元アナウンサーの秘書がこだわるコミュニケーション術とは?【秘書列伝①】

秘書はボスの一番の味方だ。しかし、その支え方は十人十色。そんなボスを成功へと導く華麗なる秘書列伝をお届け。第1回は化粧品会社 会長秘書の川口まゆさん。


「会長の一番の味方でいます!」

競技エアロビックで3度日本一に輝いた経験を持つ川口まゆさん。

「踊っていると嫌なことがあっても忘れられる。一番自分らしくいられる気がします」

大学卒業後、地元のテレビ局でアナウンサーに。憧れだったという仕事を2年半で辞めて、秘書に転身。

「アナウンサー時代は忙しすぎて、プライベートがありませんでした。今はオンオフがあるので、気持ちよく過ごせています」。秘書としてのこだわりは「支えるより"伝える"」。

表情までこだわったコミュニケーションで「会長含め誰にでも家族のように温かく接します。秘書として、誰もが話しやすい環境をつくりたいです」。

川口まゆさんに一問一答!

Q、憧れの男性ビジネスマンは誰ですか?
A、堀江貴文さん。決断力があって素敵です。

Q、人生で一番のドジは?
A、エアロビックのレッスン着(黒のスパッツ)を間違えて、父親のパンツで練習していたこと。

Q、デートで行きたいレストランを教えてください。
A、ジョエル・ロブション! ここでプロポーズされたらOKしちゃいます(笑)

Text=川上康介 Photograph=丸谷嘉長(カウンタック写真部) Hair & Make-up=三輪昌子


おすすめの秘書シリーズはこちら!