元部下・山縣弁護士が語る、無罪請負人・弘中惇一郎弁護士のポリシーとは?【対談】

“無罪請負人”と異名を持つ敏腕弁護士がいる。刑事裁判になれば99%は「有罪」となる日本で、ロス疑惑をはじめとした数多くの著名事件を手がけ無罪の判決を勝ち取ってきた弁護士・弘中惇一郎だ。そんな弘中氏と6年間事務所を共にした弁護士・山縣敦彦との師弟対談が実現。山縣氏が弘中氏から学んだこととは――。弘中氏が描いたお気に入りの油絵の前で行った。

二人の出会い

弘中 改まった形式での対談は初めてだね。今日はよろしく! 司法試験に受かった後の司法修習で私が指導担当(※)になったのが山縣さんとの出会いだね。

山縣 今から13年くらい前でしょうか。弘中先生は、ロス疑惑事件をはじめとした数多くの著名事件を手がけ、無罪や勝訴の判決を勝ち取られてきた経歴から、「カミソリ弘中」の異名を取る辣腕弁護士であることは知っていました。メディアで見るイメージは怖そう……僕の指導担当が弘中先生と聞いたとき、とにもかくにも凄い先生に当たってしまった! と内心焦りました(笑)。しかし、実際に修習が始まり、印象ががらっと変わりました。今でこそ、8人の弁護士が在籍していますが、当時は、弘中先生と、娘さんで弁護士である、絵里先生と二人だけの事務所でしたね。アットホームな雰囲気の中、楽しそうに仕事されていて、お客様とも談笑されている先生を見てびっくりしたことを覚えています。

弘中 僕がメディアに出るのは事件に関する記者会見の場面が多いから、内容が内容だけに笑顔はあまり出せないからね。だから怖そうに見えちゃうのかな? 実際会ったらいい人だったって良く言われるよ(笑)。

山縣 それはありますね。弘中先生との出会いは、僕にとって人生の転機になりました。あの出会いがなければ、今の自分は絶対にないですね。弁護士も辞めていたかもしれません。当時、企業の取引などを法務的にサポートする「企業法務」を扱う弁護士を目指していた僕は、訴訟のプロフェッショナルである弘中先生のもとで、企業法務とは異なるやりがい、訴訟の奥深さなど多くの学びを得ました。弁護士としてこんな世界があったのか? と。先生の元で自分の能力を磨いていきたいと思うようになり、無理を言って弘中先生の事務所に入所させていただきました。

弘中 そうそう。今勤めている事務所を辞めてきたと。先生の事務所で働きたいと相談されたときはびっくりしたね。

山縣弁護士が語る、無罪請負人・弘中惇一郎とは?

山縣 弘中先生から学んだことは、たくさんありますが、3つ挙げるとしたら……

当たり前のこととして前提のようになっている部分から疑ってみる
依頼者の話をできるだけ遮らないで、ひたすら聞く
依頼者が真に何を望んでいるのかを探る

①の「前提となっている部分を疑う」は、他の弁護士がスルーしていても、弘中先生が「そもそもさ……」と疑問を呈することがよくあり、そこを掘り下げていくと、実は事件解決のキーだったってことが非常に多いですね。②③に関しても、依頼者の中には、案件に関係ないことをたくさんお話しされる方もおられるのでついつい話を遮ってしまいたくなることもあります。弘中先生は遮ることなく、とにかく依頼者のお話を聞いておられますよね。一見関係ないような話の中から、依頼者が本当に望んでいることが見えてきたりと、思わぬところで解決の糸口に繋がることもあり、こういったことがすべて僕の弁護活動の基軸になってますね。

弘中 何だかこそばゆいなぁ(笑)。

山縣 このような機会ですのでお聞きしたいのですが、刑事裁判になれば99%は「有罪」となる日本で、数々の無罪を勝ち取られた弘中先生が実践されてきたこと、ポリシーを挙げていただくとしたらなんでしょうか?

弘中 しっくりこないと感じることがあれば、そのままにしないことですかね。他人から言われたことに流されるのではなく、何だかしっくりこないな、と感じることがあれば、自分の頭で考えて、実際の現場に行って自分の目で確かめたりと、自ら動いて、それを解決していくことかな。いつも無い知恵を絞って一生懸命考えてるよ(笑)。あとは仕事を楽しむこと。これまで弁護を務めた依頼者の中には、世間的には悪人と言われていた方もいましたが、皆さん直接お会いし、人柄などを納得してから引き受けています。依頼者のことを人として好きになっちゃうんだよね。依頼者を助けたいという想いが、弁護活動への工夫やアイデアとなり、それが仕事の楽しさに繋がってますね。

無罪請負人・弘中惇一郎が一目置く、山縣弁護士の強みとは?

弘中 山縣さんは、とにかく勉強熱心だよね。弁護士の仕事に役に立つからといって、知財戦略を学びに大学院に入りなおしたよね。弁護士になったら、普通はもう学校に入りなおしてまで勉強なんかしないのに(笑)。あと、依頼者にとことん寄り添うところ。単に寄り添う、話を聞くだけでなく、すぐに動いたり、深いところで寄り添っているイメージだな。誰にでもできることではないね。

山縣 お褒めいただき恐縮です。依頼者との付き合い方がウェットすぎると自分でも思います(笑)。勉強に関していうと、弘中先生の事務所は、普通の事務所なら来ないような特殊な案件も多く、そういった難しい案件を担当していくうちに、これからの弁護士は、単に法律の知識だけでなく、依頼者の様々な業界に即した専門性の高い知識を持つことが必要だと痛感したからです。そのためには貪欲に勉強を続けなければと。弘中先生のご理解とサポートのおかげで夜間の大学院を修了することができましたが、仕事との両立は正直大変でした。様々な分野の知識を深めていくうちに自分のキャリアを広げられるような新しい分野の案件を仕事として受けてみたい、という欲も出てきました。社会の変化のスピードがますます速くなり、依頼者のニーズも幅広くなっている今、弘中イズムを継承しつつ、さらに発展させた形として実を結ばせたいと思っています。こういうことは先生の事務所でお世話になったからこそ考えるようになりましたし、結果、それが先生への恩返しになると信じています。そんなわけで、これからもご指導のほどよろしくお願いします!

弘中 これからも!? 年齢が年齢だからそろそろ(笑)。今日はありがとう。楽しかった!

※司法修習生 指導担当とは?
司法試験合格後に法曹資格(裁判官・検察官・弁護士となる資格)を得るために必要な、法曹教育制度。司法研修所における2ヵ月の集合修習と、10ヵ月間の裁判所・検察庁・弁護士会での実務修習があり、最後に通称「二回試験」と呼ばれる卒業試験がある。弁護修習では割り当てられた指導担当弁護士と共に行動し、事務所経営も含め、弁護士業務を学ぶ。指導担当弁護士はボランティア。

Junichiro Hironaka
弁護士法人法律事務所ヒロナカ 代表弁護士。1945年山口県生まれ。東京大学卒業後1970年に弁護士登録。数々の裁判で無罪判決を勝ち取っていることから、通称“無罪請負人”と呼ばれている。郵便不正事件、陸山会事件等の弁護人を担当したほか、最近では、カルロス・ゴーン氏の弁護人も務めた。

Atsuhiko Yamagata
マーベリック法律事務所 代表弁護士・税理士 。1979年東京都生まれ。早稲田大学卒、慶應義塾大学大学院、一橋大学大学院修了。日本IBM株式会社、法律事務所ヒロナカ勤務を経て、現職。小沢一郎代議士が強制起訴された陸山会事件では、弘中弁護士とともに指定弁護士に立ち向かい無罪を勝ち取る。2017年より株式会社オールアバウト監査役を務めるほか、多数の顧問先企業や訴訟案件を抱える。

Text=経沢希志子 Photograph=百井謙子