【GMO熊谷正寿】ビジネスパーソンに効くサバイバル名言集㉕

予測不能の未知なるウイルスによって世界的不況は深刻化。そんな不安な時をどうやってサバイバルしていけばいいのだろうか。雑誌「ゲーテ」2012年4月号では、それまでの誌面で登場した多くの仕事人による名言集を掲載した。先行きが見通せない不安な今だからこそ読むべき彼らの独自の「スタイル」=「言葉」を再録する。      

「人生で一番足りないものは何か。それは時間です。夢を実現するための時間。(中略)やりたいことだけをしていたら、人生の目標は達成できない。時間は、人間として豊かになるために使われたほうがいいんです。そして、本能的にやりたいことを犠牲にしてまで使う時間です。大事にしないといけない」

(雑誌「ゲーテ」2007年6月号より)

GOETHE'S COMMENTS
優しげな面立ちに、穏やかな物腰。だが、ヒリヒリとする現実に日々向かいあう人だ。21歳で起業し、「何かの分野で圧倒的なナンバーワンの実業家になる」「35歳で上場する」との夢を実現させ、さらに躍進を続ける。秘書は4 人が交代制で、24時間いつでも誰かが熊谷さんからの連絡をとるという環境もパワフルだった。

※ 雑誌「ゲーテ」(2012年4月号)より再掲(この記事は、掲載された当時のまま転載しています)