ONEは、なぜ最強の格闘技団体なのか? 日本代表・秦アンディ英之インタビュー【まとめ】

去る3月31日、東京・両国国技館。世界最大の格闘技団体「ONE チャンピオンシップ」が「ONE: A NEW ERA -新時代- 」を開催。世界140ヵ国26億人以上が毎回の大会開催に熱狂し、アジア各国では圧倒的な支持を集めてきた「ONE」がついにそのヴェールを脱いだ。ONEチャンピオンシップ・ジャパン代表の秦アンディ英之氏にがその全貌、自身がONEにかける想いを語った。


アジア最強の格闘技ONEが日本上陸! 他の格闘技団体とは何が違うのか?<第1回>

2011年に設立されたONEのミッションは、人々に希望をもたらし、国を発奮させるような“実在するヒーローを世界に放つ”ということ。ゆえに何よりも大事にするのは精神性だ。それは誠実・謙虚・名誉・尊厳・勇気・規律・慈悲など、格闘技と共にアジアに根付いている価値観なのである。


アジア最強の格闘技ONEは、なぜ巨額な投資を集めることができ、大成功したのか?<第2回>

アジアという巨大な市場を舞台に大成功を収めたONEが、これまでの総合格闘技団体と一線を画する異質の存在となった理由として、その本質が単純にイベントを成功させるだけの団体ではなく、スポーツビジネスの最先端の考え方を持って運営されてきたことが挙げられる。


ONE日本代表・秦アンディ英之のスポーツに救われた人生<第3回>

ONEチャンピオンシップ日本社長の秦アンディ英之は、父の仕事の影響で子どものころから複数の国を転々とし、その文化の違いを肌で感じ取っていた。そして、難しい壁が現れる度に助けてくれたのはいつもスポーツだった。アンディが生きてきた道のりを紹介する。


【ONE】秦アンディ英之がONEチャンピオンシップの日本社長に就任した理由とは?<第4回>

「そこにあるのは熱ですね。純然たる熱意です」。2018年12月、ニールセンスポーツノースアジア社長の秦アンディ英之が、ONEチャンピオンシップの日本社長に就任したことが発表された。アンディはどんな経緯でONEを率いることになったのか。


【ONE】秦アンディ英之「ONEが日本のスポーツ界を進化させる」<第5回>

オリンピックが去った後、2020年以降のスポーツ界は、少子化を含め様々な課題が噴出しはじめると言われている。格闘技界だけでなく、日本のスポーツを産業として健全化させることは、課題であり急務といえるだろう。アンディは語る「ONEがそのきっかけになってくれれば」と。


Hideyuki Andy Hata
1972年生まれ。アメリカと日本を往復する少年時代を過ごしたのち、明治大学を卒業し、ソニーに入社。ソニーで働く傍らアメリカンフットボール選手として、名門アサヒビールシルバースターで活躍(リーグ優勝も経験)。米ソニー在籍時にはスポンサードしていた2010年サッカーW杯の広告戦略等にも携わった。その後、世界的なスポーツ専門の調査コンサルティング会社、ニールセンスポーツの北アジア代表兼ニールセンスポーツ ジャパンの代表を務める。2018年12月、ONEチャンピオンシップ・ジャパンの代表に就任。