【中村俊輔】ビジネスパーソンに効くサバイバル名言集⑮

予測不能の未知なるウイルスによって世界的不況は深刻化。そんな不安な時をどうやってサバイバルしていいのだろうか。雑誌「ゲーテ」2012年4月号では、それまでの誌面で登場した多くの仕事人による名言集を掲載した。先行きが見通せない不安な今だからこそ読むべき彼らの独自の「スタイル」=「言葉」を再録する。
     

「人生に失敗はないと思う。確かにある瞬間は、失敗だと感じることがあるかもしれないけれど、それすら未来のために活かせるはずだから。僕は、その日やれることを100%やりきってきたという自負がある。わずかな妥協もしていないと言える。でも、手を抜いたとか、全力を出さなかったとか、自分に対しての罪悪感はない。だから、たとえ明日サッカーができなくてなっても、たとえ死んでしまっても、サッカーに関しては、後悔はない」

(雑誌「ゲーテ」2008年8月号より)

GOETHE'S COMMENTS
この取材時は、スコットランドリーグ3連覇を達成した頃。その後、スペインリーグへと渡った。しかし半年で帰国。当時、多くの人に「失敗だ」と言われたが、この彼の言葉は胸に響く。経験したことがない人間に、あれやこれや言う資格はない。あの時の経験は、今、日本サッカー界に間違いなく還元されている。

※ 雑誌「ゲーテ」(2012年4月号)より再掲(この記事は、掲載された当時のまま転載しています)