック 表参道
期間: 5月 15日(火)~5月27 日(日)
時間:11:00~20:00 (最終日は~17:00)
場所:表参道ヒルズ R スタジオ
※特別展「HUBLOT LOVES FOOTBALL Special Exhibitionは表参道ヒルズ 本館 吹抜け大階段にて5月21日(月)まで開催

「ビッグ・バン レフェリー 2018 FIFA ワールドカップ ロシア™」の動画はコチラ

Text=宮寺拓馬(ゲーテWEB編集部)