【連載最終回】久保裕也 サッカー日本代表落選について「すべてを受け止め、前を向く」

世代交代が進むサッカー日本代表において、24歳、久保裕也は間違いなくキーパーソンに挙げられるだろう。5年前から単身海を渡り、周囲に日本人がほぼ誰もいないスイス、ベルギーで武者修行を続ける道を自ら選択。なぜ、この男はあえて厳しい環境に身を置くのか。なぜ、この男は国境に捉われることなく成長を求める道を歩むのか。6月に開幕するロシアW杯を前に、苦悩し、進化し続けている若きストライカーが、その知られざる思いを「ゲーテ」だけに綴る連載エッセイ。  


4年後のワールドカップでは、絶対に日本代表に必要だといわれる選手になっていたい

テレビを見ながら、ワールドカップロシア大会の日本代表メンバーの発表の瞬間を待っていた。正直、メンバーに選んでもらえるだろうと期待していた。代表では、いいときもあったし、悪いときもあった。それでも苦しい予選を戦ってきた。もがきつづけるなかでチームワークも生まれてきていた。クラブでも試合に出続け、ゴールも重ねてきた。コンディションも上がってきている。

リーグが終わり、日本に帰ってきてからも、いつでも代表チームに合流できるように厳しいトレーニングを重ねていた。できることはすべてやってきた。名前を呼んでもらえれば、ロシアで自分の持てるすべてを出し切る気持ちでいた。

ついにそのときがきた。自分の名前が呼ばれるとしたら最後になるだろう。だが、西野朗監督がひとりずつ読み上げる名前を聞きながら、いやな予感がこみあげてきた。自信があったはずなのに、なぜか急に不安な気持ちになった。そして、その悪い予感はあたった。僕の名前は最後まで呼ばれることはなかった。

落胆、悔しさ、悲しさ……いろんな感情が一気に吹き上がってきた。なんでやろ? なにが足りなかったんやろ? 何度考えても答えが見つからない。発表が終わってからも自分の気持ちを整理することができなかった。正直に言えば、発表から数日経ったいまでも、整理できないままの気持ちを無理やり抑えているような状態だ。

いまの気持ちのままなら、僕はワールドカップをテレビで観ることもしないだろう。日本代表を応援したい気持ちはある。だが、ともに予選を戦った仲間たちがロシアの地で躍動する姿を観たとき、自分がどんな感情になるのか、よくわからない。

この感情をすべて受け止め、忘れず、そして前を向こう。

いま自分に何度もそう言い聞かせている。ここ数年は、リーグが終わると日本代表に合流していた。6月になにも予定がないのは久しぶりだ。思いがけずに空いてしまったこの時間を、自分の未来のために使いたい。

いまの自分に何が足りないのか、とことん考えよう。先に進むために、まずは来シーズンをどう過ごすか。自分をどう進化させるか。そうやって1年、1年を積み重ねて、4年後のワールドカップでは、絶対に日本代表に必要だといわれる選手になっていたい。

少しリフレッシュしたら、あの日から止めてしまったトレーニングを再開する。いまの思いを、この悔しさを、この悲しさを、未来の糧にするために、僕は足を止めるわけにはいかないのだ。

終わり

第7回「ロシアで日本代表として戦いたい」

第6回「日の丸をつけるということ」

第5回「春だからこそポジティブに」


久保裕也のツイッターをフォローする

GOETHEツイッターをフォローする

Composition=川上康介

久保裕也
久保裕也
1993年山口県生まれの24歳。京都サンガF.C.のU-18に在籍していた2010、'11年と2種登録でトップチームに登録され、チームに帯同。高校3年だった'11年はJ2で10得点と活躍した。19歳だった2013年6月に単身欧州に渡り、スイス1部スーパーリーグのBSCヤングボーイズに移籍。昨年1月からはベルギー1部、ジュピラー・プロ・リーグのKAAヘントに所属し、移籍後7試合5ゴールの活躍でチームを上位プレーオフ進出に導いた。日本代表は、高校生だった'12年のキリンチャレンジカップでA代表初選出。昨年W杯最終予選では2試合連続ゴールを決めるなど、日本の本選出場に貢献した。
気になる方はこちらをチェック