レニー・クラヴィッツが語る「クリエイションにおいて最も大切なこと」【ドン ペリニヨン】

最高峰のシャンパーニュ、ドン ペリニヨン。そのグローバルキャンペーンの写真や映像をディレクションするのは、あのレニー・クラヴィッツだ。マルチな才能を発揮するレニー・クラヴィッツにドン ぺリニヨンへの想い、自身のクリエイションについて話を聞いた。


インスパイアし合う相互関係

ロサンゼルスの街を一望する丘の中腹。日が沈みはじめ、空がグラデーションに染まりかけた頃、この高台にある一軒の瀟洒な建物に、ドレスアップした男女が集まってきた。

ここはミュージシャンのレニー・クラヴィッツ自らがデザインに携わったというヴィラだ。この日、レニー・クラヴィッツの招待を受けたのは、ハリウッド俳優のハーヴェイ・カイテルとスーザン・サランドン、トップモデルのアビー・リー、希代のダンサーで天才振付師と称されるバンジャマン・ミルピエ、人気ファッションデザイナーのアレキサンダー・ワン、レニー・クラヴィッツの娘でアーティストとして活躍するゾーイ・クラヴィッツ、そしてサッカー界のレジェンド、中田英寿だ。

人種も違えば、世代も専門とするジャンルも異なる面々は、この日レニー・クラヴィッツのヴィラで、ドン ペリニヨンを片手に大いに語り合った――。

これはドン ペリニヨンのグローバルキャンペーンで使われる写真や映像のシーン。それぞれの個性が他を刺激し、インスパイアし、インスパイアされる瞬間をレニー・クラヴィッツがファインダーに収めたのだ。

その写真が、先日、東京で開催された世界巡回の展覧会『ASSEMBLAGE : A LENNY KRAVITZ PHOTO EXHIBITION Inspired by Dom Pérignon』でお披露目。来日したレニー・クラヴィッツに話を聞いた。

「ドン ペリニヨンというものは、私にとっていろいろなことを意味しています。それはアートであり、歴史であり、時間。また祝福であり、人を集めるもの。そしてそこからコミュニケ―ションが生まれるのです。

今回のコラボレーションは、写真・音楽・デザイン・建築と様々な分野でアーティスティックな表現を楽しめた特別なものになりました。被写体の7人は初対面という人もいましたが、ハーヴェイ・カイテルの奥さんがアレキサンダー・ワンのデザインが好きだったりと、どこかでつながっていて、みんなすぐに打ち解けて盛り上がりました。なかでも中田英寿は、本当にナイスガイ。オープンでスタイリッシュで謙虚。彼とはとてもいい時間を過ごせたと思います。

写真展で再会したレニー・クラヴィッツと中田英寿。

私とドン ペリニヨンとの出会いは、前醸造最高責任者のリシャール・ジェフロワからの紹介によるもの。実際にメゾンや畑を訪れ、シャンパーニュづくりの手ほどきを受けました。自然や科学の話は非常に興味深く、携わっている人たちのクリエイティブな部分に触れることにより、本当に多くのインスピレーションを得られました。

クリエーションにおいて重要なのは本物であるということです。そのために人と一緒に過ごし、お互いにインスパイアし、インスパイアされることは最も大切なことだと思っています。

そして、それこそがドン ペリニヨンの世界観なのです」


限定コラボレーションボトル登場!

レニー・クラヴィッツが手がけたボトルは、シャンパーニュを味わう空間の特別な雰囲気にインスピレーションを受けたというもの。伝統的な金細工の手法を使い、ボトルラベルの表面に槌打ちしたメタル仕様の質感がコンテンポラリーな世界観を演出する。


Text=八木基之(ゲーテWEB)


新醸造最高責任者が就任! 至高のシャンパーニュ、ドン ペリニヨンのレガシーとは?