旅のプロフェッショナル、H.I.S.澤田秀雄が仕掛ける未知の感動体験とは?

67歳の現在も世界中を駆け巡っているエイチ・アイ・エスの澤田秀雄氏。「日本の若者にも、肌で感じ、目で見て、舌で感動する旅をしてほしい」という、自ら仕掛ける感動のある旅とは。


将来、宇宙にホテルをつくりたい!

毎月国内外を飛び回っていると語る、澤田氏。世界一の生産性を目指す「変なホテル」は月1ペースで開業中だ。

「日本の人材不足解消には自動化、ロボット化が有益。ただし、顧客の満足度を上げ、リピーターを増やすには変化や進化が必要です。先日開業した、変なホテルハウステンボス3期棟は、こんな薄型の太陽光発電パネル(プロフィール写真で手に持つ)や植物蓄電池を利用し、1棟自前の電力で賄います」

さらに、移動式球体ホテルも試験運転中。

「自走できるようになれば、通常船で約40分の道のりを、眠っている間に沖のジュラシックアイランドに到着できるようになります」

そして澤田氏の旅の戦略構想はすでに宇宙空間へ飛んでいる。

「将来、宇宙にホテルをつくりたい。部屋から地球や銀河を眺める。そんなホテルができたら最高ですよね」


Hideo Sawada
1951年大阪府生まれ。エイチ・アイ・エス代表。大学在学中に世界50ヵ国以上を旅行する。’80年旅行会社を開業。現在は澤田ホールディングス代表取締役社長なども兼務する。


Text=今井 恵 Photograph=鈴木拓也