上司や部下と上手に付き合うには? 稲盛和夫の側近中の側近に教わる信頼関係構築術

PRの力で、5年間で企業の年商を120倍に推移させた実績を持つ、ikunoPR代表・笹木郁乃さんが、日々仕事をするなかで「もしビジネスパーソンにこんなスキルが備わっていたら役立つのでは……⁉」と感じたことを、その道のプロにインタビューするシリーズ。第3回のゲストは、京セラの創業者で、日本航空(JAL)の再建を見事成功させた名経営者、稲盛和夫氏の側近として京セラ時代から30年近く共に働き、稲盛氏が最も信頼した男として知る人ぞ知る存在の大田嘉仁氏。JAL再生の影の立役者に、職場で信頼を得るための秘訣を聞いた。


上司から信頼を得る方法とは?

笹木 上司からの信頼を得るために大切なことは、どのようなことでしょうか。

大田 そうですね。まず、約束したことを必ず守るということは基本だと思います。そのように仕事に取り組んでいれば、自分から提案したことに挑戦できるチャンスというのは必ず来ます。そして、それを必ずやり遂げること。自分で提案したことくらいは、100%できないと信頼を得ることはできないと思います。

笹木 「こういうことをやりたい」と自分から提案し、実行できることが信頼を得るチャンスになるのですね。

大田 はい。さらに、10やろうと思ったことが12できた、というような、想定を超えた結果を出せるのが理想です。逆に、目標を達成できずに途中で諦めてしまうようでは、信頼に繋げることも難しいでしょう。どんな小さなことでもいいので「こういうことをさせてほしい」と言って、それを必ずやり遂げる。その実績の積み重ねが信頼を生むのだと思います。

笹木 大田さんは稲盛さんから最も信頼される男と言われていますが、ご自身ではその理由がどんなところにあるとお考えでしょうか。

大田 最初に等身大の自分を見てもらったのがよかったと思います。京セラ時代にアメリカのビジネススクールに留学し、首席で卒業することができました。そのことで、私は過大評価されていました。ですから、できないことはできない、わからないことはわからないと正直にお伝えして、自分の虚像ができるのを避けるよう努めたのです。トップに近づこうとする人は、逆に自分の虚像を作ろうとする。そうではなくて、まずはありのままの姿を見ていただくことが大事だと思います。

笹木 なるほど。

大田 本当に大切なことは、成長し続けること。等身大の姿を見せたうえで、自分の成長の証を示せると、チャンスが広がっていくと思います。成長し続けることは、しんどいことですけれど、可能性あると見てもらえる。ですから、あまり若い人にも背伸びをせずに、あるがままの姿を見せて、そこから一歩ずつ前進していってほしいです。

笹木 稲盛さんの側近の部下として働く中で、印象に残っているエピソードはありますか?

大田 一緒に仕事をさせていただいていた頃は、朝から晩までしょっちゅう電話がありました。また、私の方からも、稲盛さんのご自宅にお電話することもありました。夜遅く電話をしたときに、「主人は寝ています」と奥様が出られたのですが、「起こしてください」と頼んだりもしていましたね。

笹木 それはなかなかできないことですね(笑)。

大田 なるべく早く耳に入れた方がいい情報だったのです。嫌われたくない、迷惑をかけたくない、というよりは、稲盛さんの夢を共に実現したいという思いの方が先でしたね。

笹木 稲盛さんの夢にかける大田さんの情熱も、信頼を置かれた要因のひとつかもしれませんね。大田さんは、リーダーとしてチームを率いたご経験も豊富だと思います。上司の立場として、部下から信頼を得るために大切にされてきたことはありますか?

大田 言行を一致させるということです。部下は思った以上に自分の上司を観察しています。言ったこととやっていることがあまりにも違うと、あっという間に信用を失います。例えば、「来週飯に行こう」と部下を誘ったのに、忘れてしまうとか「報告書を出してくれたらすぐにコメントをする」と言っておいて、部下が報告書を出してもコメントを返さないとか。そういうことがあると、人の気持ちは離れていきます。できないときには正直に謝ることです。

笹木 約束を守るということが大切なんですね。

大田 方針がブレないということも大切です。

笹木 社長が右って言うので右を向いたら、次の日は左、振り回されて大変なんだという話はよく耳にしますね。

大田 状況が変わって方針の変更がある場合などは、部下にもきちんと理由を説明する必要がありますね。また、トップの指示で始めたことなのに、うまくいかなくなったら「誰が始めたんだ」と言われた、なんてことも聞きますが、それでは信頼感のある組織はできません。失敗の責任を部下に被せるようなことはあってはならないのです。一番よくないのは、部下の成功を自分の手柄してしまうことですね。

笹木 それは結構ありますよね。部下に嫉妬してしまう人。

大田 そうすると、部下のやる気がなくなりますよね。仕事をうまくやろうと思ったら、トップ1人でできることはないのです。部下のモチベーションを上げるためには、思いやりと感謝の気持ちを持つこと。いつも怒っている人より、「ありがとう」を忘れない、そういうリーダーに、人はついていこうと思うのではないでしょうか。厳しく叱る場面も必要だと思いますが、それは2割でいいこと。そして、高い目標を目指すのであれば、2割厳しいことを言っても、8割の思いやり、感謝の循環が大切なのだと感じています。

3万2000人のJALスタッフの意識改革成功の鍵とは

笹木 先日出版された『JALの奇跡ー稲盛和夫の善き思いがもたらしたもの』では、JAL再建の舞台裏について詳細な報告がされていました。戦後最大の負債を抱えて倒産し、意欲を失っているJALのスタッフの士気を稲盛さんと共に高め、意識改革のリーダーシップを取って再建に導かれたことは、まさに奇跡だと思います。3万2000人の全スタッフの意識改革に臨み、見事成功させた秘訣はどこにあったのでしょうか。

大田 正直に言いますと、当時、稲盛さんに京セラからJALの意識改革チームへ応援要員を何人か出して欲しいとお願いしたのです。だけど、ダメだと言われてしまった。私と、急遽任命された5人のJAL社員だけで全スタッフの意識改革チームを立ち上げざるを得なかったのです。しかし、そこで追い込まれたのがよかった。人間というのはどんな状況でも夢や目標を捨てなければ、意外と力が出るものです。JALの皆さんの可能性を心の底から信じました。本当に大変だったと思います。よくついてきてくれたなと思っています。

馬が合わない上司・部下とうまく付き合う方法とは?

笹木 優れたリーダーに巡り合えず、苦労しているビジネスパーソンも多いと思います。合わない上司とうまく行く秘訣のようなものってあるのでしょうか。

大田 もともと赤の他人が集まっているのが会社ですから、基本的に馬が合うということの方がありえないと思います。たまたま集まった他人と最初から意気投合ができるなんて、幻想ですよね。

笹木 あははは(笑)、確かにそうですね。

大田 馬が合う人に出会えるなんて、めったにないこと。だからこそ、お互いに信頼しあえる関係性を築く努力していく必要がある。どの会社に行っても、どんな職場に行っても、初めからわかり合える人の中で働くということはあり得ないのだから。

笹木 本当の意味で「いい上司」とはどのような人物なのでしょう。

大田 厳しいことを言わないのが、いい上司だと思っている人もいるかもしれません。しかし、例え厳しい人だったとしても、夢や目標が共有できれば頑張ろうと思えるでしょう。赤の他人の集まりである職場の人間関係をまとめるものは「夢」です。目標を掲げ、この夢を一緒に目指そうと伝え、さらに心の底から納得してもらうまで熱く語り続けることができる人こそが、組織をまとめて行けるのです。逆に、部下からみて「合わないな」「何を考えているのか分からないな」、というような上司がいた場合は「あなたの夢はなんですか?」「どんなことがしたいのですか?」と聞いてみましょう。仲間と夢や目標が共有できないような部署に、未来はありません。馬が合わないことがあっても、こういう目標だから一緒にやろう、と思えるような人間関係を築くことが大切なのです。

『JALの奇跡ー稲盛和夫の善き思いがもたらしたもの』
¥1,600 致知出版社刊


~対談後記~

上司として、部下として、究極の状況をご経験されてきた大田さんだからこその、非常に学びのあるお話を伺えました。嫌われないための気遣いよりも、夢を語ることが、上司と部下の共通言語になるというお話が特に印象に残りました。大田さん、ありがとうございました!

Yoshihito Ota
1954年生まれ。'73年、立命館大学を卒業後、京セラに入社。'90年には、ジョージ・ワシントン大学ビジネススクールにてMBAを取得。秘書室長、取締役執行役員常務などを経て、2010年12月、日本航空(JAL)会長補佐・専務執行役員に就任('13年3月退任)。1991年より、京セラ創業者、稲盛和夫氏の秘書を務め、経営破綻に陥ったJAL再建時は、意識改革のほか、再上場など多岐に渡り稲盛氏のサポートを務め「稲盛氏から最も信頼される男」「稲盛氏の側近中の側近」とメディアに取り上げられた。今年10月には『JALの奇跡ー稲盛和夫の善き思いがもたらしたもの』を上梓。発売わずか3週間で2万5000部の増刷がかかるほど、人気を集めている。


Text=雨野千晴 Photograph=坂田貴広