【酒井高徳】チームの可能性を引き出す方法とは? 日本人初の独リーグ主将のリーダー論①

日本人とドイツ人、所属クラブと日本代表、栄光と葛藤、さまざまな苦悩を乗り越え、「ハーフ」ではなく、「W(ダブル)」として、強くなったサッカー選手・酒井高徳。幼少期からの衝撃的なトラウマを経て、日本人初のブンデスリーガ・キャプテンになった男が生みだしたリーダー論を短期連載で公開。


「選手はみんな高徳の話に耳を傾けている」

2016年11月、ドイツ・ブンデスリーガの古豪、ハンブルガーSVの監督は、2部降格争いを続けるチーム立て直しのために、ひとりの日本人をキャプテンに指名した。1,977年奥寺康彦がケルンへ加入して以降、数多くの日本人選手がブンデスリーガでプレーしてきたが、チームキャプテンを任されたのは、酒井高徳が初めてだった。

日本人の父とドイツ人の母のもと、1991年に生まれた酒井は、新潟・三条市で育つ。2012年1月にアルビレックス新潟から、ブンデスリーガ、シュトゥットガルトへ移籍加入。当時の酒井はドイツ語をほとんど話せなかった。そんな彼が、キャプテンを任されるほど、高いコニュニケ―ション力を身に着けられた理由のひとつに、酒井自身の幼少期の経験がある。

「幼稚園、小学生低学年までの間、僕は周囲の眼や声に過敏な子どもでした。だから当時の集団生活でいい思い出がないんです」

髪や瞳の色が明るく、周囲の日本人の子どもたちのなかに立てば異質な存在だった。「ハーフ」や「外人」と呼ばれる理由やその意味も理解できなかったが、深く傷つき、仲間との関係性をうまく築けなかった。小学校高学年のころに始めたサッカーで、頭角を現したものの、相手チームの選手たちから嘲笑されることも少なくなかったという。

「日本人らしくない外見だけで、僕のことを判断する人たちは多かった。でも、そういう先入観だけで判断してしまうことは、その人間の可能性をつぶすことになる。その相手がともに何かを成すべき仲間であれば、自分自身、自分のチームの可能性をつぶすことにも繋がってしまう。だから、僕は相手の立場に寄り添うことが大事だと考えるようになった」

ドイツでプレーする選手たちのほとんどが、自己主張の強い人間だ。ドイツ語ができなかったときは、相手の主張をただ受け入れるしか術がなかった酒井だが、ドイツ語を覚え、徐々に自身の思いを表現できるようになる。そして、自分の意見を伝えるだけでなく、「お前はどう思うのか?」「どう感じ、どう考えているのか?」と相手の感情を引き出すひと言を付け加えるようにした。それが、仲間の可能性を引き出すために必要な、相手に寄り添う言葉となったのだ。

「(2015年夏に)移籍したハンブルガーSVは、ベテラン選手の声に若手が委縮しているような空気がありました。ベテランからすればアドバイスをしているつもりでも、若い選手の側に立てば、その言葉を『プレッシャー』に感じてしまうこともあるはず。だからこそ僕は、ベテランと若い選手の間に立つように気を配り、同時に相手が気持ちを吐き出せるように声をかけたいと思ったんです」

酒井の気配りは、年齢だけに留まらない。外国人選手数に制限のない多国籍軍のブンデスリーガならではの、気づかいもある。

「東欧、西欧、南米、アフリカと様々な場所で生まれ育った選手が集まっています。それぞれの文化や慣習、教育、歴史により、各々の人間性が形成されるている。だから、相手がどの地域で育ったのか、相手のルーツやバックボーンを尊重したうえで、接し方を考えています。たとえば南米の選手は、絆や愛を感じたときにすごい力を発揮できるから、『僕はいつでもお前の味方だ』という気持ちを強く伝えます。東欧の選手は気性が荒く、試合中であってもうまく行かないと集中が切れてしまうので、『試合は90分続くんだから、自分を見失うな』と声をかけ、寄り添いながらコントロールするように気をつけます」

「ハーフ」と呼ばれ、その外見がコンプレックスだった酒井だからこそ、人間の内面を引き出すポイントを敏感に察知できる。その結果、厚い信頼を集めるキャプテンとなれたのだ。

次回に続く


Gotoku Sakai
1991年生まれ。日本人の父とドイツ人の母の間にアメリカで誕生し、新潟県三条市で育つ。2009年アルビレックス新潟ユースからトップチームに加入。‘12年1月、ドイツ・ブンデスリーガのシュトゥットガルトに移籍。’15年7月、ハンブルガーSVへと移籍。古豪の名門クラブでキャプテンに指名される。ブンデスリーガ初の日本人キャプテン。’14年ブラジル大会、’18年ロシア大会と2大会連続でW杯メンバー入り。日本代表Aマッチ通算42試合出場。


『W~ダブル~ 人とは違う、それでもいい』
酒井 高徳
ワニブックス 1296円


Text=寺野典子 Photograph=杉田裕一