廣瀬洋一(HEESEY)が独白! 空前の復活劇を経た"今"【THE YELLOW MONKEY】

人気絶頂のなかでの活動休止・解散を経て、2016年に“再集結”を果たした「ザ・イエロー・モンキー」。19年ぶりとなるオリジナルアルバム『9999』(フォーナイン)をリリースし、より円熟味を増した第二次黄金期を迎えている彼らの今に迫る独占インタビューを敢行! メンバーそれぞれが語った人生・仕事・音楽への想いを4日間連続でお届けする。


──ザ・イエロー・モンキーというバンドを会社に例えるとしたら、メンバーの皆さんそれぞれの立場は、どういったものになるのでしょう?

合同会社みたいなものでしょうかね。4人の社長が集まっているみたいな誰が“上”みたいなものはないんですよ。ただ、そのなかで仕切ってくれるのは吉井であって。僕は宴会部長みたいな(笑)、盛り上げ役ですよね。そんな関係が、結成当初からずっと続いているような感じ。だから、現在でも全国ツアーで散々一緒にいるのに、気づいたらごはんを一緒に食べていたり、離れた後もメンバー同士でグループLINEしている。この4人で会社を立ち上げたら、絶対にいい業績を残せると思いますよ(笑)。

──結成からそういう関係が続いているのは、素晴らしいことですよね。でも、そのなかでも意見の食い違いが生じることもあるのでは?
もちろんありますよ。でも、そこは全員できっちり話し合って、モヤモヤを残さないようにしています。また、お互いがお互いのことを認め、尊重しあっている関係でもあるので、たとえ意見が食い違ったとしても、結果さえよければそれでいい、みたいな部分もありますよね。

──なるほど。
アートって、エゴや意見のぶつかりあいのなかで生まれて、それをいいカタチで作品に落とし込めたら、それで問題ないと思うんですよね。

──では、音楽活動を「仕事」ととらえたことはありますか?
若い頃って、そういう意識はまったくなかった気がします。でも2011年の東日本大震災をきっかけに、考え方が変わった気がしますね。震災直後って、音楽とか娯楽を発信することが不謹慎みたいな、自粛ムードが流れていたじゃないですか。でも、あるアスリートの方がSNSで「それぞれが仕事を頑張りましょう」と投稿されているのを見て、共感しました。自分にとって仕事とは、音楽を発信することなんだなって強く再認識した。大変な瞬間こそ、自分がやるべき仕事を続けなくては、という気持ちになったんです。聴いてハッピーになれたり、何かしらプラスの感情になってもらえるような音楽を伝え続けていかなければという気持ちになりましたね。

──音楽に対する意識の変化を経ての、今回の19年ぶりとなるオリジナルアルバム『9999』。作り方や向き合い方に変化があったのでしょうか?
スタッフや周囲の意見を多く取り入れるようになりましたね。1990年代の頃は、僕らがどうしたいか?を何より大切にしていましたから。もちろん、現在でも最終ジャッジは自分たちにあるんですけど、周囲の意見を聞くと、思いもよらなかったアイデアがあったりするので。

──年代が違う人の意見でもすんなりと受け入れられますか?
今では、現場に行くと僕が最年長ってこともありますから(苦笑)。違う世代の人から、ズバッと意見を言われるのもいいなって思いますよ。だから、最近はよりチーム感を大切にしているというか。メンバーだけでなく、自分たちに関わるすべての人を含めて"チーム"なんだという意識が強くなっている気がしますね。

都内スタジオで行われたリハーサルで、ボーカルの吉井和哉と綿密に調整を行うHEESEY。(写真:伊藤美香子)

──聴き手の感覚、取り巻く音楽の環境も時代とともに変化していると思います。そのあたりも気にしている部分はありますか?
これまでサポートしてきてくださったファンの皆さんだけを相手に活動しても、ある程度成立するのかな? とも思うんですけど……。それだけでは満足できないんですよね。僕らのことを知らない人って、世界にたくさんいるし。2017年の東京ドーム2デイズ公演だって、熱心に僕らの音楽を聴いてくださったコアなファン層だけでは席は埋まらなかったと思う。バンドの名前を知っていて「行ってみようかな」くらいな、ライトな感覚の人も巻き込んだ結果なのではないかなって。だから今後は、僕らのことを知らない人にもちゃんと音楽を届ける活動をしていきたいんですよね。より一層知名度を上げていきたい。

──では、今回のアルバムも新たな音楽リスナーの開拓を目指したのでしょうか?
再集結をしてから、バンドのステージが何段も上がったような気がしていて、それがアルバムでも表現されていると思います。ドキュメンタリーみたいな内容になっている部分が大きいですね。現代って、1曲ごとに音楽を楽しめるようになっているけど、このアルバムは最初から最後まで通して聴いていただけたら、僕らの深い部分や魅力を感じてもらえる内容になっていると思いますね。

──今後、どんなバンド像を描いていきたいと思っていますか?
フレキシブルに動ける"おじいさん"になりたいかな(笑)。たとえ他の方には気づかれなくても、常に新しいことに挑戦していけたら。その一方で、普遍的な"かっこよさ"を感じてもらえるものを作りたい。それが僕らにとっての「ロック」なのかな。ロックって決して反逆とか、目立とう精神だけが魅力ではない。あらゆるベクトルで音楽の素晴らしさを伝えていけたらって思いますよ。


THE YELLOW MONKEY 独占インタビュー
吉井和哉 インタビュー
菊地英昭(EMMA) インタビュー
菊地英二(ANNIE) インタビュー

ザ・イエロー・モンキー
メンバーは、吉井和哉(ボーカル&ギター/1966年生まれ)、廣瀬洋一(ベース/’63年生まれ)、菊地英昭(ギター/’64年生まれ)、菊地英二(ドラム/'67年生まれ)。’89年活動開始。'92年5月メジャー進出。その後「JAM」や「球根」など数多くのヒット曲を生み出し、圧倒的なライヴ動員数を誇る日本を代表するバンドになるものの、2001年の東京ドームでの公演終了後、活動を休止。'04年に解散を発表する。しかし'16年に“再集結”。同年には22万人を動員した全国アリーナツアーを敢行し、NHK紅白歌合戦へ初出場。’17年にはドキュメンタリー映画『オトトキ』の公開や、東京ドーム2デイズ公演などを経て、今年4月に19年ぶりとなるオリジナルアルバム『9999(フォーナイン)』(ワーナーミュージック)を発表。4月27日より全国ツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL-」がスタート。http://theyellowmonkey.jp


Text=松永尚久 Photograph=柏田テツヲ