もしも彼女が美容師だったら 〜熱狂ガール09 石田弥帆さん【バーチャルデート】

いつも誰かを綺麗にする美容師さん。今日は美容師・石田弥帆(みほ)さんの職場へお邪魔した。そこで、彼女好みのヘアスタイルにカットしてもらい、仕事後、デートメイクを施した彼女とデートに出かけた……。


彼女の職場にお邪魔して、ヘアカットしてもらう……

やってきたのは、渋谷にある美容サロン「KAYAK(カヤック)」。渋谷駅から徒歩3分、宮益坂をのぼったてっぺんという好立地にお店はある。

足を踏み入れると、弥帆さんが女性客のカットをしていた。

渋谷店はオープンしたばかりだが、弥帆さんは系列店に勤めて5年。この店では一番の先輩だ。手慣れた様子でお店の中を動き回る。

お店で働いている様子を眺めていると、つねに笑顔で、顔をくしゃくしゃにして笑っている。明るい声が店内に響く。「ずっとおしゃべりしちゃうんですよ。楽しくて。最近あった面白い話しましょうか?」

提案してくれたのでお願いすると、「うーん、何かあったかなあ」と悩みだす。

面白い話があるから提案したのでは!?……そう驚くと、屈託なく「そうですよねえ!」と笑った。気取らない態度で、こちらも思わず笑ってしまう。

気さくにお喋りしているが、手の動きは止まらない。迷いなく髪を切り、ドライヤーで乾かしていく。小柄なので、ドライヤーをかける時に背伸びをしている。「小さな頃はキャビンアテンダントさんになりたかったんですけど、身長が足りなくて」。それからは、手に職をつけよう、と美容師一筋で頑張ってきた。

「ではシャンプーしますね」

シャンプー台に移動して、クロスを着せられ仰向けに寝ると、顔に白い布がかかる。額、こめかみ、首筋と、かかるお湯が気持ちいい。トリートメントだろうか、良い香りに自然とリラックスしていく。その間も、弥帆さんの明るい声が耳元で聞こえる。

カット台に移動すると、髪を整え、どんな髪型にするか相談。カタログを開いて一緒に選んでくれる。「どれがおすすめですか?」と尋ねたら、いつの間にか、好みのタイプ探しに。弥帆さん、「イケメンじゃない方がタイプかも」と真剣に悩み始める。

盛り上がっている間に「これでどうでしょう?」と髪型が決定。そこからがまた速い。弥帆さんと楽しく話しているうちに、カット、ブロウ、オイルトリートメントも終わった。

「できましたよ!」と笑顔で立たせてくれる。すると……次は弥帆さんの番だ。

美しくする側からされる側へ

お団子ヘアで軽快に動き回っていた弥帆さんから一転。デート用にお洒落する。黒いワンピースに着替えた彼女の髪をおろし、変身していく彼女を間近で見る。

ファッションテーマは『地上42階のレストランへ』。飲むのはワインやシャンパンではなく、焼酎。「焼酎やビールが好きなんです」と言う弥帆さん。お酒は強いらしい。こんなに細い体のどこにアルコールがいくのか……ギャップに驚く。

数十分後……ずいぶん大人っぽくなった弥帆さん! 黒いワンピースとブーツに、ハーフアップのヘアスタイル。ジーンズでくるくると働く彼女はもういない。「いつもはラフな格好なんですよ。スカートの時は本気のデートかもしれないから、街で見かけても声をかけちゃだめですね(笑)」と冗談めかして笑う。

「お待たせしました、行きましょう!」

お店の電気を消して、外へ。宮益坂のてっぺんは、まだ少しだけ明るく、人通りも多い。これからあっと言う間に暗くなって、帰宅したり、買い物をする学生やサラリーマンで賑わうはずだ。渋谷の繁華街も、表参道のお洒落なお店も、歩いてすぐそこだ。

「これからどこに行くかは、秘密ですよね」

そうだ、本気のデートの時は、周りは声をかけてはいけない。ここからは、カメラにおさめるのは辞めにしよう……。

KAYAK by HONEY
東京都渋谷区渋谷1-8-5 小山ビル4F
03-6450-6044
https://honey.tokyo/kayak


Edit & Text=河野桃子 Photograph=原治達浩 Hair & Make-up=猪本有佳子