美しいデザイン、圧倒的な技術に魅せられる SIHH取材日記2  Vol.20


編集長ニホンヤナギの熱狂探訪
~仕事が楽しければ、人生も愉しい!~

取材三日目。この日は快眠!
ジラール・ペルゴ、ユリス・ナルダン、パルミジャーニ・フルリエ、リシャール・ミル、パネライ、A.ランゲ&ゾーネを巡る。個人的には、パルミジャーニのトリックというモデルにグッときました。

「ロレアート」の復活は待望でしょう。4つのサイズ(34mm、38mm、42mm、45mm)、4つのケース素材(SS、チタン、SS×ゴールド、ゴールド)、3つのカラー(シルバー、スレート、ブルー)、と多彩。

ジラール・ペルゴ「ロレアート」 自動巻き、SSケース、ケース径42mm \1,190,000[6月発売予定]

美しいエナメル文字盤とトゥールビヨンの組み合わせで、驚異の300万円台!

ユリス・ナルダン「マリーン トゥールビヨン」 自動巻き、SSケース、ケース径43mm ¥3,240,000(予価)[5月発売予定]

1996年に誕生した名作を現代的にアレンジして復刻。

パルミジャーニ・フルリエ「トリック クロノメーター」 自動巻き、18KRGケース、ケース径40.8mm ¥1,840,000(予価)[5月発売予定]

F1マシンに使われている車体構造技法にならった作りで、そのハイテクっぷりは健在。ホワイト×ゴールドがエレガント!

リシャール・ミル「RM 17-01 トゥールビヨン」 手巻き、ATZホワイトセラミックスベゼル×18KRGミドルケース、サイズ縦48×横39.7mm ¥49,800,000(予価)[今春発売予定]

世界一軽い機械式クロノグラフ時計、その重さなんとストラップ含めて40グラム以下!

リシャール・ミル「RM 50-03 トゥールビヨン スプリットセコンド クロノグラフ ウルトラライト マクラーレンF1」 手巻き、グラフTPT™ケース、サイズ縦49.65×横44.5mm、世界限定75本 ¥112,700,000(予価)[年内発売予定]

カーボンを使用したハイテク複合素材を駆使して、アフターケア要らずの50年保証を実現!

パネライ「LAB-ID™ ルミノール 1950 カーボテック™ スリーデイズ - 49mm」 50本限定。手巻き、カーボテックケース、ケース径49mm \6,800,000(予価)[受注販売予定]

その高い機能美に惚れます。2時位置のプッシュボタンを押すことで、日付、曜日、ムーンフェイズが連動して動く。

A.ランゲ&ゾーネ「1815 アニュアルカレンダー」 手巻き、18KWGケース、ケース径40mm ¥4,270,000(予価)[9月発売予定]

そして、夜はお肉好きのプレスさんと韓国料理「GAYA」へ。
ここの豆腐チゲが最高で、毎年通っています。
コリアンビールくださいって言ったら、「今日はない!だけど、スーパードライならあるよ!」ということで、スーパードライで乾杯!

二本柳陵介
二本柳陵介
雑誌「ゲーテ」、ゴルフ雑誌「GREEN GORA」、会員誌「ACCORDIA」編集長。長谷部誠「心を整える。」(累計150万部)、桑田真澄「心の野球」など、書籍も担当。ツイッターとインスタグラムはyanaginihon。ゴルフに悪戦苦闘中。
気になる方はこちらをチェック